珪肺 予防

珪肺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/02 16:32 UTC 版)

予防

珪肺の最善の予防法は、吸入性結晶シリカ粉塵が発生する業務を特定し、粉塵の除去や管理を行うことである(一次予防)。粉塵発生の多い場所では撒水かしばしば活用される。乾式エアフィルターによる粉塵管理も有効である。

インド・ラクナウでの工場作業員の体験をもとにラットで実験を行ったところ、インドに古くから伝わるジャガリー(ジャグリー、jaggery)という砂糖に、粉塵や煤煙による肺疾患を予防する可能性のあることがわかった[11]

治療

珪肺は不可逆的に進行する疾患であり、完治のための治療法はない[9]。現時点では、治療は症状の緩和と合併症の予防に重点を置く。

  • いま以上のシリカ曝露を止め、喫煙など肺を刺激する行為もやめる。
  • 鎮咳去痰薬
  • 肺への細菌感染予防として抗生物質
  • ツベルクリン検査陽性、IGRA検査陽性の者には結核の予防処置。
  • 結核発症者には長期間の抗結核療法(多剤投与)。
  • 気管支の粘液排出を促す胸部理学療法
  • 低酸素症の患者には治療のため酸素投与。
  • 呼吸促進のため気管支拡張剤。
  • 損傷した肺繊維に代えて肺移植を行うことはもっとも効果的な治療法だが、同時に重度のリスクもともなう。
  • 急性珪肺患者では、肺の全洗浄(気管支肺胞洗浄 Bronchoalveolar lavage 参照)で症状が緩和することがあるが、全死亡率低下にはつながらない。

以下のような実験的治療も行われている。

疫学

職業性珪肺

珪肺は世界でもっとも広くみられる職業性肺疾患であり、世界各地で発生しているが、特に途上国に多い[13]。中国では、1991年から1995年まで、珪肺により毎年2万4000人以上が死亡したと報告されている[5]。米国では、100万から200万人の労働者が結晶シリカ粉塵への職業性曝露を受けており[14]、うち5万9000人が生涯のいずれかの時点で珪肺を発症するものと推定されている[5]

米国疾病予防管理センター(CDC)のデータによると[15]、米国における珪肺は比較的まれである。珪肺による死亡は1968年から1999年の間に84%減少し、1999年には珪肺を直接・間接の死因とする死者は187名のみであった[16]。なお、ミシガン州ニュージャージー州オハイオ州における珪肺の症例には産業・職業と強い相関がみられる[17]

珪肺は数百年前から知られた疾患であるが、鉱業の機械化により、空気削岩機による鉱山の削岩や、多くはなかったものの発破による採鉱なども行われ、岩粉の大量発生による珪肺患者の多発につながった。米国では1930年、ウェストバージニア州ゴーリーブリッジ(Gauley Bridge)に近いホークスネストトンネルの工事によって珪肺が蔓延し、少なくとも400名の作業員が死亡した。死者の数は米国南部出身のアフリカ系臨時作業員を中心にゆうに1000名を超えるとする文献もある[18]が、発症した作業員は解雇され現地を離れたため、正確な死亡数の把握は困難である[19]。このホークス・ネストトンネル災害は米国最大の産業災害として知られ[20]、このときの珪肺蔓延がきっかけで、できるかぎり粉塵吸入を避けようと、いわゆる「鉱夫ひげ」を生やす者も現れた。

大麻常用者ではシリカに汚染された大麻の吸引によって珪肺を発病するとする説もある[21][22]が、この説を支持する科学的データはない。

土壌中のシリカ含有量が高く、砂塵嵐の多い地域では、シリカへの環境曝露による慢性単純性珪肺の発生が報告されている[23]

乾式法による採掘の結果、粉塵発生とそれによる珪肺発症により廃墟と化した場所にネバダ州デラマー(Delamar)の採掘場がある。珪肺で多数の死者を出したデラマーは「後家生み町(The Widowmaker)」とも呼ばれた。作業環境は、ドリルにノズルをとりつけ、採鉱時にノズルから霧状の水を出し、作業時に発生する粉塵を泥状にすることである程度の改善をみたが、同時に採鉱作業の非能率化にもつながった。

珪肺は、鉱業、サンドブラスト、採石、セラミックス鋳造、研磨、石材加工、耐火レンガ焼成、墓石業、窯業など、シリカ粉塵への業務曝露が起こりうる職業の労働者にとっては労働災害である。結晶シリカ粉塵への一時的ないし短時間の曝露では臨床的に有意な肺疾患は生じないとされている[24]

粉塵マスクなどの予防策により西洋諸国での珪肺死亡率は一定の減少をみた。途上国では労働条件が悪く、マスク等の装備もほとんど用いられていない。一例として、ボリビアポトシにおける銀山鉱夫の平均寿命は、珪肺のため40歳前後にとどまっている。

近年、トルコにおけるデニムのサンドブラスト加工所で、常態化した劣悪な労働環境から珪肺が発生し、デニムのサンドブラスト加工も新たに珪肺の原因と認められた[25]

珪肺は、クリストバライトを含むカリフォルニア州の土壌から出た粉塵を吸入したウマにもみられる。

社会リアリズム画家のノエル・クーニハン(Noel Counihan)は連作『鉱夫』(1947年、リノリウム版画)で、1940年代にオーストラリアの鉱山で働き珪肺にかかって死んでゆく労働者を描いた。

砂漠肺疾患

砂漠地帯では砂塵への長期曝露により非職業性の珪肺が発生するとされ、サハラ砂漠リビア砂漠ネゲヴでの症例が報告されている[26]。この種の珪肺は砂塵の肺への沈着によって起きる[27]湾岸戦争後に初めて診断された疾患にアル・アスカン病(Al Eskan disease)があり、微生物抗原を含んだ砂塵への曝露によって発症すると考えられているが、砂漠肺疾患はこのアル・アスカン病と関連している可能性がある[28]。シリカ粒子およびシリカ粒子に媒介された微生物が、こうした健康被害にどの程度影響しているかは不明である[29]




  1. ^ Rosen G: The History of Miners' Diseases: A Medical and Social Interpretation. New York, Schuman, 1943, pp.459-476.
  2. ^ a b Craighead JE et al. National Institute for Occupational Safety and Health. Diseases Associated with Exposure to Silica and Nonfibrous Silicate Minerals. Arch Pathol Lab Med 1988;112:673-720.
  3. ^ NIOSH Hazard Review. Health Effects of Occupational Exposure to Respirable Crystalline Silica. DHHS 2002-129. pp. 23.
  4. ^ Weisman DN and Banks DE. Silicosis. In: Interstitial Lung Disease. 4th ed. London: BC Decker Inc. 2003, pp391.
  5. ^ a b c Silicosis Fact Sheet”. World Health Organization (2000年5月). 2007年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月29日閲覧。
  6. ^ Cowie RL. The Epidemiology of Tuberculosis in Gold Miners with Silicosis. Am J Resp Crit Care Med, 1994;150:1460-1462.
  7. ^ Pelucchi C, Pira E, Piolatto G, et al. Occupational Silica Exposure and Lung Cancer Risk: a Review of Epidemiological Studies 1996-2005. Annals Onc 2006;17:1039-1050.
  8. ^ Cassel SL, Eisenbarth SC, Iyer SS, et al. (2008年6月). “The Nalp3 inflammasome is essential for the development of silicosis”. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 105 (26): 9035. doi:10.1073/pnas.0803933105. PMC 2449360. PMID 18577586. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2449360/. 
  9. ^ a b Wagner, GR (1997年5月). “Asbestosis and silicosis”. Lancet 349 (9061): 1311–1315. doi:10.1016/S0140-6736(96)07336-9. PMID 9142077. 
  10. ^ Crystalline Silica Primer, US Dept of the Interior and US Bureau of Mines, 1992.
  11. ^ Sahu, Anand P.; Saxena, Ashok K. (1994年10月). “Enhanced Translocation of Particles from Lungs by Jaggery”. Environmental Health Perspectives (Environmental Health Perspectives, Vol. 102) 102 (S5): 211–214. doi:10.2307/3432088. JSTOR 3432088. PMC 1567304. PMID 7882934. http://www.ehponline.org/members/1994/Suppl-5/sahu-full.html 2007年5月20日閲覧。. 
  12. ^ Chao, D.H. ; Ma, J.Y.C. ; Malanga, C.J. ; Banks, D.E. ; Hubbs, A.F. ; Rojanasakul, Y. ; Castranova, V. ; Ma, J.K.H (1996年7月). Multiple emulsion-mediated enhancement of the therapeutic effect of tetrandine against silicosis. West Virginia University School of Pharmacy. http://www.osti.gov/energycitations/product.biblio.jsp?osti_id=463739. "Previously it was shown that the action of tetrandrine is attributed to its ability to inhibit the release of reactive oxygen metabolites and inflammatory cytokines by alveolar macrophages, and that targeted delivery of tetrandrine to alveolar macrophages using a multiple emulsion system minimizes drug toxicity, maintains the drug's pharmacological activity, and enhances tetrandrine distribution in the lungs while reducing systemic drug distribution. This study provides evidence of emulsion-mediated enhancement of drug action in the lungs against silica-induced lung injury using a rat model.(テトランドリンの作用は肺胞マクロファージからの反応性酸素代謝物質と炎症性サイトカインの放出を抑制する働きによること、複合エマルション系を利用したテトランドリンの標的送達により、薬物毒性の最小限化、薬理作用の維持、肺への薬物分布の促進と全身への薬物分布の低減が得られることが以前より示されている。この研究では、ラットを被験動物に用い、シリカが引き起こした肺損傷に対し、エマルションが介在することでテトランドリンの肺での薬理作用が増強する証拠を提示する。)" 
  13. ^ Steenland K, Goldsmith DF (1995年11月). Silica exposure and autoimmune diseases. National Institute for Occupational Safety and Health, Cincinnati, OH 45226, USA. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&list_uids=8561170&dopt=Citation 2007年5月29日閲覧。. 
  14. ^ Safety and Health Topics Silica, Crystalline”. Occupational Safety and Health Administration (2007年3月). 2007年5月29日閲覧。
  15. ^ Worker Health Chartbook 2004 - Fatal and Nonfatal Injuries, and Selected Illnesses - Respiratory Diseases - Pneumoconioses - Silicosis - NIOSH
  16. ^ Worker Health Chartbook 2004 - Fig2-192
  17. ^ Worker Health Chartbook 2004 - Fig2-190
  18. ^ "The Hawks Nest Tunnel," Patricia Spangler, 2008
  19. ^ http://www.fayettetribune.com/local/local_story_093161850.html
  20. ^ “The Hawk’s Nest Incident: America’s Worst Industrial Disaster," Dr. Martin Cherniack 1986
  21. ^ Europe Flooded with Contaminated Cannabis
  22. ^ Cannabis contamination in the UK
  23. ^ Norboo T, Angchuk P, et al. Silicosis in a Himalayan Village Population: Role of Environmental Dust. Thorax 1991;46:341-343.
  24. ^ Beckett W, Abraham J, Becklake M, et al. American Thoracic Society Official Statement. Adverse Effects of Crystalline Silica Exposure. Am J Resp Crit Care Med, 1997;155:761-765.
  25. ^ Denim sandblasters contract fatal silicosis in illegal workshops
  26. ^ Hawass ND (1987年9月). “An association between 'desert lung' and cataract--a new syndrome”. Br J Ophthalmol 71 (9): 694–7. doi:10.1136/bjo.71.9.694. PMC 1041277. PMID 3663563. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1041277/. 
  27. ^ Nouh MS (1989年). “Is the desert lung syndrome (nonoccupational dust pneumoconiosis) a variant of pulmonary alveolar microlithiasis? Report of 4 cases with review of the literature”. Respiration 55 (2): 122–6. PMID 2549601. 
  28. ^ Korényi-Both AL, Korényi-Both AL, Molnár AC, Fidelus-Gort R (1992年9月). “Al Eskan disease: Desert Storm pneumonitis”. Mil Med 157 (9): 452–62. PMID 1333577. 
  29. ^ Griffin DW (2007年7月). “Atmospheric movement of microorganisms in clouds of desert dust and implications for human health”. Clin. Microbiol. Rev. 20 (3): 459–77, table of contents. doi:10.1128/CMR.00039-06. PMC 1932751. PMID 17630335. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1932751/. 
  30. ^ Oxford English Dictionary online, Oxford University Press, "Second Edition 1989"の定義より引用。"Draft revision Sept. 2006"の定義では"a word invented (prob. by Everett M. Smith (born 1894), president of the National Puzzlers' League in 1935) in imitation of polysyllabic medical terms, alleged to mean 'a lung disease caused by the inhalation of very fine sand and ash dust' but occurring only as an instance of a very long word."((おそらく、1935年に米国パズル連盟(National Puzzlers' League)会長だったエヴェレット・M・スミス(1894年生)によって)長大な医学用語をまねて作られた、「非常に微細な砂塵や灰塵の吸入によって生じる肺の疾患」を意味するとされる語)とある。2007年10月8日閲覧
  31. ^ "Pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis: Definitions from dictionary.com". Dictionary.com. 2007年10月9日閲覧
  32. ^ 森山欽司 ─反骨のヒューマニスト─ 第一章 (PDF)”. 2013年8月17日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「珪肺」の関連用語

珪肺のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



珪肺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの珪肺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS