ライトノベルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > ノベル > ライトノベルの意味・解説 

ライトノベル

小説ジャンル一種。定義は曖昧とされるが、一般的にアニメ風のイラスト多用した、アニメ作品にも通じファンタジー性の高いストーリーなどをおおむね共通の特徴とする作品群の総称。「ラノベ」と略される。

ライトノベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/10 13:52 UTC 版)

プロジェクト ライトノベルPJ ライトノベル
ポータル 文学




注釈

  1. ^ テレビアニメ『無敵超人ザンボット3』の「神北恵子」を男性形に変えたハンドル。
  2. ^ 栗本薫高千穂遙富野由悠季福井晴敏等。
  3. ^ これらが一般人に「一般文芸」として認知されているかどうかは、正確なデータがなく不明である。
  4. ^ 例えば「ライトノベル進化論」『読売新聞』2006年11月7日・14日・21日や『クイック・ジャパン Vol.54』 太田出版、2004年など。

出典

  1. ^ ライトノベル(らいとのべる)とは - コトバンク
  2. ^ a b ライトノベル完全読本”. 日経BP. 2006年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 榎本秋『ライトノベル文学論』2008年10月、NTT出版ISBN 978-4-7571-4199-5
  4. ^ 一柳廣孝、久米依子編著「ライトノベル・スタディーズ」青弓社
  5. ^ a b 『このミステリーがすごい!』編集部 『このライトノベルがすごい! 2005』 宝島社、2004年、ISBN 4-7966-4388-5
  6. ^ a b 「オタク出版の研究」『出版月報』、2007年9月。
  7. ^ a b 続々創刊、ライトノベル」『コラム』 出版科学研究所、2007年10月10日、2007年10月13日閲覧。
  8. ^ 外部リンク
  9. ^ 外部リンク
  10. ^ 外部リンク
  11. ^ 日経キャラクターズ編集部 『ライトノベル完全読本 vol.2』 日経BP〈日経BPムック〉、2004年、ISBN 4-8222-1708-6
  12. ^ 川崎拓人・飯倉義之「ラノベキャラは多重作品世界の夢を見るか?」『ライトノベル研究序説』、27-30頁。
  13. ^ 『ライトノベル「超」入門』(新城カズマ著)p.69
  14. ^ ライトノベル進化論】(下)「良質な青春小説」のような…?」 読売新聞社、2006年11月21日、2007年9月29日閲覧。
  15. ^ a b 新城カズマ 『ライトノベル「超」入門』 ソフトバンク〈ソフトバンク新書〉、2006年、ISBN 4-7973-3338-3
  16. ^ 『ライトノベル「超」入門』(新城カズマ)p.35-50
  17. ^ 2004年明治書院より刊行された『日本現代小説大事典』(ISBN 978-4-625-60303-7)では、コバルト文庫やスニーカー文庫を「ジュニア小説」もしくは「キャラクター小説」と分類する(P1439-1441)。
  18. ^ 大橋崇行「<読者>としての<ヤングアダルト>」『ライトノベル研究序説』、187頁。
  19. ^ 外部リンク
  20. ^ 外部リンク
  21. ^ 『ライトノベル「超」入門』(新城カズマ)p.205-208
  22. ^ 大橋崇行「『ジャンル外』作品群としての少女向けレーベル」『ライトノベルから見た少女/少年小説史』p.46-49
  23. ^ 東浩紀 『ゲーム的リアリズムの誕生』 講談社、2007年、45頁。ISBN 978-4-06-149883-9
  24. ^ 新城カズマ『ライトノベル「超」入門』p.42
  25. ^ 杉浦由美子 『ケータイ小説のリアル』 中央公論新社、2008年、92-93頁。ISBN 978-4121502797
  26. ^ 『ライトノベル「超」入門』(新城カズマ)p.100-104
  27. ^ 『ライトノベル「超」入門』(新城カズマ)p.105-109
  28. ^ 『ライトノベル「超」入門』(新城カズマ)p.109-116
  29. ^ ライトノベルとは異なるジャンルの事例ではあるが、2007年に集英社が過去の名作の新装版を発行するにあたって、太宰治著『人間失格』の表紙イラストに漫画家小畑健を起用したところ、その年の『人間失格』の売り上げが異例の9万部を記録したことがある(例年は1〜2万部)「人間失格:「デスノート」の小畑健が表紙描く 異例の9万部突破」毎日jp、2007年8月23日
  30. ^ 例えば、『迷い猫オーバーラン』シリーズでぺこが降板したケースでは、その後に別作品に関連して作者の松智洋へのインタビューが行われた際に取材者側から質問がなされ、集英社スーパーダッシュ文庫の編集長が「編集上の事情」という理由を述べて自身が一件の全責任を負う旨の発言をしているが、詳細については伏せられたままであった。アニメ『パパのいうことを聞きなさい!』放映記念! 松智洋先生インタビュー(後編) - アキバBlog
  31. ^ 秋津透魔獣戦士ルナ・ヴァルガー』は、シリーズ途中の第9巻で挿絵のあろひろしが降板して約1年半中断し、後につなき亜樹を起用して再開したものの、その後は3巻(全12巻)でシリーズ完結となった。同時期に秋津の別作品の挿絵を手掛けて降板した経緯を持つ真鍋譲治が自身のホームページで記しているところでは、中断当時、秋津の作品に関与していたフリーの編集者と挿絵を描いていた漫画家たちの間でトラブルがあったという。[1]
  32. ^ 大森望、三村美衣 『ライトノベル☆めった斬り!』 太田出版、2004年ISBN 9784872339048 
  33. ^ ガガガ文庫とルルル文庫」 全国書店新聞、2007年3月21日。
  34. ^ 大橋崇行「『ジャンル外』作品群としての少女向けレーベル」『ライトノベルから見た少女/少年小説史』p.46-49
  35. ^ 『ライトノベル「超」入門』(新城カズマ)p.52
  36. ^ “『ビブリア古書堂の事件手帖』に続く大ヒット作は出るか? いま「キャラクター文芸」がアツい”. ダ・ヴィンチNEWS (KADOKAWA). (2015年3月4日). http://ddnavi.com/news/229282/ 2016年6月1日閲覧。 
  37. ^ マンガのような主人公が活躍、「キャラノベ」が人気のワケ - 日本経済新聞
  38. ^ 「ライト文芸」現代の中間小説 漫画世代に向け創刊ラッシュ - 朝日新聞デジタル
  39. ^ 「ライトノベル研究」『出版月報』 全国出版協会、2005年5月号。
  40. ^ Walkers Net・輕小說
  41. ^ CHiNGWiN Novel
  42. ^ gomanga.com「SEVEN SEAS ENTERTAINMENT LAUNCHES NEW "LIGHT NOVEL" IMPRINT」
  43. ^ TOKYOPOP - 「Romane」参照。
  44. ^ manga carlsen
  45. ^ Словарь Аниме-Терминологии(アニメ用語事典)の「ранобэ」を参照。







ライトノベルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ライトノベルに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ライトノベル」の関連用語

ライトノベルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オオシワカラカサタケ

久保田満

競争から協調へ

北五百川の棚田

ロバート・エトカルフェ

武鑑透図鐔

Polo

水平振動ローラ





ライトノベルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのライトノベル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS