芋洗い桶とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > 芋洗い桶の意味・解説 

芋洗い桶 (いもあらいおけ)

芋洗い桶 江戸時代中期かあら昭和30年代まで、愛媛県西宇和地方使用された芋洗い桶である。本器は、荒い棒、掬い網セットになっている収穫された里芋をいも洗い桶に入れ、荒い棒でかき回して土を洗い去る。洗い終えた掬い棒で掬い上げる。aの芋洗い桶は、竹のたがをはめた木製で高さ52cm、上部直径53cm、深さ41.5cm、重さ4.5kgである。洗い棒は、交叉した約1mの棒で、重さ0.7kg麻ナワで結んである。cの掬い棒は、直径29cmの金網に68.5cmの柄の付いたもの重さは1.7kgである。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

芋洗い桶のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

雑穀入

一斗枡

破碎器

砕土機

杵

まさかり

足踏式製縄機

桑摘籠





芋洗い桶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2017 Weblio RSS