挿絵画家とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 挿絵画家の意味・解説 

挿絵画家

読み方:さしえがか
別表記:挿し絵画家

書籍新聞などで、文章の間に挿入される「挿絵」を描く専門の人。兼業挿絵を描くイラストレーター画家などとは区別されることが多い。

挿絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/01/11 19:07 UTC 版)

(挿絵画家 から転送)

挿絵(さしえ、挿し絵とも表記する)とは、イラストレーションの一種で、雑誌新聞あるいは書籍など文字主体の媒体において、読者の理解を助けるため等の目的で入れられるのこと。挿画(そうが)ともいう。雑誌や書籍の見開きにわたる大きなものから、雑誌の片隅に使われる小さなものまである。特に小さなものはカットとも呼ばれる。文章の傍らにあるものだけだとする考え方と、それに口絵を含むとする考え方がある。






「挿絵」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「挿絵画家」の用例一覧


辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「挿絵画家」の関連用語

挿絵画家のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




挿絵画家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2014 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの挿絵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS