アンディ・ベクトルシャイムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 経営者 > アメリカ合衆国の実業家 > アンディ・ベクトルシャイムの意味・解説 

アンディ・ベクトルシャイム

別名:アンドレアス・ベクトルシャイム
【英】Andy Andreas von Bechtolsheim, Andy von Bechtolsheim

アンディ・ベクトルシャイムとは、米国企業経営者である。1956年ドイツ国生まれ。1982に、ビル・ジョイスコット・マクネリービノッド・コースラと共にSun Microsystems社を共同設立したことで知られている。

ドイツ大学卒業した後に米国渡りカーネギーメロン大学入学電気工学修士号取得している。1982年カリフォルニア大学バークリー校研究員をしていたビル・ジョイを誘ってSun Microsystems設立した。

アンディ・ベクトルシャイム
※画像提供 / サン・マイクロシステムズ株式会社

1995年にベクトルシャイムはSun離れGranite Systemsを設立した。Granite Systemsは1Gbpsのネットワーキング技術立ち上げ企業で、1996年Cisco Systems買収された。後に9年間のブランク経てベクトルシャイムはSunに戻っている。


アンディ・ベクトルシャイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/22 21:49 UTC 版)

アンディ・ベクトルシャイム(Andy Bechtolsheim、1955年[1] - )は、アメリカ合衆国で活動するドイツ出身のコンピュータ技術者実業家サン・マイクロシステムズの共同創業者で、現在は新興企業アリスタ・ネットワークスの会長。




[ヘルプ]
  1. ^ Andreas von Bechtolsheim : Vom Bodensee nach Silicon Valley” (ドイツ語). stern.de (2008年5月26日). 2009年5月24日閲覧。
  2. ^ Andreas Bechtolsheim & William Joy Oral History”. The Computerworld Honors Program (1999年3月18日). 2007年8月15日閲覧。
  3. ^ 止まらぬ米シスコの頭脳流出 - A・ベクトルシャイム、新興企業へ”. CNET Japan (2003年12月17日). 2007年2月11日閲覧。
  4. ^ Google Corporate Information: Google Milestones” (英語). Google. 2007年2月11日閲覧。
  5. ^ Shankland, Stephen (2004年2月12日). “サン、Opteronサーバ専業メーカーを買収へ--A・ベクトルシャイムも古巣へ復帰”. CNET Japan. 2007年3月25日閲覧。


「アンディ・ベクトルシャイム」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アンディ・ベクトルシャイムに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アンディ・ベクトルシャイム」の関連用語

アンディ・ベクトルシャイムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

村井純

ミッチェル・ケイパー

トーマス・エジソン

エヅガー・ウィーブ・ダイクストラ

ティム・バーナーズ・リー

アラン・ケイ

ロバート・ノイス

テリー・ウィノグラード





アンディ・ベクトルシャイムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアンディ・ベクトルシャイムの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンディ・ベクトルシャイム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS