猫の恩返し テレビ放送

猫の恩返し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/11 03:48 UTC 版)

テレビ放送

回数 放送日 視聴率 備考
1 2005年08月26日 17.5%
2 2008年07月04日 12.2%
3 2010年10月22日 11.6%
4 2013年07月19日 15.3%
5 2016年11月18日 12.4% エンディングは途中カット[5]
6 2018年08月24日 12.2% エンディングは途中カット[6]

当作品の放送を行う際、上映時間が75分と短く、1時間55分の映画番組では放送時間が大幅に余るため、CMの本数を増やしたり、作品の放映終了後に最新映画情報などを長めに扱い時間の埋め合わせを行うのが常である。2016年11月18日放送の回では劇場公開時に同時上映だった『ギブリーズ episode2』を一緒に放送する2部構成[7] とすることで時間の穴埋めが図られた。なお、テレビで『ギブリーズ episode2』が放送されたのはこの時が初めて。なお、ジブリ作品ではエンドロールも含めてノーカットで放送されるのが原則となっており、当作も例外ではなく、初回から4回目まではノーカットで放送していたが、この回の放送では例外的にエンドロールがカットされた。また、2018年8月24日放送の回では翌日放送の「24時間テレビ41「愛は地球を救う」」にあわせてマラソンランナー等の出演者が思い出のジブリ作品を語るコーナーが放送されたため、前回に続いてエンディングが途中カットとなった。

関連商品

作品本編に関するもの

映像ソフト
出版
  • りぼんマスコットコミックス 耳をすませば 幸せな時間(1996年2月20日)ISBN 4-08-853841-2
  • アニメージュ コミックス スペシャル バロン 猫の男爵(2002年5月20日)ISBN 4-19-770088-1
  • 路地の向こうは猫の国 猫の恩返し&ギブリーズ 徹底ガイド(2002年7月20日)ISBN 4-04-853527-7
  • ロングテイル オブ バロン 絵本とムックで紡ぐ猫の男爵のもうひとつの物語(2002年7月20日)ISBN 4-906069-35-5
  • ジブリの猫たち(2002年8月2日)ISBN 4-7966-2822-3
  • 猫の恩返しガイドブック―スタジオジブリとファンタジーの世界 (TOKUMA LADY’S MOOK)(2002年8月25日)ISBN 4-19-700022-7
  • 猫が教えてくれたこと 「猫の恩返し」応援団編(2002年8月31日)ISBN 4-19-861562-4
  • 猫の恩返し(徳間アニメ絵本)(2002年8月31日)ISBN 4-19-861570-5
  • 猫の恩返し―フィルムコミック(1)(2002年9月1日)ISBN 4-19-770089-X
  • 猫の恩返し―フィルムコミック(2)(2002年9月10日)ISBN 4-19-770092-X
  • 猫の恩返し―フィルムコミック(3)(2002年10月1日)ISBN 4-19-770094-6
  • 猫の恩返し―フィルムコミック(4)(2002年10月1日)ISBN 4-19-770095-4
  • The art of the cat returns―猫の恩返し(2002年9月10日)ISBN 4-19-810008-X
  • 猫の恩返し(ロマンアルバム)(2002年9月10日)ISBN 4-19-720213-X
  • 猫の恩返し(ジス・イズ・アニメーション)(2002年9月20日)ISBN 4-09-101567-0
  • バロン・猫の男爵 (フェアベルコミックス)(2006年12月7日)ISBN 4-86245-020-2
音楽

備考

  • 原作漫画では普通の猫は「ゆ」と発音できないことになっており、その旨が作中でムタによって解説されている。これは猫の国の王である猫王も例外ではない。バロン・ムタ・ユキなど、特別な経緯を持つ猫のみが発音できることになっている。
    • 映画では上記の設定は採用されておらず、ルーンやナトルも「ゆ」と発音している。
  • 映画の劇中で、バロンがムタに「ハルとは何処で逢ったんだ?」と訊き、ムタが「十字街さ」と答えるシーンがある。物語の舞台そのものは神奈川県横浜市であるが、作者である柊あおいが居住している北海道函館市には「十字街停留場」と呼ばれる函館市企業局交通部(函館市電)の停留場があり、周辺は商店街になっている。劇中での位置関係に置き換えると、みなとみらい線元町・中華街駅[8]JR石川町駅を最寄駅とする元町商店街周辺と考えられるが、「十字街」の名称を使用したのは函館に居住する作者の遊び心によるものである。



注釈

  1. ^ 2002年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ バロン 猫の男爵 - スタジオジブリ
  3. ^ 2002年度興行成績ランキング” (日本語). 楽天 (2013年6月11日). 2013年7月13日閲覧。
  4. ^ 110万冊無料配布。“ゲドを読む。”の狙いを読む 宮崎吾朗監督作品「ゲド戦記」DVDのユニークなプロモーション、日経ビジネスオンライン、2007年5月21日。
  5. ^ ギブリーズ episode2』の追放送に伴う措置
  6. ^ 24時間テレビ「愛は地球を救う」』の出演者による特設コーナー敷設に伴う措置
  7. ^ 1日の放送で2作放送するのは長い金曜ロードショーの歴史の中でも極めて稀であり、2011年7月15日に『海がきこえる』と『ゲド戦記』の2作が同日に放送されて以来、5年4ヶ月ぶりのことである。
  8. ^ 路線および駅の開業は2004年2月1日なので、原作発表時および映画公開時にはみなとみらい線 元町・中華街駅まだ存在していない。
  1. ^ 監督曰く「若々しい感じを出したかった」とのこと。もっとも、制作時点で既に露口は芸能活動を休業している状態だった。
  2. ^ 原作漫画では自宅の表札に「晴」と漢字で表記されている。ただし、漢字表記は表札だけであり、表札以外は原作でも全てカタカナ表記である。
  3. ^ ひろみいわく、一年で美人とのこと。
  4. ^ 原作では猫になった際に、猫の国のメイドに「そこだけ長いと変」と髪をショートカットに切られてしまう。
  5. ^ 杖と体術で2匹の兵士を倒したり、猫王との一騎討ちで勝つなど。
  6. ^ 劇中でハルはそれを「すごく美味しい」と評しており、その際には「君はツイてる」と返している。
  7. ^ だが、それが仇となってマタタビゼリーに入って身動きが取れなくなった。
  8. ^ ムタ曰く「鳥目野郎」「靴墨野郎」。
  9. ^ 原作では、車道の真ん中でぼーっと佇んでいて、事故にあいそうになっていた。「後日お礼を」と言ったのに、助けてくれた人物(ハル)の名前を聞き損ねていた(ユキに怒られる)。その上原作ラストで、「あらためて恩返しに伺いました」とハルの家に訪ねていき、ハルをずっこけさせた。
  10. ^ この設定は原作には無い。なお、ルーンが人間界で買ってきたのは烏賊で出来たコップ。
  11. ^ 原作漫画・映画ともに夫が居ない理由は明かされていない。


「猫の恩返し」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「猫の恩返し」の関連用語

猫の恩返しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



猫の恩返しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの猫の恩返し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS