肩木とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > 肩木の意味・解説 

肩木 (かたぎ)

肩木 役牛牽引法は首引法が最も一般的で、その時に用いる装具である。首木の木質皮膚損傷しない、摩擦により熱を生じないものが良しとされ、とくにセンダンムクの木が良いとされた。への字型の曲木で、その長さ子牛用、普通牛用、大型牛用、輓牛用などで多少長短があった。普通牛で63~64cmである。首木の両端引綱とりつけるための溝をつけるか、鉄棒の鈎をとりつけた。首木を牛の首の上にのせ、「のどかわ」で軽く止めて用いる。また、新潟では肩木と呼んでいる。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「肩木」の関連用語

肩木のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ハモ

一輪車

製粉機

連

種籾鎮圧機

機織り

振馬鍬

蚕種催青箱





肩木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2017 Weblio RSS