赤川次郎とは? わかりやすく解説

赤川次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/30 03:57 UTC 版)

赤川 次郎(あかがわ じろう、本名同じ[1][2]1948年2月29日[1] - )は、日本小説家福岡県福岡市博多区出身[3]血液型はA型[4]桐朋高等学校卒業[1]。父は元満洲映画協会東映プロデューサーの赤川孝一[2]


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 赤川次郎(インタビュアー:松田秀彦)「日曜日のヒーロー 第225回 赤川次郎さん 400冊突破 明るく楽しくミステリー」『日刊スポーツ』、2000年7月30日。 オリジナルの2001年12月6日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20011206142036/http://www.nikkansports.com/news/entert/entert-etc3/2000/sun000730.html2010年5月1日閲覧 
  2. ^ a b c d e f g h i j k 赤川次郎(インタビュアー:江畑康二郎)「【BOOKセレクト】赤川次郎著「幽霊審査員」」『スポーツ報知』、2015年6月12日。 オリジナルの2016年1月24日時点におけるアーカイブhttps://archive.is/DLLx62017年9月19日閲覧 
  3. ^ 赤川次郎のプロフィール、出演情報、スケジュール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2017年9月19日閲覧。
  4. ^ 天使と歌う吸血鬼 |集英社 オレンジ文庫
  5. ^ a b 赤川次郎(インタビュー)「気になるあの人の読書生活 第14回 赤川次郎さん」『楽天kobohttp://kobo.rakuten.co.jp/interview/201402-akagawa/2015年3月5日閲覧 
  6. ^ 『三毛猫ホームズの青春ノート』、36頁。 
  7. ^ a b c 赤川次郎(インタビュアー:川村律文)「赤川次郎「三毛猫ホームズ」…人の心を易しく軽妙に50作」『YOMIURI ONLINE』。 オリジナルの2015年8月30日時点におけるアーカイブhttps://archive.is/20150830150123/http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20150727-OYT8T50114.html2016年1月24日閲覧 
  8. ^ a b 赤川次郎(インタビュアー:佐藤宏子)「知遊の人 赤川次郎(作家)」『知遊』、2008年。 オリジナルの2009年3月30日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20090330054706/http://www.chiyuu.com/chiyuu/vol_11.html2017年9月19日閲覧 
  9. ^ 累計発行部数は3億3000万部超え 赤川次郎の「アイデアの源」”. 日経クロストレンド (2019年12月23日). 2023年10月20日閲覧。
  10. ^ 重松清 (2014). “赤川次郎 物語の中の少年”. この人たちについての14万字ちょっと. 扶桑社. ISBN 978-4594071592 
  11. ^ 「橋下氏、価値観押しつけるな」2012年4月12日付け『声』
  12. ^ 橋下市長に「価値観押しつけるな」 赤川次郎氏が朝日「声」欄で批判”. J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2012年4月12日). 2016年1月24日閲覧。
  13. ^ 「五輪中止 それしか道はない」、2021年6月6日
  14. ^ 吉川英治文学賞、赤川次郎さんの「東京零年」に」『毎日新聞』、2016年3月3日。2016年4月17日閲覧。オリジナルの2016年4月17日時点におけるアーカイブ。
  15. ^ a b 赤川次郎、原作を手がける舞台を観劇「観るたびに進化している」”. ORICON STYLE (2008年8月20日). 2015年3月5日閲覧。


「赤川次郎」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「赤川次郎」の関連用語

赤川次郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



赤川次郎のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤川次郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS