進化 進化に関する誤解

進化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/30 04:33 UTC 版)

進化に関する誤解

進化という概念は、日常生活でも頻繁に使用されるためか、誤解されていることが多い。よく見られる誤解について以下に述べる。

進化に目的があるという誤解
「高い所の葉を食べるために、キリンの首は伸びた」といった表現はよく使われる。しかし、首が伸びるという突然変異は目的とは関係なく起こり、それに自然選択が働いたにすぎない[106]。もっとも、無目的な突然変異と自然選択によって、あたかも目的を持って作られたかのような器官が生み出されるのも確かである。ドーキンスはこのことを「盲目の時計職人」という比喩で表現した[107]
進化は進歩であるという誤解
地中で生活するモグラの目が退化していることも進化の結果であるように、進化は必ずしも器官の発達や複雑化をもたらすわけではなく、また知能を発達させるとも限らない[108]。まして、ヒトが進化の頂点であり、進化はヒトを目指して進むなどと考えるべきではない[109]。ヒトは他の現生生物と同じく、各々の環境に適応し、枝分かれしながら進む進化系統樹の末端の枝の一つにすぎない。ただしこれは進歩を複雑化やヒト化として定義した場合の話であり、定義によっては何らかの「進歩」(適応の向上、進化可能性の増大など)を進化に見出すことは可能だとする考えもある[110][111]
この誤解は、進化(: evolution)という語にその一因があるかもしれない。英語の「evolution」という語はラテン語の「evolvere」(展開する)に由来し、発生学においては前成説の発生過程を意味する語であったほか、日常語としては進歩(progress)と強く結びついて使われる。そのためダーウィンはこの語をほとんど使わず、変化を伴う由来(descent with modification)という表現を好んだ[112]evolution という語が生物進化の意味で使われるようになったのはスペンサーの影響である。このことは日本語の「進化」とも関連している。明治初期の日本ではダーウィンよりもスペンサーの影響が大きかったため、evolution は万物の進歩を意味するスペンサーの用語として進化と訳されたが、これが現在にも続く、進化は進歩であるという誤解を招いている[113]
「チンパンジーはいずれヒトに進化するのか」「ヒトがチンパンジーから進化したなら、なぜチンパンジーがまだいるのか」という疑問
ヒトと他の類人猿は、共通の祖先から進化した
ヒトはチンパンジーと共通祖先を持ち、ヒトもチンパンジーもそこから独自の進化を遂げてきたにすぎないため、この疑問は的外れである[114][115][116]。ヒトは数百万年前に、チンパンジー(およびボノボ)との共通祖先から分岐したと推定されている。この共通祖先はたまたまヒトよりはチンパンジーに似ていたと思われるが、それはヒトの系統がより多くの変化を遂げた結果にすぎず、共通祖先はチンパンジーともヒトとも異なる類人猿であった[115]
この誤解は、生物は下等なものから高等なものまで一列に配列され、進化はその序列の中で梯子を登るように進むという、より深い誤解を反映したものである[114]。実際には、進化は分岐を繰り返しながら進むものであり、現生の生物はどれも等しく系統樹の末端に位置づけられる。



  1. ^ a b c Ridley(2004) p.4
  2. ^ a b c Futuyma(2005) p.2
  3. ^ a b c d e 『岩波生物学辞典』
  4. ^ a b ソーバー(2009) pp.7-8
  5. ^ a b コイン(2010)
  6. ^ a b ドーキンス(2009)
  7. ^ Futuyma(2005) p.2
  8. ^ コイン(2010) pp.66-71
  9. ^ Ridley(2004) p.64
  10. ^ a b コイン(2010) pp.72-78
  11. ^ a b コイン(2010) pp.78-81
  12. ^ ドーキンス(2009) Ch.6
  13. ^ コイン(2010) pp.87-98
  14. ^ Chiappe(2009)
  15. ^ コイン(2010) pp.98-105
  16. ^ Thewissen et al.(2009)
  17. ^ ドーキンス(2009) pp.230-261
  18. ^ シュービン(2008) Ch.2
  19. ^ コイン(2010) pp.106-107
  20. ^ Rybczynski et al.(2009)
  21. ^ Franzen et al.(2009)
  22. ^ ドーキンス(2009) p.266, pp.275-276
  23. ^ コイン(2010) Ch.8
  24. ^ ドーキンス(2009) Ch.7
  25. ^ コイン(2010) p.164
  26. ^ コイン(2010) pp.181-197
  27. ^ Futuyma(2005) p.119
  28. ^ コイン(2010) pp.168-169
  29. ^ Futuyma(2005) p.118
  30. ^ Futuyma(2005) pp.126-128
  31. ^ パターソン(2001) pp.8-11
  32. ^ 遠藤(2006)
  33. ^ ドーキンス(2009) pp.409-422
  34. ^ 遠藤(2006) pp.109-117
  35. ^ a b コイン(2010) pp.112-128
  36. ^ ドーキンス(2009) pp.481-483, pp.490-493
  37. ^ コイン(2010) pp.133-136
  38. ^ 遠藤(2006) pp.47-48
  39. ^ ドーキンス(2009) pp.501-507
  40. ^ ウィリアムズ(1998) pp.232-236
  41. ^ ドーキンス(2009) pp.507-508
  42. ^ 遠藤(2006) Ch.4
  43. ^ ドーキンス(2009) p.508
  44. ^ コイン(2010) pp.38-41
  45. ^ Ridley(2004) pp.61-63
  46. ^ ドーキンス(2009) pp.455-457
  47. ^ a b コイン(2010) pp.139-151
  48. ^ 倉谷(2005)
  49. ^ Ridley(2004) pp.45-47
  50. ^ Majerus(2009)
  51. ^ ワイナー(1995)
  52. ^ Grant & Grant(2002)
  53. ^ ワイナー(1995) Ch.18
  54. ^ 動物好きな研究者の夢 -- 40年の研究からペットギツネが誕生
  55. ^ 実験飼育場で遊ぶキツネ
  56. ^ 地球ドラマチック「不自然な“進化”~今 動物に何が!?~」
  57. ^ 特集:野生動物 ペットへの道
  58. ^ ロシア科学アカデミーシベリア支部 細胞学・遺伝学研究所の「キツネの家畜化研究」
  59. ^ ワイナー(1995) pp.119-126
  60. ^ ドーキンス(2009) pp.216-224
  61. ^ ドーキンス(2009) pp.194-216
  62. ^ a b Blount et al.(2008)
  63. ^ Ridley(2004) p.47
  64. ^ Ridley(2004) pp.53-54
  65. ^ Ridley(2004) pp.87-88
  66. ^ 佐々木(2005)
  67. ^ Jiménez-Delgado S et al (2009)
  68. ^ ドーキンス(2004a) pp.482-485, 493-494
  69. ^ Ridley(2004) p.88-89
  70. ^ Futuyma(2005) pp.178-179
  71. ^ ドーキンス(2004a) pp.452-453
  72. ^ ドーキンス(2004a) pp.491-493
  73. ^ ルース(2008) Ch.11
  74. ^ コイン(2010) pp.46-47
  75. ^ ドーキンス(2004a) p.454
  76. ^ a b パターソン(2001) pp.96-99
  77. ^ Andersson(1982)
  78. ^ 松本(2010)
  79. ^ Futuyma(2005) p.226
  80. ^ Futuyma(2005) pp.231-232
  81. ^ 木村(1988) pp.54-55
  82. ^ a b Futuyma(2005) p.236
  83. ^ 斎藤(2008)は表現型の進化も浮動によって起こる可能性を指摘しているが、逆にオール(2009)は分子進化も相当部分が選択によると主張している。
  84. ^ Ridley(2004) p.591
  85. ^ a b Ridley(2004) pp.606-607
  86. ^ シンプソン(1977) pp.102-103
  87. ^ シンプソン(1977) p.104
  88. ^ パターソン(2001) p.110-111
  89. ^ Futuyma(2005) pp.236-237
  90. ^ パターソン(2001) p.117
  91. ^ Hendriks et al.(1987)
  92. ^ a b 河田(1990) pp.114-115
  93. ^ Ridley(2004) p.381
  94. ^ Moritz et al.(2002)
  95. ^ Ridley(2004) pp.50-53
  96. ^ Ueshima & Asami(2003)
  97. ^ Hoso et al.(2010)
  98. ^ コイン(2010) pp.321-326
  99. ^ 河田(1990) pp.124-125
  100. ^ ステルレルニー(2004) pp.98-99
  101. ^ 河田(1990) pp.127-128
  102. ^ Ridley(2004) pp.605-606
  103. ^ ステルレルニー(2004) p.98
  104. ^ Ridley(2004) pp.600-601
  105. ^ ドーキンス(2004a) p.402
  106. ^ 長谷川・長谷川(2000) pp.36-37
  107. ^ ドーキンス(2004a) p.46
  108. ^ 長谷川・長谷川(2000) pp.39-40
  109. ^ 長谷川・長谷川(2000) p.38
  110. ^ ステルレルニー(2004) pp.140-143
  111. ^ ドーキンス(2004b)
  112. ^ グールド(1984)
  113. ^ 松永(2009) pp.51-52
  114. ^ a b 長谷川・長谷川(2000) pp.40-43
  115. ^ a b ドーキンス(2006) pp.159-160
  116. ^ 渡辺(2010) p.68
  117. ^ a b 『進化経済学ハンドブック』「概説」1.「経済における進化」
  118. ^ 海部・吉岡(2011)
  119. ^ Ziman(2000), I. Evolutionary thinking






進化と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「進化」の関連用語

進化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



進化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの進化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS