アソートメントとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 流通用語 > アソートメントの意味・解説 

品揃え

別名:アソートメント

お客が望んでいる商品、あるいは求めている商品を適切に把握し、それらの商品取り揃えること。単に商品種類ではなくブランドサイズ、色、柄、価格など消費者ニーズ捉えキメ細かな品揃えが重要となる。今日のように競争厳しマーケットでは自店の特徴を出さなくてはならない。つまり、どの顧客層に何を提供していくかのコンセプトが重要になってきている。品揃えコンセプトは「幅」で勝負するか「奥」で勝負するかを決めなくてはならない。幅とは商品ライン、奥とはある商品カテゴリー単品数を意味する。百貨店は幅をコンセプトにした品揃え志向であり、専門店は奥をコンセプトにした品揃え志向である。

商品構成

別名:アソートメント

どのような商品群によって売場つくりあげるということであり、小売業にとって重要な商品戦略マーチャンダイジング戦略)である。商品構成は、系列構成カテゴリー、あるいは品種)と品目構成両面をもっている。商品系列構成は、たとえば紳士服店では、コート系列ジャケット系列といった商品グループをさす。系列構成拡大総合化の方向縮小専門化の方向になる。商品品目構成は、それぞれの商品系列について、スタイル素材などによる集合品目SKUストック・キーピング・ユニット)と、さらに細かくカラーサイズ落とし込んだ絶対品目構成検討することによって総合化、専門化の方向性ライバル対す競争戦略決まってくる。系列構成品目構成で、商品の幅と奥行き決めることになり、店の性格大きな影響与える。商品構成の決定は、経営者あるいはマーチャンダイザーによって決断されるのが普通である。

アソートメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/22 23:26 UTC 版)

アソートメント: assortment)とはこれはアメリカ合衆国商学者であるロー・オルダーソン英語版によって提唱された商学用語であり、人間の消費を構成する複数のの組み合わせのことを意味する。オルダーソンは経済活動の目的というのは、より便利で豊かなアソートメントを準備することとしている。




「アソートメント」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アソートメントに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アソートメント」の関連用語

アソートメントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




アソートメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2014by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアソートメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS