リアルモーションシステムとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > リアルモーションシステムの意味・解説 

リアルモーションシステム

【英】real motion system

リアルモーションシステムリアルモーションシステムとは、2足歩行ロボット研究開発を行うために開発された「ロボット開発プラットフォーム」の名称である。スピーシーズ株式会社発表した。同時に、このリアルモーションシステムを用いて開発されたハイエンド2足歩行ロボット「Speecys(SPC-003)」も発表された。

ロボット開発プラットフォームとは、ロボット開発する際に技術者がぶつかる様々な困難をあらかじめ緩和するのである2足歩行ロボット多岐にわたるテクノロジー結集されて初め実現されるものであるため、開発技術者負担は非常に大きなものとなってしまいがちである。筋肉系であるサーボ骨格系であるフレームメカ、あるいは神経系であるサーボ制御センサー頭脳系であるプロセッサユニットとOS動作系である歩行ソフト、コミュニケーション系であるネットワーク機能、そして各種ツールなど、あらゆる環境整備を必要とし、その後初めアプリケーションソフト解析を行う事が可能となる。

しかし、リアルモーションシステムにはあらかじめ各機構動作制御動作連携設定されている。リアルモーションシステムには実機ロボット「SPC-003」の3次元設計データ同梱されており、実機用のモーションエディタで作成したロボットモーションを3次元CAD上で動作させることも可能となっている。これによって、製品購入したらすぐにロボット本体3次元機構シミュレーション環境が揃った状態から利用開始することが可能となる。

Speecys(SPC-003)
Speecys(SPC-003)

今回開発においては3次元設計ツール導入してからロボット基本設計出来るまで約2週間各種検証を含む設計完了するまで約2ヶ月程度従来比出計算すると1/2~1/3の設計工数短縮実現されたという。

Speecysロボット設けられた可動関節部分ジョイント)は26箇所で、その個々に対してモーションをが与えられるコンピュータ上で簡単にロボット動きシミュレーションでき、重心バランスチェックや、動的干渉チェック転倒チェックまた、ジョイントにおけるトルク計算も可能となった。その結果設計開発期間大幅短縮し、かつ数々複合的な検証裏付けされた高品質ロボットとなった。

リアルモーションシステムリアルモーションシステム
関節部のエンジンとプロセッサユニット「RPU-100」



※画像提供 / スピーシーズ株式会社
参照リンク
スピーシーズ株式会社
ソリッドワークス・ジャパン株式会社
株式会社コスモスジャパン
情報と社会のほかの用語一覧
情報工学:  prestoX  リバースエンジニアリング  量子コンピュータ  リアルモーションシステム  SINET  産業用ロボット  再現率




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

リアルモーションシステムに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

リアルモーションシステムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Apple Ⅱ

TENORI-ON

ネットワークプリンタ

Dell Streak

eneloop

組み文字

小数点表示桁下げ

Windows Server 2003





リアルモーションシステムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリリアルモーションシステムの記事を利用しております。

©2016 Weblio RSS