ヤナギ類とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 国産材一覧 > ヤナギ類の意味・解説 

ヤナギ類

【英】:Salix spp.
(ヤナギ科)


日本分布するヤナギの類は、あまり大きくはならず、大きいもので、樹高20m位です。そのなかでシダレヤナギ(S.babylonica)、バッコヤナギ(S.bakko)などは大きくなる種類です。一般には、河川流域低湿地などによく見られる木です。かつて、現在日常的に使われているプラスチック製のスーツケース普及していなかった時代には、コリヤナギ(S.koriyanagi)のを編んで作った行季は旅行用としても、収納用としても大変重要な道具一つでした。したがって、その用途のために、栽培していた処もありました。

木材
心材辺材の色の違いがあり、前者淡褐色から淡褐色で、後者白色です。(バッコヤナギ)。肌目は精で、木理は普通、通直です。軽軟で、気乾比重は0.40~0.55(バッコヤナギ)、0.50~0.60(シダレヤナギ)です。

用途
軟らかく、かつ、肌目が精なため俎板あるいは裁縫裁ち板等に使われました。小細工類に使われます。珍しい用途としては、ヤナギ類から作った炭が絵画用に適していることです。エノキタケヒラタケ栽培用の原木として適しているといわれています。火薬原料として使われます。コリヤナギ以外のヤナギ類でも、そのを編んで籠などに使うことがあります





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヤナギ類に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヤナギ類」の関連用語

ヤナギ類のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヤチダモ

オニグルミ

シナノキ

コジイ

イスノキ

ネズコ

ホオノキ

コウヤマキ





ヤナギ類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2016 All Rights Reserved, Copyright

©2016 Weblio RSS