洋公主とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 洋公主の意味・解説 

洋公主

読み方:ようこうしゅ
別表記:ヤンコンジュヤンゴンジュ

軍人、特に米軍兵士に対して性的奉仕を行う韓国人慰安婦異称蔑称)。「洋公主」は朝鮮戦争ベトナム戦争の際に性売買従事したとされるが、その動員にあたって韓国軍による正規の「隊員」としての徴集や、韓国政府などによる強制連行があったという説もある。

韓国軍慰安婦

(洋公主 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/12 09:04 UTC 版)

韓国軍慰安婦(かんこくぐんいあんふ)、または大韓民国軍慰安婦 (だいかんみんこくぐんいあんふ、朝鮮語: 한국군위안부、대한민국군위안부英語: Korean Military Comfort Women[1])とは、大日本帝国大東亜戦争で無条件降伏した後における韓国軍と在韓米軍国連軍を相手にした慰安婦


  1. ^ a b Yang Hyunah,Revisiting the Isuues of Korean Military Comfort Women,Positions5(1),1997.
  2. ^ 「38度線「売春要塞」に潜入決死撮!! 朴槿恵よ、韓国軍人専用「従軍慰安婦」は許すのか!」FLASH (写真週刊誌) 2014年4月15日号
  3. ^ a b 「「従軍慰安婦」告げ口外交で墓穴! 眠りから覚めた「朴正煕」負の遺産「米軍慰安婦」 ならば青瓦台に「米軍慰安婦の像」を!」週刊新潮 2014年7月10日号
  4. ^ 「人身売買に遭い毎晩泣きながら米兵を受け入れた」 基地村女性 キム・ジョンジャの証言ハンギョレ 日本語版、土曜版 カバーストーリー、2014年7月4日
  5. ^ a b c d e f g “朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度 韓国の研究者発表”. 朝日新聞. (2002年2月24日). http://web.archive.org/web/20020223225519/http://www.asahi.com/national/update/0223/028.html 2010年3月9日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h 미니 인터뷰‘한국군 위안부’문제 제기한 김귀옥 박사 “밝혀진 건 퍼즐의 일부”(ミニインタビュー '韓国軍慰安婦'問題提起キム・グィオク博士 "明らかになったのは、パズルの一部") 日曜時報 2002年3月26日323号(朝鮮語)
  7. ^ a b c d e f "米国と韓国の軍の性売買は国際法違反" (“미국과 한국의 미군성매매는 국제법 위반”) 統一TV 2008年10月17日(朝鮮語)
  8. ^ a b c d e f 한국군 '특수위안대'는 사실상의 공창 창간 2주년 기념 발굴특종 한국군도 '위안부' 운용했다 (2)(韓国軍'特殊慰安隊'は事実上の公娼 創刊2周年記念発掘特集 韓国軍も'慰安婦'運用した (2))” (韓国語). オーマイニュース. (2002年2月26日). http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000067635 2010年3月9日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g h i j k l 金貴玉「朝鮮戦争時の韓国軍「慰安婦」制度について」『軍隊と性暴力―朝鮮半島の20世紀』宋連玉, 金栄編、現代史料出版 2010年所収。
  10. ^ 한국군도 '위안부' 운용했다.(韓国軍も「慰安婦」運用した) 오마이뉴스. 2002年2月22日 (朝鮮語)
  11. ^ a b c d e f g h i j 大韓民国の物語 李榮薫著 永島広紀訳 文藝春秋 2009/02 ISBN 4163703101
  12. ^ 正規の軍補給品が1種から4種までだったため[9][10][5][11]
  13. ^ a b c d e f “東亜日報慰安婦掲載一覧” (韓国語). 東亜日報. http://ws.donga.com/fbin/kisaIdx?word=%EA%D0%E4%CC%DC%FE 2010年3月9日閲覧。 
  14. ^ a b 1961年9月14日の東亜日報「UN軍相対慰安婦 13日から登録実施」
  15. ^ a b c d e ‘皆さんはドルを稼いでくれる愛国者です’証言を通じて “基地村の隠された真実” 続々と明らかに(‘여러분은 달러를 벌어주는 애국자입니다’증언 통해 “기지촌의 숨겨진 진실” 속속 드러나 Ilda 2008/12/15(朝鮮語)
  16. ^ a b 崔碩栄『韓国人が書いた韓国が「反日国家」である本当の理由』 彩図社 2012年10月 ISBN 978-4883928880
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 李娜榮 日本軍「慰安婦」と米軍基地村の「洋公主」 立命館言語文化研究 23(2), 209-228, 2011-10-00
  18. ^ a b c d 秦郁彦. “米軍もさんざ日本じゃ慰安させ――朝日川柳――”. いわゆる従軍慰安婦について歴史の真実から再考するサイト. ワック・マガジンズ. 2010年5月31日閲覧。web魚拓
  19. ^ a b Annie Isabel Fukushima and Gwyn Kirk (2013年6月17日). “Military Sexual Violence: From Frontline to Fenceline”. Foreign Policy in Focus. http://www.fpif.org/articles/military_sexual_violence_from_frontline_to_fenceline 2013年6月30日閲覧。 
  20. ^ a b c Donna Hughes, Katherine Chon, Ellerman Ellerman (2007). Modern-Day Comfort Women:The U.S. Military, Transnational Crime, and the Trafficking of Women. ロードアイランド大学. p. 4. http://www.uri.edu/artsci/wms/hughes/modern_day_comfort_women.pdf. 
  21. ^ Donna Hughes, 他Modern-Day Comfort Women:[1],p.4
  22. ^ 【コラム】米軍用「国営慰安所」まで作っていた日本 朴正薫副局長朝鮮日報 2013年7月12日
  23. ^ Grace Cho (2008). Haunting the Korean Diaspora: Shame, Secrecy, and the Forgotten War. ミネソタ大学出版. p. 94. ISBN 0816652759. http://books.google.co.kr/books?id=VagzEDjnZpcC&pg=PA103&dq=yanggongju+caste&hl=en&sa=X&ei=U2llUdCaL4ftkgX0rYCABw&ved=0CDUQ6AEwAA#v=onepage&q=yanggongju%20caste&f. 
  24. ^ 中央日報 2002年02月24日19時29分 「韓国戦争中にも軍慰安婦存在」韓国教授が主張 [2]
  25. ^ a b “大韓民国政府が売春斡旋業者であった 売春取締を装い女性を外貨稼ぎの手段と考えた韓国政府… 朝鮮戦争時に慰安所を設置して、独裁政権は在韓米軍・日本人対象売春助長 (대한민국 정부가 포주였다 성매매 단속하는 척하며 여성을 외화벌이 수단으로 여겼던 한국 정부… 한국전쟁 때 위안소 설치하고, 독재정권은 주한미군·일본인 대상 성매매 조장해)”. ハンギョレ. (2011年11月28日). http://h21.hani.co.kr/arti/cover/cover_general/30838.html 2012年7月9日閲覧。 
  26. ^ ‘여러분은 달러를 벌어주는 애국자입니다’ 여성주의 저널 일다 (朝鮮語)
  27. ^ a b c d e 한국군 '특수위안대'는 사실상의 공창 오마이뉴스 2002.02.26 (朝鮮語)
  28. ^ a b 李榮薫2009,p156-158
  29. ^ 李 榮薫(イ・ヨンフン)著『大韓民国の物語』(永島 広紀 訳)
  30. ^ 林茂夫「駐韓米軍」二月社、1978年、p178
  31. ^ 藤目ゆき「性の歴史学」p332。
  32. ^ a b c d e f g CHOE SANG-HUN (2009年1月8日). “Ex-Prostitutes Say South Korea and U.S. Enabled Sex Trade Near Bases” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2009/01/08/world/asia/08korea.html?_r=2&scp=8&sq=Comfort%20Women%20Korean%20War&st=cse 2012年10月31日閲覧。 
  33. ^ 李 榮薫著『大韓民国の物語』
  34. ^ “【歴史戦】「韓国軍が慰安所設置」 ベトナム戦争時 米公文書に記述”. 産経ニュース. (2015年3月29日). http://www.sankei.com/politics/news/150329/plt1503290011-n1.html 2016年12月4日閲覧。 
  35. ^ 「大韓民国政府が抱え主だった」(ハンギョレ、2011年11月28日)
  36. ^ a b c d e f g h i j Openly revealing a secret life JoongAng Daily(中央日報)July 31, 2005
  37. ^ a b c d e 崔吉城「朝鮮戦争における国連軍の性暴行と売春」『アジア社会文化研究』no.2 page.1-16,2001年、広島大学学術リポジトリ。
  38. ^ “미군, 한국전쟁 당시 인민군 女 포로에 위안부 요구” 노컷뉴스 2005年10月13日 (朝鮮語)
  39. ^ 慰安婦参照
  40. ^ 1956年4月11日東亜日報「少女二名誘拐 売淫「ブローカー」拘束」
  41. ^ Park, Soo-mee (2008年10月30日). “Former sex workers in fight for compensation”. 中央日報英語版. http://koreajoongangdaily.joinsmsn.com/news/article/article.aspx?aid=2896741 2013年6月7日閲覧。 
  42. ^ a b “Former sex workers in fight for compensation” (英語). 中央日報. (2008年10月30日). http://joongangdaily.joins.com/article/view.asp?aid=2896741 2010年3月8日閲覧。 
  43. ^ Ghosh, Palash (2013年4月29日). “South Korea: A Thriving Sex Industry In A Powerful, Wealthy Super-State”. インターナショナルビジネスタイムス. http://www.ibtimes.com/south-korea-thriving-sex-industry-powerful-wealthy-super-state-1222647 2013年6月7日閲覧。 
  44. ^ a b 李榮薫 その日、私はなぜそのように言ったのか New Daily 2009年6月1日
  45. ^ 1959年10月18日 東亜日報「慰安婦66%が保菌 全国接客女人検診結果」
  46. ^ 1961年1月31日東亜日報「慰安婦教養講習 伊淡支所主催で」
  47. ^ "베트남전 때도 '위안대' 운용 계획" 오마이뉴스. 2002年3月4日 (朝鮮語)
  48. ^ 「韓国軍が慰安所設置」 ベトナム戦争時 米公文書に記述産経新聞(2015.3.29)web魚拓
  49. ^ WORLD AFFAIRS 証言 Apocalypse Then 「私の村は地獄になった」ニューズウィーク日本版 2000年4月12日号 P.24
  50. ^ 釜山日報2004年9月18日
  51. ^ 名越二荒之助 『日韓共鳴二千年史』明成社、2002年。[要ページ番号]
  52. ^ . Cynthia Enloe, Does Khaki Become You? The Militarization of Women’s Lives (London: Pluto Press, 1983), pp.33-34
  53. ^ Hata2007[3],p13.
  54. ^ 林博史「アメリカ軍の性対策の歴史―1950年代まで」『女性・戦争・人権』第7号、2005年3月
  55. ^ [4] Hyun S.Kim,JT Takagi,and Hye-Jung Park,The Woman Outside:Korean Women and the U.S.Militaly,1997/updated2009. p.8
  56. ^ a b Donna Hughes, 他Modern-Day Comfort Women:[5],p.5
  57. ^ a b “Deliver them from 'hell'” (英語). 中央日報. (2002年10月19日). http://joongangdaily.joins.com/article/view.asp?aid=1910008 2010年3月8日閲覧。 
  58. ^ a b “Filipinas forced into prostitution on the rise in S.Korea” (英語). ハンギョレ. (2009年12月1日). http://english.hani.co.kr/arti/english_edition/e_international/390782.html 2010年3月8日閲覧。 
  59. ^ “【社説】国際的な恥、韓国の売買春”. 中央日報. (2002年10月18日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=33402&servcode=100&sectcode=100 2010年3月8日閲覧。 
  60. ^ “韓国人女性8000人、米国で‘遠征売春’”. 中央日報. (2006年6月21日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=77026&servcode=400&sectcode=400 2010年3月8日閲覧。 
  61. ^ a b c d e “US servicemen in Korea contribute to human trafficking: report”. プレステレビ. (2012年12月21日). http://www.presstv.com/usdetail/279266.html 2013年6月6日閲覧。 
  62. ^ Dujisin, Zoltán (2009年7月7日). “RIGHTS-SOUTH KOREA: Prostitution Thrives with U.S. Military Presence”. インター・プレス・サービス. http://www.ipsnews.net/2009/07/rights-south-korea-prostitution-thrives-with-us-military-presence/ 2013年6月7日閲覧。 
  63. ^ Robson, Seth (2005年8月6日). “Ex-bar worker who was forced into prostitution wins $5,000 judgment”. 星条旗新聞. http://www.stripes.com/news/ex-bar-worker-who-was-forced-into-prostitution-wins-5-000-judgment-1.36633 2013年6月7日閲覧。 
  64. ^ a b Macintyre, Donald (2002年8月5日). “Base Instincts”. タイム. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,333899,00.html 2013年6月7日閲覧。 
  65. ^ “Court rules in favor of Filipina prostitutes”. 中央日報英語版. (2003年5月31日). http://koreajoongangdaily.joinsmsn.com/news/article/article.aspx?aid=1987730 2013年6月7日閲覧。 
  66. ^ Rabiroff, Jon (2009年9月26日). “Philippine Embassy has 'watch list' of suspect bars in South Korea”. 星条旗新聞. http://www.stripes.com/news/philippine-embassy-has-watch-list-of-suspect-bars-in-south-korea-1.95038 2013年6月7日閲覧。 
  67. ^ Human Trafficking public service announcement 在韓米軍 2012年11月20日
  68. ^ 2013年 6 月 9 日 日本の戦争責任資料センター [6] P3
  69. ^ "손해배상[대법원 1966.10.18, 선고, 66다1635,1636, 판결](損害賠償[大法院1966.10.18宣告, 66ダ1635, 1636判決])", 大韓民国法制処国家法令情報センター.
  70. ^ 吉田敏行 (2014年6月27日). “「在韓米軍の慰安婦」女性ら122人が賠償提訴”. 読売新聞. 2014年6月28日閲覧。
  71. ^ 「「私は韓国のために身体を売ってドルを稼いだ」 韓国「米軍慰安婦」実名告発 日本に向けていた刃が自らに… 韓国政府を集団提訴 朴槿恵パパが管理責任者」週刊文春 2014年7月10日号
  72. ^ 「米軍慰安婦」が韓国政府に賠償請求”. 沖縄タイムス (2014年6月26日). 2014年6月28日閲覧。
  73. ^ 東岡徹 (2014年6月27日). “元「米軍慰安婦」が韓国政府を提訴 韓国人女性122人”. 朝日新聞. 2014年6月28日閲覧。
  74. ^ 加藤達也 (2014年6月25日). “韓国で元「米軍慰安婦」122人が国に賠償求め集団提訴 政府の厳しい管理下で「人権侵害」”. 産経新聞. 2014年6月28日閲覧。
  75. ^ 『米軍元慰安婦の初公判、韓国政府「違法行為を立証できてない」=韓国ネット「日本に強気だった韓国政府はどこへ?」「過去のことは騒ぎ立てるな」』レコードチャイナ 2014年12月22日
  76. ^ [http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/593255.html
  77. ^ Positions5(1),1997.
  78. ^ 『朝日新聞』2002年2月24日付)1956年に韓国陸軍本部編纂した公式記録や目撃者たちの証言の研究による。また朝日新聞の記事によれば慰安婦も存在は隠蔽工作が行われたためか韓国ではほとんど知られていないとした
  79. ^ a b c d (韓国語版ウィキペディア、日本に占領された?)한국어판 위키피디아, 일본에 점령당했다? 朝鮮日報 2012年4月1日
  80. ^ a b Chunghee Sarah Soh:The Comfort Woman (University of Chicago Press, 2009)。[7] JEFF KINGSTON,Continuing controversy of 'comfort women,May10,2009.(同書ジャパンタイムズ書評)
  81. ^ shibboleth
  82. ^ 『妓生』作品社、p12
  83. ^ 『妓生』作品社、p14
  84. ^ 2012年9月12日放送
  85. ^ 2012/9/13朝鮮日報「性犯罪:元警察署長が公娼制度導入を提唱」






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

洋公主に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「洋公主」の関連用語

洋公主のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

馬術

インフレーター

CLUBSPORT

横川省三

ダニエル・ブルックリン

Polo

サラブレッド

WS009KE





洋公主のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの韓国軍慰安婦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS