差別対価とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 流通用語 > 差別対価の意味・解説 

さ べつたいか [4] 【差別対価】

不公正な取引方法における差別取り扱い一類型。地域または相手方によって同一商品または役務不当価格差をつけること。独占禁止法により禁止される。価格に関する差別取り扱いは,単に需要状況に応じてなされる場合には違法とはならず,この行為によって取引相手方の間における競争秩序悪影響がある場合規制対象となる。 → 不公正な取引方法

差別対価

正当な理由なしに、地域または相手方により、差別的な対価物質資金その他の経済上の利益供給し、または供給を受けること。「独占禁止法」で不公正な取引方法として指定し、禁止している。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「差別対価」の関連用語

差別対価のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スカイ・トニック

823SH

大きさの異なる箱を重ねるときの包み方

Premier3

クラッシュゾーン

リコッタ

HDMIプラグ

東西線50系車両





差別対価のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2017by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS