わら俵建築様式とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > わら俵建築様式の意味・解説 

わら俵建築様式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/19 02:41 UTC 版)

わら俵建築様式(わらたわらけんちくようしき)は、構造、素材、またはその両方にわら俵を使った建築方法である。これは、普通は自然の建物に使われる。これは、コストや有効性において、一般的な建物よりも優れている点がある。牧草やわらは、歴史が始まる以前から、ある方法で、世界中で建物の中に使われてきた。それらの機械生産のモジュール化した梱の中での編入は、20世紀はじめのアメリカ中東部、とりわけ草が茂り、それ以外の素材は(たとえ高価な芝でさえ)ないネブラスカ砂丘に戻ったかのようである。  




「わら俵建築様式」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

わら俵建築様式のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ハタタテダイ

ハンググライディング

紀三井寺の三井水

カナダカワウソ

福鎚

モハ1形

関西型宮型霊柩車

1500形





わら俵建築様式のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのわら俵建築様式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS