サゴシとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > サゴシの意味・解説 

青箭魚

読み方:サゴシ(sagoshi)

関西以西で、サワラ幼魚の名


サワラ

学名Scomberomorus niphonius 英名:Japanese Spanish mackerel
地方名サゴチ、サゴシ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目サバ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
スマートな体形背びれと尻びれの後方に8〜9本の離れびれがある。口先尖り、歯は大きくて鋭い。体色灰青色で体側多く青褐色の班点が縦に並ぶ。普段沖合いの深いところに生活している。産卵期の4〜5月頃に内湾に入るのでこの時期多く漁獲される。成長にするにつれ名前が変わる出世魚で、関西地方では50cmぐらいまでをサゴシ、70cmぐらいまでをヤナギ、70cm以上をサワラと呼ぶ。関東地方では50cmぐらいまでをサゴチと呼ぶ。

分布:南日本東シナ海 大きさ:1m
漁法:定置網刺し網 食べ方:刺身焼き物ムニエル

狭腰

読み方:サゴシ(sagoshi)

サワラ小さいもの

季節

分類 動物


砂越

読み方:サゴシ(sagoshi)

所在 山形県酒田市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

砂越

読み方:サゴシ(sagoshi)

所在 山形県(JR羽越本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

サワラ

(サゴシ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/23 16:44 UTC 版)

サワラ(鰆)、学名 Scomberomorus niphonius は、スズキ目・サバ科に属する海水魚の一種。細長い体の大型肉食魚で、食用に漁獲される。


  1. ^ What You Need to Know About Mercury in Fish and Shellfish,2004 EPA and FDA Advice For: Women Who Might Become Pregnant, Women Who are Pregnant, Nursing Mothers, Young Children.


「サワラ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

サゴシに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サゴシ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
74% |||||

5
50% |||||


7
6% |||||


サゴシのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヘリゴイシウツボ

スズメダイ

ツボダイ

テンジクガレイ

コケギンポ

コノシロ

ゲンロクダイ

ワラスボ





サゴシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサワラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS