脱穀台とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > 脱穀台の意味・解説 

脱穀台,麦打台 (だっこくだい,むぎうちだい)

脱穀台 麦打ち台ともいう。主に麦の脱穀利用される。なお大豆などの脱粒にも利用される。台面は、竹ですのこ状につくり、脚をつけ、50~60cmの高さとする。麦束を両手持ち穂先を台にたたきつけると子実は、脱粒して、すのこ面を通り台下落ちる。明治時代から昭和30年頃まで使用された。地方名は、麦打ち台という。昭和30年頃まで使用した。使用のときは、4本の脚を取り付け、麦、大豆穂先たたきつけ脱穀する。たたき面は割竹で、長さ230cm、幅56cm、高さ約60cm、重さ12kgである。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

脱穀台のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鞍

大足

ぞうり編機

五丁鍬

栗いが剥機

雁爪

牛耕用犂

ヤスリ入筒





脱穀台のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2017 Weblio RSS