御土居とは?

御土居

読み方:おどい

名詞土居」に、接頭辞「御」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

御土居

読み方:オドイ(odoi)

豊臣秀吉京都修理する際に周辺に築いた土堤一種


御土居

名称: 御土居
ふりがな おどい
種別 史跡
種別2:
都道府県 京都府
市区町村 京都市北区中京区上京区
管理団体 京都市(昭7・122)
指定年月日 1930.07.08(昭和5.07.08)
指定基準 史2
特別指定年月日
追加指定年月日 昭和40.10.27
解説文: 天正十九年豊秀吉京都周囲土壘ヲ築キ外側ニ濠ヲ穿チ皇城市区ノ守ヲ固クス之ヲ御土居ト称ス其ノ規模廣大ニシテ構造雄偉ノモノナリシガ後都市発達ト共ニ破壞セラレ漸次其ノ迹ヲ滅シテ旧規保存セル所少シ其ノ構造高低厚薄地勢ニヨリテ一様ナラズ鷹峯附近所在ノモノハ最モヨリ旧規ヲ保テルモノノ一ニシテ大約高サ十五内外頂部幅員亦略之ニ同ジク濠阯モ猶存セリ
S40-5-072[[御土居]おどい].txt: 豊臣秀吉が築いた京都の市壁の一部今回追加指定するものは北野神社境内の西辺にあり、紙屋川沿っている。悪水抜きの石が残っているのは、現在ここだけである。

御土居

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/25 17:42 UTC 版)

御土居(おどい)は豊臣秀吉によって作られた京都を囲む土塁である。外側のとあわせて御土居堀と呼ぶ場合もある。築造時の諸文献には「京廻堤」「新堤」「洛中惣構え」などと記される。聚楽第寺町天正の地割とともに秀吉による京都改造事業の一つである。一部が京都市内に現存し、史跡に指定されている。




  1. ^ 地誌『京町鑑』(宝暦12年上梓)には「今洛中とは、東は縄手(現大和大路)、西は千本、北は鞍馬口、南は九条まで、其余鴨川西南は伏見堺迄を洛外と云」とある。これを信じるならば、御土居は「洛中洛外の境」として定着しなかったと解される。
  2. ^ 「市の装飾となり美観を添えしめるためにその上に繁茂した樹木を植えさせた」『日本史』中公文庫、松田毅・川崎桃太訳。
  3. ^ 「十の口ありと也、此事何たる興業とそ云々、悪徒出世之時、はや鐘をつかせ、それを相図(あいず)に十門をたて、其内を被捲と也」。この「十門」を以って「門」があったとするのは短絡にすぎるだろう。
  4. ^ 2015年1月現在Google ストリートビューで看板が確認できる。


「御土居」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

御土居に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「御土居」の関連用語

御土居のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

地層密度検層

羽根谷砂防堰堤

AS-332L

ティッシュ箱包み

靖国鳥居

フラワーライン

緑米

FWD





御土居のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの御土居 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS