志太野坡とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 俳人 > 志太野坡の意味・解説 

しだやば 【志太野坡】 ○

(1662~1740) 江戸中期俳人。姓は志田とも。越前国福井生まれ江戸越後屋両替店番頭をしたが,のち大坂移住芭蕉入門,「炭俵」の撰にかかわった。著「野坡吟艸」など。

志太野坡

読み方しば やば

江戸中期俳人越前生。本姓信田、のち志太(志多・志田)、また竹田武田)と称す通称半次郎弥助・弥亮。別号野馬子・無名庵野翁等。江戸に出て、越後屋両替店の手代となる。俳諧初め其角学び、のち芭蕉入門する。大坂移住し、中国九州地方俳壇蕉風流布させた。蕉門十哲一人編著に『炭俵』『許野消息』等。元文5年(1740)歿、78才。

志太野坡

しだやば

寛文2年(1662.1.3)~元文5年(1740.1.3))

志太野坡

越前出身利牛同じく両替商三井越後屋番頭であったが、後志して職業俳諧師として生涯をおくる。「軽み」の俳風では蕉門随一の人。才能豊かな蕉門若手であった。晩年芭蕉野坡期待するところ大であった。1997年発見の『おくの細道真蹟本は、野坡芭蕉から受けたものであった。『炭俵編集人である。

野坡の代表作

朝霜や師の脛おもふゆきのくれ(『笈の小文』出発時の芭蕉への想い

寒きほど案じ夏の別れ哉(元禄元年5月11日芭蕉最後江戸出立見送って

ちからなや膝をかかえて冬篭り(芭蕉の死の報に接して)

麦畑や出ぬけても猶麦の中(元禄7年5月8日芭蕉最後の江戸出立の折

長松が親の名で来る御慶哉(『炭俵』)

さみだれ小鮒をにぎる子供哉(『炭俵』)

はつ雪にとなりを顔で教へけり(『炭俵』)

小夜時雨となりの臼は挽きやみぬ(『炭俵』)

みなみなに咲そろはねど梅の花(『炭俵』)

七種や粧ひしかけて切刻み(『炭俵』)

猫の恋初手から鳴て哀也(『炭俵』)

うぐひすや門はたまたま豆麩賣(『炭俵』)

五人ぶちとりてしだるゝ柳かな(『炭俵』)

はき掃除してから椿散にけり(『炭俵』)

祭まであそぶ日なくて花見哉(『炭俵』)

食の時みなあつまるや山ざくら(『炭俵』)

日半路をてられて來るや桃の花(『炭俵』)

法度場の垣より内はすみれ哉(『炭俵』)

雲霞どこまで行もおなじ事(『炭俵』)

衣がへ十日はやくば花ざかり(『炭俵』)

子規顔の出されぬ格子哉(『炭俵』)

麥畑や出ぬけても猶麥の中(『炭俵』)

さみだれに小鮒をにぎる子供哉(『炭俵』)

夕すヾみあぶなき石にのぼりけり(『炭俵』)

行雲をねてゐてみるや夏座敷(『炭俵』)

盆の月ねたかと門をたゝきけり(『炭俵』)

石臺を終にねこぎや唐がらし(『炭俵』)

小夜しぐれとなりの臼は挽やみぬ(『炭俵』)

蜂まきをとれば若衆ぞ大根引(『炭俵』)

人聲の夜半を過る寒さ哉(『炭俵』)

はつ雪にとなりを顔で教けり(『炭俵』)

餅つきや元服さする草履取(『炭俵』)

年のくれ互にこすき錢づかひ(『炭俵』)

ちり椿あまりもろさに續で見る(『續猿蓑』)

この比の垣の結目やはつ時雨(『續猿蓑』)

手まはしに朝の間凉し夏念仏(『續猿蓑』)

金屏の松の古さよ冬篭り(『許六芭蕉書簡』)


志太野坡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/25 07:45 UTC 版)

志太 野坡(しだ やば、寛文2年1月3日1662年2月21日) - 元文5年1月3日(1740年1月31日))は、江戸時代前期の俳諧師。前号:野馬・別号:樗木社・樗子・紗方・紗帽・浅生・無名庵高津野々翁・照笛居士






「志太野坡」の続きの解説一覧





志太野坡と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「志太野坡」の関連用語

志太野坡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

各務支考

智月

高山伝右衛門

園女

向井去来

高山伝右衛門

菅沼曲水

宮崎荊口





志太野坡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2017 芭蕉DB All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの志太野坡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS