ヘモグロビンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > グロビン > ヘモグロビンの意味・解説 

ヘモグロビン

ヘモグロビンは、ミオグロビンに似た構造タンパク質が4分子集まった複合体である。複合体形成することによって酸素結合能がアロステリック効果を受ける。

酸素結合ていないヘモグロビン

ヘモグロビン
2HHB - Oxygen Transport
The Crystal Structure Of Human Deoxyhaemoglobin At 1.74 Angstroms Resolution

酸素結合したヘモグロビン

ヘモグロビン

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ヘモグロビン(Hb) ( hemoglobin )

呼吸によって取り込まれた酸素を肺で炭酸ガス交換し、全身組織細胞に運ぶ役割をしている色素タンパクのことです。ヘムグロビンという成分から構成されているためヘム蛋白とも呼ばれます。ヘモグロビン濃度がある一定の値以下に減少した状態では、からだは十分な活動を行うことができません。貧血はその現れを示す身体症状1つです。貧血診断されるめやすは、男性ではヘモグロビン量が12g/dL下 女性では11g/dL以下の場合です。

ヘモグロビン

赤血球含まれる血色素で、を含む「ヘム」とたんぱく質である「グロビン」から構成され、酸素を体じゅうに運搬する重要な役割担います。

ヘモグロビン(血色素)

赤血球含まれる赤い色素タンパク血液が赤く見えるのは、このためです。
全身組織酸素運び組織にたまった二酸化炭素運び出す赤血球はたらきは、主にこのヘモグロビンによるものです。


ヘモグロビン

Hemoglobin

【概要】 別名血色素赤血球中に含まれる結合した蛋白質骨髄の中で赤血球元になる若い細胞自分作るが、赤血球になってからでは運んでいるだけで作れない。肺で酸素結合し、組織に届くとpHの関係で酸素放す能力がある。血液1dLあたり1218グラムで、これより少な場合貧血と定義している。 

【詳しく】 HIV感染症では材料不足、産生能の低下消費破壊亢進など色々な理由貧血が起こる。特にエイズ末期ではほとんど全員貧血になる。対処法は原因を除くことであるが、造血ホルモンである組み換えエリスロポエチン(日本では認可されていない)や輸血が行われる。

《参照》 赤血球骨髄貧血エリスロポエチン輸血


ヘモグロビン

【仮名】へもぐろびん
原文hemoglobin

赤血球内部存在する物質で、酸素結合して、その酸素を肺から全身組織運搬する。

血色素量(ヘモグロビン、Hb)【けっしきそりょう】

1cc の血液中の赤血球中に含まれる血色素の量を調べ検査のこと。赤血球含まれる鉄分たんぱく結合した物質で、値が低いと貧血とわかるが、貧血タイプ調べるにはさらに詳しい血液検査を要します。QUPiO では男性で 13.0~18.0g/dl、女性で 12.0~16.0g/dl を正常値としています。

ヘモグロビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/02 09:44 UTC 版)

ヘモグロビン(hemoglobin)とは、ヒトを含む全ての脊椎動物や一部のその他の動物の血液中に見られる赤血球の中に存在するタンパク質である。酸素分子と結合する性質を持ち、から全身へと酸素を運搬する役割を担っている。赤色素であるヘムを持っているため赤色を帯びている。




[ヘルプ]







ヘモグロビンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヘモグロビンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヘモグロビン」の関連用語

ヘモグロビンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

びしゃん

10000系

エルフェンベイン-M

FACOM M-380モデルグループ

清水川第三堰堤

島根県立石見海浜公園

docomo STYLE series N-02A

シグナスX FI





ヘモグロビンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
e-血液.come-血液.com
Copyright 2017(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2017 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2017 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2017, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2017 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘモグロビン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS