睡眠とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > > 睡眠の意味・解説 

睡眠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/02 17:43 UTC 版)

睡眠(すいみん、: somnus: sommeil: sleep)とは、眠ること、すなわち、周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態のことである[1]ねむりとも言う[1]の動きが止まり、外的刺激に対する反応が低下して意識も失われているが、簡単に目覚める状態のことをこう呼んでいる[2]ヒトは通常は昼間に活動し、夜間に睡眠をとる[3]。動物では夜間に活動し、昼間に睡眠をとるものも多い[3]夜行性)。




  1. ^ a b デジタル大辞泉
  2. ^ 広辞苑』第五版
  3. ^ a b c d ブリタニカ百科事典』「睡眠」
  4. ^ 睡眠の基礎知識 日本大学医学部附属板橋病院睡眠センター(2021年5月16日閲覧)
  5. ^ a b c d e ハリソン内科学』(4版) メディカルサイエンスインターナショナル、2013年3月26日、Chapt.27。ISBN 978-4895927345 
  6. ^ a b 井上 雄一、林 光緒 編集『睡眠の科学 - そのメカニズムと対応 -』(朝倉書店 2011年1月25日発行 ISBN 978-4-254-30103-8)p.36
  7. ^ 2. 人は眠らないとどうなりますか?
  8. ^ 澤田誠 全学教育科目 理系教養 自然環境と人間 第1シリーズ 脳 6話 2010年11月11日の講義資料のひとつ
  9. ^ a b c d e 田中冨久子『女の老い・男の老い:性差医学の視点から探る』(<NHKブックス> NHK出版 2011年、ISBN 9784140911778)pp.62-65.
  10. ^ 「細胞内のカルシウムが脳を眠らせる - 東大など、睡眠を制御する遺伝子特定」マイナビニュース(2016年3月18日配信)2021年5月16日閲覧
  11. ^ Tatsuki et al. (April 2016). “Involvement of Ca(2+)-Dependent Hyperpolarization in Sleep Duration in Mammals”. Neuron 90 (1): 70–85. doi:10.1016/j.neuron.2016.02.032. ISSN 1097-4199. PMID 26996081. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26996081. 
  12. ^ Tatsuki et al. (May 2017). “Ca2+-dependent hyperpolarization hypothesis for mammalian sleep”. Neuroscience Research 118: 48–5. doi:10.1016/j.neures.2017.03.012. ISSN 1872-8111. PMID 28433628. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28433628. 
  13. ^ Ode et al. (June 2017). “Fast and slow Ca2+-dependent hyperpolarization mechanisms connect membrane potential and sleep homeostasis”. Current pinion in Neurobiology 44: 212–221. doi:10.1016/j.conb.2017.05.007. ISSN 1873-6882. PMID 28575719. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28575719. 
  14. ^ Shi and Ueda (January 2018). “Ca2+ -Dependent Hyperpolarization Pathways in Sleep Homeostasis and Mental Disorders”. BioEssays: News and Reviews in olecular, Cellular and Developmental Biology 40 (1). doi:10.1002/bies.201700105. ISSN 1521-1878. PMID 29205420. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29205420. 
  15. ^ Ode and Ueda (October 2020). “Phosphorylation Hypothesis of Sleep”. Front Psychol. 2020 Oct 2;11:575328. doi:10.3389/fpsyg.2020.575328. PMID 33123055. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/33123055. 
  16. ^ 眠気の正体は脳内タンパク 筑波大チームが発表”. 共同通信 (2018年6月14日). 2018年6月26日閲覧。][リンク切れ]
  17. ^ 眠気の“正体”は脳内タンパク 筑波大チームが発表” (2018年6月26日). 2018年6月26日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h i Hirshkowitz, Max ; Whiton, Kaitlyn et al. (14 January 2015). “National Sleep Foundation’s sleep time duration recommendations: methodology and results summary”. Sleep Health: Journal of the National Sleep Foundation (Elsevier Inc). doi:10.1016/j.sleh.2014.12.010. http://www.sleephealthjournal.org/article/S2352-7218(15)00015-7/fulltext 2015年2月4日閲覧。. 
  19. ^ Backgrounder: Later School Start Times”. National Sleep Foundation (n.d.). 2009年10月2日閲覧。 “Teens are among those least likely to get enough sleep; while they need on average 914 時間 of sleep per night...”
  20. ^ How Much Sleep Is Enough?”. National Heart, Lung and Blood Institute. 2015年7月25日閲覧。
  21. ^ Daniel F. Kripke; Robert D. Langer; Jeffrey A. Elliott; Melville R. Klauber; Katharine M. Rex (2010). “Mortality related to actigraphic long and short sleep”. Sleep Medicine 12 (1): 28-33. doi:10.1016/j.sleep.2010.04.016. 
  22. ^ 玉腰暁子「睡眠時間と死亡との関係」[リンク切れ]
  23. ^ 「死亡率低い7時間睡眠 日本人11万人の調査結果」[リンク切れ]47NEWS
  24. ^ MD, Robert H. Shmerling (2020年1月29日). “Are you getting enough sleep… or too much? Sleep and stroke risk” (英語). Harvard Health Blog. 2020年11月10日閲覧。
  25. ^ Publishing, Harvard Health. “Sleeping too much or not enough may raise the risk of cognitive decline”. Harvard Health. 2021年1月21日閲覧。
  26. ^ 11 Surprising Health Benefits of Sleep” (英語). Health.com. 2020年11月10日閲覧。
  27. ^ Mah, Cheri D.; Mah, Kenneth E.; Kezirian, Eric J.; Dement, William C. (2011-07-01). “The Effects of Sleep Extension on the Athletic Performance of Collegiate Basketball Players”. Sleep 34 (7): 943–950. doi:10.5665/SLEEP.1132. ISSN 0161-8105. PMC: 3119836. PMID 21731144. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3119836/. 
  28. ^ Understanding Sleep: Sleep Needs, Cycles, and Stages”. Helpguide.org (2007年). 2008年1月25日閲覧。
  29. ^ Meyer, Matthew (2012). The slumbering masses : sleep, medicine, and modern American life. Minneapolis: University of Minnesota Press. ISBN 0-8166-7474-4. OCLC 788275263 
  30. ^ ロジャー・イーカーチ著『失われた夜の歴史』インターシフト発行、合同出版発売
  31. ^ a b 「豊かな眠りを求めて」『日本経済新聞』朝刊2021年5月9日9-11面
  32. ^ Taheri S, Lin L, Austin D, Young T, Mignot E (December 2004). “Short sleep duration is associated with reduced leptin, elevated ghrelin, and increased body mass index”. PLoS Med. 1 (3): e62. doi:10.1371/journal.pmed.0010062. PMC: 535701. PMID 15602591. http://dx.plos.org/10.1371/journal.pmed.0010062. 
  33. ^ 睡眠と生活習慣病との深い関係”. 2015年11月23日閲覧。
  34. ^ 睡眠不足が引き起こす病気・リスクは何ですか?”. 2015年11月23日閲覧。
  35. ^ ポー・ブロンソン(Bronson,Po)およびアシュリー・メリーマン(Merryman,Ashley)著 、小松淳子訳『間違いだらけの子育て―子育ての常識を変える10の最新ルール』インターシフト社、2011年6月、原題 Nurture Shock、ISBN 978-4-7726-9523-7
  36. ^ デジタル大辞泉「熟睡」
  37. ^ 睡眠用語辞典田辺三菱製薬)「深睡眠」「徐波睡眠」
  38. ^ 2005年5月3日付『神奈川新聞』11面※記事名不明
  39. ^ “明るい寝室、眠りの質低下でうつのリスク”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年8月21日). http://www.asahi.com/articles/ASK8P52PRK8PUBQU00K.html 2017年8月22日閲覧。 
  40. ^ 生涯眠らなかった男(2011年10月13日時点のアーカイブ
  41. ^ 「33年間、眠らない男 ベトナム」X51.ORG
  42. ^ “Hasn't Slept in 10 years”. New York Times. (1904年2月29日). https://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=F2061EF9355E12738DDDA00A94DA405B848CF1D3 2017年5月23日閲覧。 
  43. ^ “Man Who Said He Never Slept Dies at 94; New Jersey Doctors Are Skeptical of Claim”. New York Times. (1947年1月4日). https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F60C1EFC3F5A107A93C6A9178AD85F438485F9&scp=1&sq=alfred%20herpin&st=cse 2017年5月23日閲覧。 
  44. ^ Society at a Glance 2009, OECD, (2009), doi:10.1787/19991290, ISBN 9789264056879 
  45. ^ NHK放送文化研究所世論調査部『2000年国民生活時間調査報告書』
  46. ^ In the City That We Love - The Jawbone Blog
  47. ^ 昼寝 アルツハイマー病 予防 国立精神・神経センター武蔵病院
  48. ^ 『疲れないカラダの作り方』ゴマブックス
  49. ^ Sleeping for more than 40 minutes during the day 'increases the risk of heart disease'”. 2016年3月26日閲覧。
  50. ^ a b c d 眠気の正体 日経ナショナルジオグラフィック(2016年10月4日)2021年5月16日閲覧
  51. ^ a b 不眠バイオマーカーの探索(研究課題番号:20406006)同pdf版 KAKEN(2021年5月16日閲覧)
  52. ^ The people who need very little sleep BBC 2015年
  53. ^ a b Stra13/DEC1 and DEC2 inhibit sterol regulatory element binding protein-1c in a hypoxia-inducible factor-dependent mechanism. Nucleic Acids Research Choi SM, Cho HJ, Cho H, Kim KH, Kim JB, Park H. 2008年
  54. ^ Effects of Vitamin B6 (Pyridoxine) and a B Complex Preparation on Dreaming and Sleep Perceptual and Motor Skills Denholm J. Aspy, Natasha A. Madden, Paul Delfabbro, et al. 2018年4月17日
  55. ^ 「夢を思い出すにはビタミンB6が有効だった:研究結果」 Wired(2018年5月21日)2021年5月16日閲覧
  56. ^ Zhiqiang Wang, et al. :Quantitative phosphoproteomic analysis of the molecular substrates of sleep needNature』2018年6月13日
  57. ^ アルツハイマー病を予防できる可能性 - カマンベールチーズに原因物質の沈着を抑える成分を発見 -東京大学大学院(2015年3月12日)2021年5月16日閲覧
  58. ^ Weljie, Aalim M.; Meerlo, Peter; Goel, Namni; Sengupta, Arjun; Kayser, Matthew S.; Abel, Ted; Birnbaum, Morris J.; Dinges, David F. et al. (2015). “Oxalic acid and diacylglycerol 36:3 are cross-species markers of sleep debt”. Proceedings of the National Academy of Sciences 112 (8): 2569–2574. doi:10.1073/pnas.1417432112. ISSN 0027-8424. 
  59. ^ Sleep, Learning, and Memory | Healthy Sleep”. healthysleep.med.harvard.edu. 2020年9月10日閲覧。
  60. ^ 11 Surprising Health Benefits of Sleep” (英語). Health.com. 2020年9月10日閲覧。
  61. ^ a b 池田不二男「古代中国人の夢に関する思惟(第 4, 5 回研究大会報告要旨 : アジア・アフリカ・アメリカ)日本民族学会 1967年 31巻 4号 p.292-293, doi:10.14890/minkennewseries.31.4_292
  62. ^ 立木鷹志『夢と眠りの博物誌』
  63. ^ この諺が成立したのは栄養失調、病気、寄生虫その他による乳幼児死亡率が高かった時代で、そういった場合、死ぬ可能性の高い乳児は寝ずに泣き続けるケースが多いことから来ているため、この場合の「育つ」とは単なる成長の著しさではなく「死なずに無事生きる」事を指している。
  64. ^ 眠りのメカニズム 厚生労働省 e-ヘルスネット(2021年5月16日閲覧)
  65. ^ ※記事名不明[リンク切れ]長崎県
  66. ^ Kazuhiko Kume, Shoen Kume, Sang Ki Park, Jay Hirsh and F. Rob Jackson,“Dopamine is a regulator of arousal in the fruit fly,” Journal of Neuroscience, 25, 2005, pp.7377-7384. [1]






睡眠と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「睡眠」の関連用語

睡眠のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



睡眠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの睡眠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS