河東碧梧桐とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 河東碧梧桐の意味・解説 

かわひがしへきごとう かはひがし- 【河東碧梧桐】 ○

1873~1937俳人愛媛県生まれ本名,秉五郎(へいごろう)正岡子規門の高弟高浜虚子対立定型季語離れ新傾向俳句提唱全国行脚して「三千里」「続三千里」をまとめた。のち自由律ルビつき句など句風変遷した。著「新傾向句集」「碧梧桐句集」「子規言行録」など。

河東碧梧桐

読み方かわひがし へきごとう

俳人愛媛県生。名は秉五郎正岡子規師事し、高浜虚子と並んで子規門の双璧と称される。子規歿後新傾向運動を展開し、ヒューマニズム色のある個性的自由律を生み出した。昭和12年(1937)歿、65才。

河東碧梧桐

河東碧梧桐の俳句

から松は淋しき木なり赤蜻蛉
この道の富士になりゆく芒かな
ちさい子の走りてあがる凧
ひたひたと春の潮打つ鳥居かな
ひやひやと積木が上に海見ゆる
ミモーザを活けて一日留守にしたベッドの白く
三日月やこの頃萩の咲きこぼれ
不忍や水鳥の夢夜の三味
出羽人も知らぬ山見ゆ今朝の冬
初日さす朱雀道りの静さよ
天領の境にさくや桐の花
子規庵のユスラの実お前達も貰うて来た
屯田の父老の家のかすみけり
川上の水静かなる花野かな
思はずもヒヨコ生れぬ冬薔薇
我善坊に車引き入れふる霰
旅にして昼餉の酒や桃の花
春寒し水田の上の根なし雲
春浅き水を渉るや鷺一つ
曳かれる牛が辻でずつと見廻した秋空だ
月前に高き煙や市の空
木枯や谷中の道を塔の下
桃咲くや湖水のへりの十箇村
流れたる花屋の水の氷りけり
灯あかあかと会すれば千鳥鳴くといふ
白足袋にいとうすき紺のゆかりかな
相撲乗せし便船のなど時化となり
空をはさむ蟹死にをるや雲の峰
蝦夷に渡る蝦夷山もまた焼くる夜に
螽飛ぶ草に蟷螂じつとして
谷深うまこと一人や漆掻
豊かなる年の落穂を祝ひけり
赤い椿白い椿と落ちにけり
軒落ちて雪窮巷を塞ぎけり
門跡に我も端居や大文字
闇中に山ぞ峙つ鵜川かな
露深し胸毛の濡るる朝の鹿
鞍とれば寒き姿や馬の尻
馬方の喧嘩も果てて蚊遣かな
鳥渡り明日はと望む山夏野
鳥渡る博物館の林かな
 

河東碧梧桐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/13 04:10 UTC 版)

河東碧梧桐(かわひがし へきごとう、1873年明治6年)2月26日 - 1937年昭和12年)2月1日)は、日本俳人随筆家。本名は秉五郎(へいごろう)。






「河東碧梧桐」の続きの解説一覧





河東碧梧桐と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「河東碧梧桐」の関連用語

河東碧梧桐のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

江戸川

トゲノリ

ラズール オレンジ

ドットボタン

対数正規分布

ジョグ

インディゴ

マップケース





河東碧梧桐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの河東碧梧桐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS