土留とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > 工事 > 土留の意味・解説 

つち どめ [0] [4] 【土留(め)

山や土手などの土砂がくずれるのを防ぐために設け構築物やまどめ。どどめ。
土留め桟(さん)」の略。

ど どめ [0] 【土留(め)

掘削した面の土砂崩れるのを防ぐための工事。また,そのために作った柵(さく)など。つちどめ

土留

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/11 06:21 UTC 版)

土留(どどめ[1]英語:retaining wall)とは、法面や段差の崩壊を防止するために設置される構造物である。自立式土留構造の土留は擁壁ともいう。 仮設構造物においては、開削工法により掘削を行う場合に、周辺土砂の崩壊を防止すること、また、止水を目的として設けられる仮設構造物をいい、土留め壁と支保工からなる。土留め壁には親杭横矢板壁、鋼矢板壁、鋼管矢板、壁柱列敷連続壁、および地中連続壁がある。[2]


  1. ^ 瓦葺き屋根の葺き土の滑落を防ぐために打ちつける部材は「土留(つちどめ)」と呼ばれる。- コトバンク
  2. ^ 公益社団法人日本道路協会 『道路土工仮設構造物工指針』、2頁。 


「土留」の続きの解説一覧





土留と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「土留」の関連用語

土留のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オオマシコ

仁淀川

湿地

明治の森箕面国定公園

がんこ系

ラウンド

春の彼岸

メリヤス編み





土留のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの土留 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS