ヘプタクロルとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 農薬 > ヘプタクロルの意味・解説 

ヘプタクロル

分子式C10H5Cl7
その他の名称:ヘプタクロル、ドリノックス、Drinox、Heptachlor、1,4,5,6,7,8,8-Heptachloro-3a,4,7,7a-tetrahydro-4,7-methano-1H-indene、アグロセレス、ロディアクロル、3-クロロクロルデン、ベルシコール104、Agroceres、Rhodiachlor、H-34【農薬】、NCI-C-00180、Velsicol 104、GPKh、3-Chlorochlordene、ENT-15152、E-3314、ジロール、Dilor、H-34【pesticide
体系名:1,4,5,6,7,8,8-ヘプタクロロ-3a,4,7,7a-テトラヒドロ-4,7-メタノ-1H-インデン


ヘプタクロル

農薬Heptachlor
和名orISO名[商品名]ヘプタクロル
分子式C10H5Cl7
用途殺虫剤
LD50(ラット)/g kg-10.04
LD50(マウス)/g kg-10.068
劇毒区分劇物
ランク
有機480
無機104
農薬登録(1996年時点)日本で登録され1972年失効承認ISO
その他白アリ防除剤として用いられる)
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ヘプタクロル

以前シロアリやその他の昆虫防除するために使われていた人工化合物1980年後半の間にアメリカでは生産中止されたが、まだ土壌や有害廃棄場には残っている。動物ヒトにも明らかに有害だが、国際がん研究機関はヘプタクロルはヒト対す発がん性があるものと分類できない決定している。(ATSDR1) Public Heath Statement, April 1989)

Name Heptachlor, Heptamul
MeSH 68006533
Molecular Weight 373.318 g/mol
Molecular Formula C10H5Cl7
ICSC0743
ヘプタクロル

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ヘプタクロル(C10H5Cl7)

ヘプタクロルは有機塩素系殺虫剤で、化学物質審査規制法に基づく第一特定化学物質及び「POPsに関するストックホルム条約」の対象物質に指定されており、製造使用禁止されています。急性症状で振せん、けいれん腎臓障害呼吸器衰弱等が認められています。

ヘプタクロル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/04 08:43 UTC 版)

ヘプタクロル (heptachlor) は殺虫剤の一種であり、接触毒および食毒として作用する。外見は白色の粉末で、純度の低いものは黄褐色を呈する。類縁化合物としてクロルデン (chlordane) が挙げられる。日本では1957年農薬として登録されたが、1972年に取り消されている。




「ヘプタクロル」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヘプタクロル」の関連用語

ヘプタクロルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コスモス

WS004SH

簡易ボルト

ペットボトル包み

ハロートニーエメンタール8P

黒はんぺん

4本針

スピアーノ





ヘプタクロルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘプタクロル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS