肥料桶とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > 肥料 > 肥料桶の意味・解説 

肥料桶 (ひりょうおけ)

肥料桶 形状寸法は、幾分異なるがしもごえ運搬用に使用したである。牛馬車の搭載用である。畑で使用するしもごえよりやや大きい(容量40kg)。運搬中に洩れないようがついていて、ふちたがのあるのが特徴である。大正時代後期から昭和30年代まで使用された。その後、バキュウムカーが普及した。の高さ43.5cm、口径38cm、重さ6kgである。

肥料桶,ぼたふり桶 (ひりょうおけ,ぼたふりおけ)

肥料桶 だらごえ用具は、ひえ、粟などの細かい種子を、均一播種したり、あるいは陸稲や麦の発芽よくするための増量材として、しもごえやわら灰と種子を麦たれまき盤台に入れ、これをよく混合するのに、ぼったかき棒を使用した。しもごえと灰と種子混合したものを、地方によりボッタ、だらごえと呼んでいる。よく混合したものは、肥料桶に入れて運び、粟播器や小型杓子または手でにぎって播種するこの方法は、火山灰土壌畑作地帯における陸稲や麦の施肥播種法の一つであり、化学肥料普及する前まで実施されていた。明治時代から昭和20年代前半頃まで使用された。地方名、ぼったふりという。高さ19.5cm、径25.2cm、重さ1.15kgの木製である。





肥料桶と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

肥料桶のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

脱穀台

球根水洗機

唐臼

蔟

連

わら切機

籾摺機

車力





肥料桶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2016 Weblio RSS