東北楽天ゴールデンイーグルス 試合中継放送

東北楽天ゴールデンイーグルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/01 20:32 UTC 版)

試合中継放送

楽天では初代球団オーナー・三木谷の方針により収益を安定させるため、基本的に中継映像の制作部分までに関する権利を球団側で留保していた。2008年からは制作著作の権利までを球団側が所持。

従来型の放送局での中継には一定の制約がある。この手法は、北海道に移転した日本ハムの例に倣ったものとされる。

インターネットテレビ

利用可能なサービス(2020年現在)

  • パ・リーグTV(前身となるヤフー動画への導入は2007年から)
  • Rakuten TV(旧楽天SHOWTIME・2014年から)
    • マルチデバイス対応の動画配信サービス。公式戦ホームゲーム全試合中継。かつては楽天会員でなくても無料視聴可能だった。現在は「Rakuten パ・リーグSpecial」として有料配信している。
  • DAZN
  • パ・リーグLIVE
  • At Eagles
    • AndroidとiOSスマートフォンアプリ。ホームゲームのライブ中継(現在はファーム戦のみ)、コミュニティFM局「Rakuten.FM TOHOKU」のネット配信、球団の最新情報等のコンテンツを配信。

過去のサービス

  • 楽天イーグルスTV(2006 - 2007年)
    • 宮城球場で行われるホームゲーム全69試合を動画生中継した。2005年は人数限定の有料放送。
  • ニコニコ動画(2009 - 2017年)
    • 2009年8月11日に「楽天イーグルスチャンネル」を開設。プロ野球シーズン中は主催試合のハイライト・試合後の監督の会見・勝利試合のヒーローインタビュー、オフシーズンには新入団選手の会見・キャンプのハイライトなどの動画を無料で随時公開している。
    • プロ野球シーズン中には、上記の動画の公開に加えて、ニコニコ生放送内の特設ページで主催試合の放送権を有するCS放送局制作の公式戦中継映像・実況のインターネット向け同時配信を実施(日本国内限定・クライマックスシリーズへ進出した場合には宮城球場での開催試合も対象に追加)。2009年には、クライマックスシリーズを含めたホーム・ビジター18試合で、sky・A sports+制作の中継を同時に配信した。CSにおける主催試合の放送権がJ SPORTS(2012年・2015年 - )→ 日テレプラス(2013年-2014年)へ移行しても同時配信を継続。2013年には、(クリネックススタジアム宮城以外の開催分を含む)主催公式戦全72試合に加えて、クライマックスシリーズ・ファイナルステージ全試合の中継も配信した。
    • ニコニコ生放送では月額制の「プレミアム会員」を優先する視聴基準を設けているため、無料の「一般会員」として前述の中継を視聴する場合には、配信中でも視聴ユーザーの総数が収容人数を超えた時点で自動的に視聴できなくなる(いわゆる「生放送からの追い出し」)。さらに、「入場」(配信用ページへのアクセス開始)時間の早い順に会員の視聴権を割り当てているため、入場時間や当該ページへのアクセス状況によっては中継を視聴できないこともある。
  • スポナビライブ
    • ソフトバンクヤフーが運営していたインターネット配信のスポーツ中継見放題サービス。2018年5月をもってサービス終了。

インターネットラジオ

  • 楽天イーグルスラジオ「EAGLESTATION」
    • 2013年9月13日のオリックス戦以降の主催試合(宮城球場開催分)では、Jストリームのライブ配信インフラを活用しながら、「楽天イーグルス実況中継」(球団の自主制作による同球場での主催試合実況中継)をTuneIn Radioで試験的に実施。10月2日にTuneIn Radio内へ「EAGLESTATION」を開設したことを機に、日本で初めて、プロスポーツ球団の自主制作による公式戦の実況中継を本格的に開始した[180]
    • 中継音源の聴取は無料で、スポンサーを付けていないため、イニングの間にはCMを挿入しない。ただし、配信時間は試合開始の直前から終了(楽天が勝利した場合にはヒーローインタビュー)直後までに限定。それ以外の時間帯には「SIGN OFF」扱いで配信を完全に休止するため、ダイジェストを含めて、過去の中継音源をオンデマンド形式で聴取することも不可能である。
    • 2013年の中継では、解説者を配置せず、球団のイベント関係者(中継上の名義は「しゃべれる裏方“いしち”」)が実況と進行を兼務。「EAGLESTATION」の運用開始後は、10月3日のロッテ戦を皮切りに、主催公式戦6試合とクライマックスシリーズ・ファイナルステージの全試合(いずれも同球場開催分)を中継した。なお、公式戦期間中は宮城球場の内野スタンド上段に実況ブースを設けていたが、クライマックスシリーズではグラウンド付近の一塁側内野席へ中継機材を移動。中継日によっては、球団関係者やゴールデンエンジェルスのメンバー(当日の総合MC担当)などをゲストに招くこともあった。
    • 2014年には、公式戦初の主催試合(4月1日のオリックス戦)を皮切りに、コボスタ宮城で主催する公式戦全67試合を中継。前年から続く日本語版に「英語チャンネル(English Channel)」を加えたうえで、日英2か国語による同時配信を実施した。また、日本語版の中継では、実況と進行を兼務するMCが日替わりで出演。前年担当の「いしち」に加えて、平方恭子スカイ・Aでの東北楽天主催試合中継初代リポーター)、地元・仙台を拠点に活動するお笑い集団ティーライズのメンバーなどがMCを務めた[181]。また、ビジターゲームの一部試合の中継を開始。
    • 2015年には、インターネットラジオ配信プラットフォーム「Rakuten.FM」でも配信を開始。
    • 2015年8月8日をもって、「EAGLESTATION」としては終了。日本語版は翌日より、コミュニティFM局「Rakuten.FM TOHOKU」のサイマル放送のネットラジオとしてリニューアルし、試合中継は「EAGLE BASEBALL GAME SHOW」として一番組扱いで継続している。英語チャンネルは、「Rakuten.FM TOHOKU(English)」に改称し引き続き試合中継のみのネットラジオ単独放送として継続。

従来型放送

地上波テレビ:NHK・在仙民放各局がホームゲームを放送。
  • NHKプロ野球NHK仙台放送局
    • 地上波デジタル放送に関しては、サブチャンネルにて試合終了まで放送。東北地方で放送。ただし、楽天球団制作映像優先の方針により、自局での映像制作には一定の制限があり、中継権を持たない試合の資料映像については、原則として楽天野球団制作からの配信を受ける。楽天Koboスタジアム宮城の左翼場外で「スマイルグリコパーク」(試合を観戦できる観覧車などを設置した遊園地)の営業を開始した2016年以降の全国向け中継(主に日曜日のデーゲーム中継)では、観覧車のゴンドラの窓からホーム方向を写した映像の生中継や、スタンドリポート専任のアナウンサーによるパーク・スタンド内からのリポートを随時挿入している。
    • 2009年のクライマックスシリーズ第1ステージ第1戦を放送(BS1でも放送されたが、実況・解説者は異なる)。番組編成は以下の通り
18:00 - 東北地方のデジタル総合2で放送(試合終了まで放送)
18:05 - BS1が飛び乗り(同上)
18:10 - NHK仙台放送局が飛び乗り( - 18:30で一旦飛び降り〈『てれまさむね』・『NHKニュース7』放送のため 19:30に飛び乗り〉)
19:30 - 仙台局以外の東北地方のNHKが飛び乗り( - 20:55で飛び降り〈ローカルニュース・『ニュースウオッチ9』放送のため〉)

全国ネット並びにポストシーズン製作実績

  • 2005年5月の交流試合・巨人戦2試合(TBS製作、TBCアナウンサーは楽天ベンチリポーターのみ)
  • 2009年のクライマックスパ第1ステージ第2戦(自社製作、RKBにもネットされた)
  • 2011年4月のKスタ開幕・オリックス戦(TBCは宮城ローカル、全国中継は横浜×巨人との二元中継でTBSのスタッフで放送された)

TBC製作分…解説:杉山賢人 実況:松尾武 ベンチリポーター:飯野雅人 スタンドリポーター:高以亜希子

TBS製作分…解説:佐々木主浩 ゲスト:松山英樹 実況:林正浩 ベンチリポーター:伊藤隆佑

  • BASEBALL LIVE!(西暦)仙台放送
    • 土曜デーゲームが多いが2005年・2006年・2009年は巨人戦を差し替えていた。解説は斉藤明雄高木豊達川光男田尾安志江本孟紀フジテレビ系列解説者が担当。2010年のオリックス戦では2009年まで楽天打撃コーチを担当した池山隆寛がベンチサイド解説を務めた。実況アナの変貌が目まぐるしく2005年は下田恒幸(現フリー)が3試合、佐藤拓雄が1試合実況を務め、2006年は浅見博幸が2試合を実況。金澤聡がリポーターを務めた後2007年から実況、板垣龍佑(現テレビ東京)がリポーターを務めた後2009年からは広瀬修一が担当。2006年の実況を務めた浅見がインタビュアーとして同局中継3年ぶりの登場を果たした(中継終了後にインタビューが行われた)。在仙局の中では中継が一番少ないが、ビジターゲームを中心に中継。アナウンサー(主に金澤)をベンチリポーターとして派遣している。2007年からは毎年1試合のみの中継となっていたが2011年は4月と5月さらには7月に1試合ずつ中継された。

ポストシーズンの放送実績

  • 2009年のクライマックスパ第2ステージ、VS北海道日本ハムファイターズ・第3戦(北海道文化放送製作)
  • DRAMATIC BASEBALLミヤギテレビ
    • レギュラーシーズンは週末デーゲームのみ未だに差し替え中継の実施はない。解説者は2005年が日本テレビ中畑清水野雄仁が担当、2006年から2008年までは楽天OB初のミヤギテレビ専属解説者となった川尻哲郎と日本テレビの池谷公二郎。2009年4月の西武戦と9月の日本ハム戦を阿波野秀幸が務め10月のクライマックスシリーズを若菜嘉晴が務めた2010年は初代打撃コーチの駒田徳広笘篠賢治(苫篠は引き続き現在まで解説継続中)、2011年は佐野慈紀西崎幸広が担当。実況は伊藤拓とリポーターを担当している外賀幸一が2009年7月のオリックス戦を実況する予定(解説は前述の若菜)だったが試合開始直前に中止となり幻となったが2010年7月の日本ハム戦で野球実況デビューを果たした。さらには2010年4月の中継では加藤智也がリポーターを担当。伊藤・外賀・加藤の先輩・上司にあたる三雲茂晴も裏方(制作)として中継に参加している。2009年4月3日に札幌ドームで行われた日本ハム戦の中継を系列のSTVが行ったものの同局は巨人戦を優先し、4年間続いていた開幕中継をストップさせた。

ポストシーズンでの放送実績

  • 2009年のクライマックスパ第2ステージ・第1戦、第2戦(札幌テレビ製作の映像+仙台のスタジオで伊藤が実況)

音声差し替え中継

  • 2008年3月のソフトバンク戦(福岡放送及び福岡ソフトバンクホークス製作映像&仙台のスタジオ 解説:川尻哲郎、実況:伊藤拓)
  • 2018年6月10日の対広島戦(広島テレビ制作)では広島テレビがアルパークの冠スポンサー番組だったこともあり、現地乗り込みによる独自実況を実施(広島テレビ・J SPORTS=解説:池谷公二郎野村謙二郎、実況:森拓磨、リポート:宮脇靖知。ミヤギテレビ=解説:笘篠賢治、実況:外賀幸一)。

その他

  • 2005年5月の阪神戦(ホーム開催であったが系列の読売テレビ主導で製作、MMTは制作協力団体として伊藤を「派遣」する形で中継を行った)
    • 解説:川藤幸三、実況:小澤昭博、リポーター:伊藤拓・尾山憲一、他球場情報:山本純也
    • ※2011年以降もも阪神戦を中継することがあるが、MMTと読売テレビは別スタッフで中継している。特に読売テレビは中継車を派遣して映像も別製作することがある。
    • 楽天主催の対広島戦では、ミヤギテレビでの放送時は広島テレビとの相互ネットでの放送だが(2022年は広島テレビでは編成・制作上の都合で放送を見送り)、宮城県側が東北放送やNHK総合テレビでの放送時にも、ミヤギテレビの制作協力(クレジット表記あり)と球団制作映像の利用で独自の実況による放送をすることがある。
  • KHB SUPER BASEBALL東日本放送
    • 夏の高校野球県大会中継をしていることもあり実況アナは豊富で、一時期は中継数も仙台放送やミヤギテレビよりも多かった、土曜デーゲーム中心だが2005年・2006年・2010年は巨人戦を、2011年はゴールデンタイムの編成を差し替えた。ホームでの巨人戦中継では2008年(詳細後述)を除きテレビ朝日製作のため協力(2011年現在も続いている)にまわり同局のアナウンサーは楽天リポーターとして登場する(2009年まで)。解説はほとんどの試合、東北福祉大OBの大塚光二が務めている(巨人戦の場合はグランド解説にまわる)が2008年は元ABCプロ野球解説者の村上隆行が、2010年からはデニー友利が新加入した。2008年まではファン代表としてローカルタレント本間秋彦がゲスト出演。(本間が諸事情で来られない場合もゲストを配し、野崎靖博戸叶尚も中継に加わったこともある)。実況は熊谷博之岩崎心平松本龍が担当。Jリーグ・ベガルタ戦中継がメインの加川潤も2005年1試合を担当した。リポーターは各実況アナに加え2007年のみ吉岡伸悟も担当、2008年までは相手チームにもリポーターを配し系列局のアナウンサーが担当していた。2007年はCS放送sky・A sports+中継の実況も担当。2008年は6月の交流試合・巨人戦を自社製作で行う予定だったが当日、朝に起きた岩手・宮城内陸地震の影響で中止。中継を行った4試合全てが4時間超になり終了まで中継ができない現象が続いた、2011年は在仙局では史上初となるKスタ以外でのホームゲーム中継を甲子園で実施、系列ABCの協力を全面に受け阪神戦同様の放送ブースで中継を行った。2006年から3年続けて開幕戦のネット受けを行いすべての試合で熊谷がベンチリポーターで派遣されている。

全国ネット並びにポストシーズン製作実績

  • 2005年と2006年5月の交流試合・巨人戦1試合ずつ(テレビ朝日製作、熊谷が楽天リポーターで出演)
  • 2009年のクライマックスパ第2ステージ第4戦(現地乗り込み、北海道テレビ製作の映像+熊谷の楽天応援実況)
  • 2011年のオールスターゲーム第3戦(KHBアナウンサーの出演はなし)

音声差し替え中継

  • 2010年6月の阪神戦(ABC製作映像+仙台のスタジオ 解説:大塚光二 実況:岩崎心平 リポート:松本龍)
  • 2011年6月の阪神戦(2010年同様の対応 解説:大塚光二 実況:松本龍)

宮城県以外(東北や他チーム本拠地等)へのネット

宮城県以外の東北5県の民放では、在仙局制作の中継番組が年に数回ネットされる程度であり、とくに青森・秋田両県は少ない。
2005年シーズンのデーゲーム中継は隣県(特に2軍本拠の山形県や福島県、岩手県)、ソフトバンク戦においてはTBC製作をRKBで仙台放送製作をテレビ西日本で日本ハム戦においてはミヤギテレビ製作がSTVで放送されたこともある。
2010年以降のTBC木曜ナイターは全試合ではないものの青森、秋田を除く3県にもネットされた試合がある。
BS
  • 2008年6月、交流戦2試合をBS朝日で放送。(当初は1日の広島戦を球団製作=スカイ・エーと同時、14日の巨人戦は東日本放送制作で宮城県向けローカル中継との同時放送を予定していたが、巨人戦中継予定当日が岩手・宮城内陸地震のため開催中止となり、予備日の16日の試合はKHBの放送枠の都合が付かなかったためこの試合も球団製作のものに変更された)
  • 同8月から日本BS放送(BS11)にて「BS11プロ野球・全国生中継」として中継に本格参入。同年度は終盤10試合を放送した。sky・A sports+と同様の球団制作中継。2009年からはタイトルを「プロ野球まるごと中継 熱闘!BS11ナイター」として20試合程度を放送した。
  • 2010年はタイトルを「熱闘!! 楽天戦 フル中継」と改題、中継数も30試合に増加。Kスタ宮城以外にも東京ドーム、岩手県営野球場、秋田こまちスタジアム、開成山野球場で行われる試合も放送されるようになった。なお2011年よりタイトルを「断然 パ・リーグ主義!!」と改題(QVCマリンフィールドのロッテ戦も中継されるため)。2012年は放送なし。
  • 2011年からはBS11に加え、TwellVでも「TwellV プロ野球中継」で放送(BS11は2011年度をもって終了)。2011年度は楽天主催試合を4試合中継。2012年度は楽天主催試合15試合を中継された。
CSケーブルテレビ
2008年度からは球団側が制作著作の権利を持ちマルチに映像制作している。
AMラジオ
コミュニティFM
  • Rakuten.FM TOHOKU宮城野区):「EAGLES BASEBALL GAME SHOW」(2015年8月より) 日本で初めて、プロスポーツ球団の自主運営によるコミュニティFM局として開局[185] し、楽天全試合の中継を実施。解説者は楽天ベースボールスクールのジュニアコーチが日替わりで担当。なお、ビジターゲームや地方開催のホームゲームの中継はオフチューブ形式で行われる[注釈 18]
    ※2006年まではFMじょんぱ(宮城野区、廃局)が「スタジアムFM」を展開していた。2007年からの一時期はFMいずみ泉区)が「イーグルスライブラジオ」を展開していた。
    2022年は6月21日の秋田県・22日の岩手県開催分を、JFN系列局エフエム秋田エフエム岩手にネットする措置が取られた。
FM放送
  • NHK仙台放送局(東北地方全域) : 開幕戦のみ放送。NHKラジオ第1放送高校野球優先のうえ、実施期間のために放送ができず、FM放送を行っている。2005年 - 2007年の3年間はいずれも東北ブロックでの放送。2006年は対戦カードが日本ハムだったため、北海道でも放送された。

備考

  • 2013年11月24日に仙台市内で実施された優勝パレード(参照)では、上記の地元地上波民放4局とNHK仙台放送局が、以下の分担によって共同で生中継を実施した[186]
    • 東日本放送:スタート地点周辺の撮影・取材(キー局・テレビ朝日制作の全国ネット番組『報道ステーション SUNDAY』内での全国向け生中継に協力)
    • ミヤギテレビ:隊列の中の撮影(宮城ローカルで自社制作の特別番組を放送)
    • 東北放送:選手や関係者が乗り込んだバスへの同行撮影・取材(宮城ローカルで自社制作の特別番組を放送)
    • NHK仙台放送局:ヘリコプターによるパレードの空撮
    • 仙台放送:上記の各局が撮影した映像の編集・管理(宮城ローカルで自社制作の特別番組を放送)

応援番組


注釈

  1. ^ 球団やメディアの表記においては、「福岡ソフトバンク」、「横浜DeNA」、「北海道日本ハム」、「東京ヤクルト」、「千葉ロッテ」、「埼玉西武」の地名を併記した略称を用いる場合においても単に「楽天」の表記を用いることが多く、「東北楽天」の表記が用いられるのは、NPBなどの公的な場を除けば少ない(その逆に地名のみの表記が多い例としては「広島」がある。)。
  2. ^ この件が球団歌の制作にも影響があったことを、作詞・作曲を手がけた藤巻浩が自身のブログ「タビノオト 藤巻浩 blog」( 2013-11-27)の中で明らかにしている。サビの「楽天イーグルス」の連呼の部分は元々は「ゴールデンイーグルス」であったという。
  3. ^ シーズン2度の11連敗以上は1956年に12連敗を2度喫した高橋ユニオンズ以来、日本プロ野球史上2度目だった。
  4. ^ 球場に被害はなかったが、試合は関係者の安否確認のため8回で打ち切りとなっている[32]
  5. ^ 4月15日 - 17日・阪神甲子園球場、4月22日 - 24日・ほっともっとフィールド神戸
  6. ^ 阪神甲子園球場でのパ・リーグ球団の主催試合は史上初。
  7. ^ この年は10月にも受賞しており、年間3度はパ・リーグ初の記録[45]
  8. ^ シーズン連勝記録は継続扱いとなった。
  9. ^ この試合では、ロッテでも和歌山市立和歌山高等学校から入団した新人捕手の松川虎生が、スタメンマスクを任されていた。日本プロ野球が2リーグに分立した1950年以降の一軍のレギュラーシーズンで、開幕戦で対戦したチームのスタメン捕手がいずれも新人だった事例は、この試合での安田と松川が初めてである。
  10. ^ 2021年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から延長戦が無かった。延長戦がある年では2012年の10分が最多。
  11. ^ 2011年は鉄平、2012年は松井稼頭央
  12. ^ 2020年シーズンは新型コロナウィルス感染症の流行の影響により開幕から7/9までの試合は無観客で行われ、楽天生命パーク宮城では7/15の試合から5,000人上限[176]、10/9の試合からは収容人数の50%に当たる1万5600人を上限に行われた[177]
  13. ^ 体調不良による休養期間あり。
  14. ^ ソニー仙台FCモンテディオ山形スタジアムDJ。
  15. ^ ベガルタ仙台の胸スポンサーにもなっている。
  16. ^ 字幕はJ SPORTS側で用意したものを使った以外、基本的に球団製作のものを使用。ただし同時ネットで放送するTwellV・パ・リーグTVは従来通り球団製作の字幕を採用していた
  17. ^ ビジターゲームを放送するときは、その地域の放送局と同時放送。
  18. ^ 交流戦ビジター試合は1球ごとのリアルタイム中継ではなく、「EAGLES BASEBALL TALK SHOW」としてゲストを招いてのトークショーをメインとしながら、試合経過を随時速報で伝える内容であった。
  19. ^ 県域放送局では、広島東洋カープ広島エフエム放送の大株主(2015年3月31日現在筆頭株主)という事例がある。同社の初代社長は当時広島球団のオーナーだった松田耕平が務めた。耕平の没後も次男の松田弘が務めるなど、広島球団および球団の事実上のオーナーである松田家(自動車メーカー・マツダの創業家)との関係が深い。
  20. ^ FMじょんぱ閉局の半年後に隣接する太白区にてエフエムたいはくが僅か0.1MHz違いの78.9MHzで開局しており、FMじょんぱの周波数をRakuten.FM TOHOKUに割り当てを行う事は実質的に不可な状況でもあった。
  21. ^ 24時間放送は2015年10月10日より開始。開局時は6:00 - 翌1:00 の1日19時間放送であった。
  22. ^ デザインは、ホーム用がえんじ色地に白枠、その中に白文字で。ビジター用は、白地にえんじ色の枠、その中にえんじ色の文字で「がんばろう東北(東と北の文字の間に帽子にも使われるEマーク)」。
  23. ^ クリムゾンは2013年より導入。2014年まではシルバーとバリューの間に「ブロンズ」が設定されていた
  24. ^ 楽天以外の関東の一部球団についても、平日のナイターをデーゲーム(薄暮開始含む)に移行したり、巨人・西武のように4月中の本拠地主管試合開催を断念した球団もある。
  25. ^ 坂本達洋 (2015年5月21日). “【楽天】「5時間37分」で踏んだり蹴ったり! 花火大会中止 & 移動できず”. スポーツ報知. http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20150521-OHT1T50264.html 2015年5月22日閲覧。 当記事の写真において、大型ビジョンに「21時を過ぎましたので花火大会は中止させていただきます」と表示された様子が写っている。
  26. ^ 前回は1968年4月6日・西鉄対近鉄戦(平和台球場・17時開始)。これ以外にも平日開催の開幕戦でのデーゲーム開催は、巨人と日本ハムが後楽園球場東京ドームを併用し、同時期に前年Aクラスで開幕主管権を得た時に頻繁に行われている

出典

  1. ^ 【宮城球場愛称変更】2018シーズンから 「楽天生命パーク宮城」へ!(東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト 2017年12月25日)
  2. ^ 『2022プロ野球選手写真名鑑』日刊スポーツ出版社、2022年2月17日。 
  3. ^ a b 第17期決算公告、2021年(令和3年)5月10日付「官報」(号外第102号)81頁。
  4. ^ 「大阪ドームを本拠に」 楽天社長、大阪知事に申し入れ”. 朝日新聞 (2004年9月22日). 2020年11月21日閲覧。
  5. ^ スト決行 2004, p. 124.
  6. ^ スト決行 2004, p. 126.
  7. ^ スト決行 2004, p. 170.
  8. ^ スト決行 2004, p. 178.
  9. ^ スト決行 2004, p. 181.
  10. ^ 「ゴールデンイーグルス」の商標権は、ライブドアが先行登録していた!”. 商標登録ファーム (2013年11月6日). 2021年6月18日閲覧。
  11. ^ 楽天主義 2005, p. 45.
  12. ^ 楽天主義 2005, p. 46.
  13. ^ 楽天主義 2005, p. 49.
  14. ^ a b c d e f g h i j 毎日新聞2013年9月27日スポーツ面
  15. ^ a b c d e f 「記録の手帳」『週刊ベースボール』2013年10月14日、 32 - 35頁。
  16. ^ a b c d 日刊スポーツ関西版5面
  17. ^ “ノムさん4連勝に「珍事か。違うな、実力だ」”. スポーツニッポン. (2009年4月7日). オリジナルの2013年10月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131002094302/http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/04/07/kiji/K20090407Z00001340.html 2015-23閲覧。 
  18. ^ “楽天初の快挙!! ノムさん「ついてた」”. スポーツニッポン. (2009年4月30日). オリジナルの2013年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/2013.09.28-005439/http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/04/30/kiji/K20090430Z00001190.html 2015年10月23日閲覧。 
  19. ^ “球団創設5年目でついに…楽天にCSマジック19”. スポーツニッポン. (2009年9月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/09/12/kiji/K20090912Z00001040.html 2015年10月23日閲覧。 
  20. ^ “球団創設5年目でついに…楽天にCSマジック19 CS進出決まった!楽天14点圧勝”. スポーツニッポン. (2009年10月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/10/03/kiji/K20091003Z00001270.html 2015年10月23日閲覧。 
  21. ^ “楽天2位決めた!好投!期待に応えたルーキー藤原”. スポーツニッポン. (2009年10月9日) 
  22. ^ “楽天 CS第2Sへ!山崎武2試合連発!マーくん完投!”. スポーツニッポン. (2009年10月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/10/17/kiji/K20091017Z00000450.html 2015年10月23日閲覧。 
  23. ^ “悲劇的幕切れ…ノムさん、声が出ない”. スポーツニッポン. (2009年10月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/10/21/kiji/K20091021Z00001470.html 2015年10月23日閲覧。 
  24. ^ “日本ハム スレッジがMVPに輝く”. スポーツニッポン. (2009年10月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/10/24/kiji/K20091024Z00000910.html 2015年10月23日閲覧。 
  25. ^ “両軍胴上げ!ノムさん「野球屋冥利に尽きる」”. スポーツニッポン. (2009年10月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/10/25/kiji/K20091025Z00001840.html 2015年10月23日閲覧。 
  26. ^ 野村克也氏 球団名誉監督就任について”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2010年3月16日). 2011年6月5日閲覧。
  27. ^ “岡田新監督、理想の勝利…金子が圧巻4安打完封”. スポーツニッポン. (2010年3月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/03/20/kiji/K20100320Z00001200.html 2015年10月23日閲覧。 
  28. ^ “マーくんの力投 暗いムードを吹き飛ばした!”. スポーツニッポン. (2010年3月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/03/28/kiji/K20100328Z00000910.html 2015年10月23日閲覧。 
  29. ^ “ブラウン監督、電撃解任に涙「去るのは残念」”. スポーツニッポン. (2010年9月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/09/30/kiji/K20100930Z00002640.html 2015年10月23日閲覧。 
  30. ^ 「東北を熱くする!」星野仙一監督就任会見”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2010年10月27日). 2011年6月5日閲覧。
  31. ^ 産経新聞 2011年3月12日
  32. ^ “「家族の安否確認のため」楽天OP戦は試合途中で終了”. スポーツニッポン. (2011年3月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/03/12/kiji/K20110312000409580.html 2011年6月5日閲覧。 
  33. ^ “楽天、巨人施設で練習…星野監督「良かった」”. スポーツニッポン. (2011年3月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/03/14/kiji/K20110314000425140.html 2015年10月23日閲覧。 
  34. ^ “中日が楽天と慈善試合 試合前に黙とう”. スポーツニッポン. (2011年3月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/03/18/kiji/K20110318000451270.html 2015年10月23日閲覧。 
  35. ^ “星野楽天、関西開幕準備…復興まで拠点”. デイリースポーツ. (2011年3月17日). オリジナルの2011年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110319191306/http://www.daily.co.jp/baseball/2011/03/17/0003872497.shtml 2011年6月5日閲覧。 
  36. ^ “楽天が試合後に募金活動、岩隈「ありがたい」”. サンケイスポーツ. (2011年4月6日). オリジナルの2011年4月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110412105743/http://www.sanspo.com/baseball/news/110406/bsh1104060505002-n1.htm 2011年6月5日閲覧。 
  37. ^ “楽天選手会の募金活動にファンもエール”. デイリースポーツ. (2011年3月19日). http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/03/19/0003878159.shtml 2011年6月5日閲覧。 [リンク切れ]
  38. ^ 楽天イーグルスの支援活動”. 東北楽天ゴールデンイーグルス. 2015年10月23日閲覧。
  39. ^ “星野楽天、仙台に帰ってきた夜に大地震”. デイリースポーツ. (2011年4月8日). http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/04/08/0003936417.shtml 2011年6月5日閲覧。 [リンク切れ]
  40. ^ “楽天、モリーヨが震災理由に退団へ”. デイリースポーツ. (2011年4月12日). オリジナルの2011年4月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110415003157/http://www.daily.co.jp/baseball/2011/04/12/0003950697.shtml 2011年6月5日閲覧。 
  41. ^ “Kスタ宮城の復旧工事開始。完了まで約5週間”. スポーツニッポン. (2011年3月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/03/22/kiji/K20110322000476220.html 2011年6月5日閲覧。 
  42. ^ “楽天 逆転勝ち!星野監督執念の8年ぶり勝利”. スポーツニッポン. (2011年4月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/04/12/kiji/K20110412000613010.html 2015年10月23日閲覧。 
  43. ^ “マー君、甲子園で今季初勝利!山崎三塁打などで楽天逆転勝ち”. スポーツニッポン. (2011年4月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/04/15/kiji/K20110415000634670.html 2015年10月23日閲覧。 
  44. ^ “田中 魂の投球で完投勝利!ホーム開幕戦を飾る”. スポーツニッポン. (2013年4月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/04/29/kiji/K20110429000722610.html 2015年10月23日閲覧。 
  45. ^ 田中将大選手が10月度「日本生命月間MVP賞」を受賞”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2011年11月1日). 2015年10月23日閲覧。
  46. ^ この段落の出典は『週刊ベースボール』2011年12月19日、 70頁。
  47. ^ “成瀬「粘りの投球ができた」3度目開幕投手で初勝利”. スポーツニッポン. (2012年3月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/03/30/kiji/K20120330002943710.html 2012年10月9日閲覧。 
  48. ^ “西武 2位確保へなりふり構わず!時間稼いで引き分けに”. スポーツニッポン. (2012年10月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/04/kiji/K20121004004259750.html 2012年10月9日閲覧。 
  49. ^ “星野監督 接戦での弱さを指摘「まだまだ何かが足りない」”. スポーツニッポン. (2012年10月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/08/kiji/K20121008004286990.html 2012年10月9日閲覧。 
  50. ^ “立花陽三代表取締役社長 就任のお知らせ” (プレスリリース), 東北楽天ゴールデンイーグルス, (2012年7月24日), http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/2368.html 2015年10月23日閲覧。 
  51. ^ “楽天、斎藤隆を獲得へ=プロ野球”. 時事ドットコム (時事通信). (2012年12月28日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012122800464 [リンク切れ]
  52. ^ “ヤクルト:岩村が古巣復帰…7年ぶり”. 毎日.jp (毎日新聞). (2012年12月11日). オリジナルの2013年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131021150507/http://mainichi.jp/sports/news/20121212k0000m050022000c.html?inb=fa 
  53. ^ “球団名誉監督に関して” (プレスリリース), 東北楽天ゴールデンイーグルス, (2012年12月29日), http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/2799.html 2015年10月23日閲覧。 
  54. ^ 今季チームスローガンに関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2013年1月13日). 2015年10月23日閲覧。
  55. ^ 朝日新聞2013年9月27日
  56. ^ “摂津 6回1失点で2年連続開幕飾る、則本は援護なし”. スポーツニッポン. (2013年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/29/kiji/K20130329005505040.html 2015年10月23日閲覧。 
  57. ^ “楽天 球団通算500勝!首位討ち大勝で花 ルーキー則本2勝目”. スポーツニッポン. (2013年4月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/27/kiji/K20130427005693020.html 2015年10月23日閲覧。 
  58. ^ 産経新聞2013年9月27日スポーツ面
  59. ^ “楽天 守護神炎上でまさかの逆転負け、交流戦初優勝逃す”. スポーツニッポン. (2013年6月13日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/13/kiji/K20130613006008040.html 2015年10月23日閲覧。 
  60. ^ “楽天 ついに首位タイ浮上!ジョーンズ豪快2連発、ロッテ撃破”. スポーツニッポン. (2013年7月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/04/kiji/K20130704006149430.html 2015年10月23日閲覧。 
  61. ^ “楽天 単独首位浮上!則本“リベンジ登板”で今季7勝目”. スポーツニッポン. (2013年7月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/06/kiji/K20130706006161670.html 2015年10月23日閲覧。 
  62. ^ “楽天 球団初首位ターン “星野チルドレン”枡田が千金ソロ”. スポーツニッポン. (2013年7月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/16/kiji/K20130716006226160.html 2015年10月23日閲覧。 
  63. ^ “楽天マジック「28」点灯 球団創設9年目で初!”. スポーツニッポン. (2013年8月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/28/kiji/K20130828006503600.html 2015年10月23日閲覧。 
  64. ^ 楽天、15点大勝でM5!09年以来のCS確定 Archived 2013年10月12日, at the Wayback Machine. サンケイスポーツ2013年9月22日配信
  65. ^ “星野監督もOKサイン!ルーキー宮川が導いた球団最多78勝目”. スポーツニッポン. (2013年9月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/23/kiji/K20130923006674220.html 2015年10月23日閲覧。 
  66. ^ “マー君締めた!星野監督舞った!楽天、悲願のリーグ初V”. スポーツニッポン. (2013年9月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/26/kiji/K20130926006693490.html 2015年10月23日閲覧。 
  67. ^ “楽天 日本シリーズ初進出!26日から34度目進出の巨人と対戦”. スポーツニッポン. (2013年10月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/21/kiji/K20131021006854620.html 2015年10月23日閲覧。 
  68. ^ 第6戦試合結果”. コナミ日本シリーズ2013公式サイト. 2015年10月23日閲覧。
  69. ^ 第7戦試合結果”. コナミ日本シリーズ2013公式サイト (2013年11月3日). 2015年11月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月23日閲覧。
  70. ^ 朝日新聞2013年11月20日スポーツ面
  71. ^ 朝日新聞2013年8月27日スポーツ面
  72. ^ “マー君がギネスに 3つの連勝記録を認定 24、28、30”. スポーツニッポン. (2013年11月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/23/kiji/K20131123007069270.html 2015年10月23日閲覧。 
  73. ^ “パ個人タイトル確定 金子200Kで初の最多奪三振”. スポーツニッポン. (2013年10月13日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/13/kiji/K20131013006803400.html 2015年10月23日閲覧。 
  74. ^ 2013年度 正力賞・沢村賞”. 日本野球機構. 2015年10月23日閲覧。
  75. ^ 2013年度 三井ゴールデン・グラブ賞”. 日本野球機構. 2015年10月23日閲覧。
  76. ^ 記者投票による表彰”. 日本野球機構. 2015年10月23日閲覧。
  77. ^ 楽天が日本一パレード 仙台中心部を凱旋(MSN産経ニュース)2013年11月24日 Archived 2013年11月29日, at the Wayback Machine.
  78. ^ Yankees sign RHP Masahiro Tanaka” (英語). MLB.com Yankees Press Release (2014年1月22日). 2014年1月23日閲覧。
  79. ^ “星野監督 腰痛で休養、歩行困難 佐藤投手コーチが代行”. スポーツニッポン. (2014年5月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/05/26/kiji/K20140526008240070.html 2015年10月23日閲覧。 
  80. ^ 星野仙一監督 休養のお知らせ”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2014年5月27日). 2015年10月23日閲覧。
  81. ^ “楽天 デーブ2軍監督が1軍代行監督に 2日から指揮”. スポーツニッポン. (2014年7月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/02/kiji/K20140702008489470.html 2015年10月23日閲覧。 
  82. ^ “星野監督が笑顔見せ球場入り、冗談めかして「正座して待っとけよ」”. スポーツニッポン. (2014年7月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/24/kiji/K20140724008622360.html 2015年10月23日閲覧。 
  83. ^ “楽天 連覇の可能性消滅も…目の前の1勝に執念みせた”. スポーツニッポン. (2011年9月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/06/kiji/K20140906008886110.html 2015年10月23日閲覧。 
  84. ^ “星野監督が退任表明 オーナー慰留も本人の意志固く”. スポーツニッポン. (2014年9月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/18/kiji/K20140918008951690.html 2015年10月23日閲覧。 
  85. ^ “楽天 連覇完全消滅 星野監督「もう見たくない」”. スポーツニッポン. (2014年9月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/29/kiji/K20140929009016800.html 2015年10月23日閲覧。 
  86. ^ “優勝から最下位…楽天 プロ野球史上5度目の“屈辱””. スポーツニッポン. (2014年10月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/08/kiji/K20141008009065860.html 2015年10月23日閲覧。 
  87. ^ “楽天 大久保新監督発表「常勝軍団つくる」若手育成、星野前監督路線継承で評価”. スポーツニッポン. (2014年10月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/14/kiji/K20141014009101460.html 2015年10月23日閲覧。 
  88. ^ 8/30(土)球団史上最多の観客動員数を記録!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2014年8月30日). 2015年10月23日閲覧。
  89. ^ 球団新記録のシーズン観客動員数”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2014年10月7日). 2014年10月25日閲覧。
  90. ^ “〈楽天〉交流戦 投手陣奮闘、接戦で粘り”. 河北新報. (2015年6月18日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201506/20150618_14029.html 2015年10月23日閲覧。 
  91. ^ “オ1-0楽 オリックス最下位脱出”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年8月25日). http://www.sankei.com/sports/news/150825/spo1508250026-n1.html 2015年10月23日閲覧。 
  92. ^ 浦響子 (2015年8月29日). “〈楽天〉青山痛恨 自力CS消える”. 河北新報. http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201508/20150829_14019.html 2015年10月23日閲覧。 
  93. ^ “<楽天>大久保監督が辞意 球団は慰留方針”. 河北新報. (2015年8月30日). オリジナルの2015年9月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150923060454/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201508/20150830_14010.html 2015年10月23日閲覧。 
  94. ^ 株式会社楽天野球団 星野仙一 取締役副会長就任に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2015年9月7日). 2015年10月23日閲覧。
  95. ^ “星野仙一氏が副会長就任…GMではなく、それ以上”. 日刊スポーツ. (2015年9月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1535116.html 2015年10月23日閲覧。 
  96. ^ 剣持雄治 (2015年10月4日). “〈楽天〉2年連続最下位”. 河北新報. http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201510/20151004_14014.html 2015年10月23日閲覧。 
  97. ^ 「個々の能力を引き出しながら、ひとつの目標に向かう」梨田昌孝監督 就任会見”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2015年10月8日). 2015年10月8日閲覧。
  98. ^ “楽天は梨田昌孝新監督の就任を正式発表 背番号は「99」”. エキサイトニュース. Full-Count (Creative2). (2015年10月8日). http://www.excite.co.jp/News/baseball/20151008/Full_count_19726.html 2015年10月23日閲覧。 
  99. ^ 赤坂英一 (2015年8月26日). “【楽天・現場介入問題】デーブ監督「(三木谷)会長が全部話してくれたので、やりやすくなった」”. 東スポWeb. http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/439398/ 2015年10月23日閲覧。 
  100. ^ 楽天 ゴームズの退団発表、メジャー162発大砲 わずか1本塁打で - スポニチアネックス、2016年5月6日
  101. ^ 楽天10点大勝、塩見8勝 オリックスは最下位確定 日刊スポーツ 2016年9月29日
  102. ^ <楽天>珍現象発生 ゲーム差-0.5で首位 - 河北新報、2017年7月3日
  103. ^ パ35年ぶりの珍現象!楽天、マイナス1ゲーム差の首位 - スポニチアネックス、2017年8月9日
  104. ^ 楽天3連勝 史上初!助っ人20発トリオ誕生 美馬完封で初の2桁勝利 スポーツニッポン 2017年9月19日閲覧。
  105. ^ 【楽天】逆転負けも4年ぶりCS出場が決定 - スポーツ報知、2017年9月24日
  106. ^ 楽天 3位確定 9回2死から追いつくも延長12回ドロー - スポニチアネックス、2017年10月5日
  107. ^ a b 星野氏背番号「77」を永久欠番に 楽天・三木谷オーナー号泣弔辞で誓った(『デイリースポーツ』2018年3月20日付記事)
  108. ^ 星野仙一さんの背番号「77」を永久欠番に - 東北楽天ゴールデンイーグルス・オフィシャルサイト、2018年3月26日
  109. ^ コーチ人事に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス・オフィシャルサイト、2018年5月1日
  110. ^ 楽天 63年ぶり31試合以内での自力V消滅…05年は29試合目で自力1位消滅(『スポーツニッポン』2018年5月6日付記事)
  111. ^ “楽天、パ57年ぶりの本拠地勝率2割台/データ連載” (日本語). 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812170000070.html 2018年12月17日閲覧。 
  112. ^ 来季のコーチ契約に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト(2018年10月5日配信)2018年10月5日閲覧。
  113. ^ “聖沢が引退、08年同期入団・伊志嶺も 楽天ファンに報告” (日本語). SANSPO.COM. https://www.sanspo.com/article/20181124-5BE42Y5RQJOLXDSGOUGY3E2S2A/ 2018年11月24日閲覧。 
  114. ^ “2019シーズンの応援歌について” (日本語). 東北楽天ゴールデンイーグルス. https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00001807.html 2019年2月25日閲覧。 
  115. ^ 楽天下妻ら育成2選手をBC派遣、石井GM三軍構想” (日本語). 日刊スポーツ. 2019年5月31日閲覧。
  116. ^ “平石監督は初、パ43年ぶり/30代監督首位データ” (日本語). 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/201904100001117.html 2019年4月11日閲覧。 
  117. ^ “楽天イーグルス 球団通算900勝を達成!” (日本語). 東北楽天ゴールデンイーグルス. https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00001954.html 2019年4月21日閲覧。 
  118. ^ 楽天、月間2度の7点差以上逆転勝ちはパ・リーグ初” (日本語). 日刊スポーツ. 2019年5月24日閲覧。
  119. ^ 楽天 1試合7本塁打で球団新記録 ドラフト1位辰己が7発目「背番号7だから…」初” (日本語). デイリースポーツ. 2019年6月15日閲覧。
  120. ^ 楽天引っ張る新人4人衆「監督のファインプレー」” (日本語). 日刊スポーツ. 2019年6月8日閲覧。
  121. ^ 楽天・石井GM 異例の文書で監督退任理由を説明「監督が『最後の職』という古い考え方は持っていません」” (日本語). スポーツニッポン. 2019年10月10日閲覧。
  122. ^ 楽天平石前監督が退団「決断結構早かった」一問一答” (日本語). 日刊スポーツ. 2019年10月15日閲覧。
  123. ^ 日本ハム 新球場で23年開幕迎えるため 楽天と主催権利を交換、来季はビジターから” (日本語). デイリースポーツ. 2021年12月4日閲覧。
  124. ^ “大村 三郎氏 ファームディレクター就任に関して” (日本語). 東北楽天ゴールデンイーグルス. https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00002694.html 2020年1月8日閲覧。 
  125. ^ “楽天-ソフトバンク92分中断 70年以降パ最長”. 日刊スポーツ. (2020年9月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/202009100001197.html 
  126. ^ “楽天が球団通算1000勝 浅村3発含む4安打7打点、トレード加入ジョンソンが1回3人ピシャリ”. スポーツニッポン. (2020年9月22日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/09/22/kiji/20200922s00001173195000c.html 
  127. ^ 楽天石井一「GM兼任監督」王氏以来の肩書(『日刊スポーツ』2020年11月12日付記事)
  128. ^ 銀次選手 新型コロナウイルス感染症陽性判定について”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2021年7月23日). 2021年7月24日閲覧。
  129. ^ 楽天石井一久GM兼監督が来季も指揮 V逃すも1度も借金背負わず(『日刊スポーツ』2021年10月19日付記事)
  130. ^ 楽天引き分け敗退 勝利同数の場合はシーズン上位チームが勝ち上がるルール(『日刊スポーツ2021年11月7日付記事)
  131. ^ 2022シーズンのスローガンが、「譲らない!」に決定いたしました|東北楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). 楽天イーグルス オフィシャルサイト. 2022年2月28日閲覧。
  132. ^ 米田 陽介代表取締役社長就任に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). 楽天イーグルス オフィシャルサイト. 2022年2月28日閲覧。
  133. ^ 楽天 今季は主将なし 石井監督「みんなが同じ目標に向かって同列で前のめりにやって」 - スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年7月13日閲覧。
  134. ^ コーチ契約に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). 楽天イーグルス オフィシャルサイト. 2022年2月28日閲覧。
  135. ^ コーチ契約に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). 楽天イーグルス オフィシャルサイト. 2022年2月28日閲覧。
  136. ^ マー君田中将大 楽天残留 来季契約締結「ファン感で直接ご報告」 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年2月28日閲覧。
  137. ^ ホセ・マルモレホス選手 契約合意に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). 楽天イーグルス オフィシャルサイト. 2022年2月28日閲覧。
  138. ^ クリス・ギッテンス選手 契約合意に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). 楽天イーグルス オフィシャルサイト. 2022年2月28日閲覧。
  139. ^ 川島 慶三選手 入団基本合意に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). 楽天イーグルス オフィシャルサイト. 2022年2月28日閲覧。
  140. ^ 釜元 豪選手 入団基本合意に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). 楽天イーグルス オフィシャルサイト. 2022年2月28日閲覧。
  141. ^ 西川 遥輝選手 入団基本合意に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). 楽天イーグルス オフィシャルサイト. 2022年2月28日閲覧。
  142. ^ ヤクルト 最多7人継投ノーヒットノーラン オープン戦快勝発進 高津監督「キャンプの成果出た」(『スポーツニッポン2022年2月27日付記事)
  143. ^ 【データ】2リーグ制後初 開幕戦で両チーム新人捕手先発 ロッテ松川虎生、楽天安田悠馬」『日刊スポーツ』。2022年4月6日閲覧。
  144. ^ 楽天・茂木が新型コロナに感染 首脳陣、選手ら全員陰性 今後は1軍、2軍ともに予定通りチーム活動継続(『スポーツニッポン2022年3月27日付記事)
  145. ^ 【楽天】1日先発予定だった則本昂大や安田悠馬ら6選手コロナ陽性 一・二軍ともに活動は継続(『日刊スポーツ2022年4月1日付記事)
  146. ^ 【楽天】新たに小山伸一郎投手コーチと西口直人投手がコロナ陽性判定 計9人に(『日刊スポーツ2022年4月1日付記事)
  147. ^ コロナ感染者多数で2、3日のソフトバンク戦が中止 開幕から選手8人、コーチ1人(『日刊スポーツ2022年4月2日付記事)
  148. ^ 楽天・マー君 国内9年ぶり完封 チーム11連勝で勝率驚異の8割(『スポーツニッポン2022年5月11日付記事)
  149. ^ 【楽天】新助っ人に2年連続の悪夢 一軍合流初日ギッテンスが空振りで負傷、打席途中で交代(『日刊スポーツ2022年4月5日付記事)
  150. ^ 楽天・西川遥輝がコロナ陽性「1番・中堅」でメンバー発表されるも試合開始直前に判明(『スポーツニッポン2022年7月18日付記事)
  151. ^ 【楽天】ついに貯金0、最大18からの消滅は史上初 田中将大が6回5失点で9敗目(『日刊スポーツ2022年8月13日付記事)
  152. ^ 広野功『広野功の楽天誕生秘話』。日刊ゲンダイ、2013年11月19日号、33面。
  153. ^ a b 2020シーズンから選手が着用するホームとビジターのユニフォームが決定!|東北楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). 楽天イーグルス オフィシャルサイト (2020年1月24日). 2020年1月24日閲覧。
  154. ^ ビジターユニフォーム デザイン変更のお知らせ”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2009年12月28日). 2011年6月5日閲覧。
  155. ^ ホーム用とはちがう字体で、旧ユニホームの字体に近いが細部が異なるものとなっている。
  156. ^ 今年の3rdユニフォームはデザイン一新!テーマは“TOHOKU”バージョン!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2010年3月25日). 2011年6月5日閲覧。
  157. ^ 球団創設7年目特別企画ユニフォーム「イーグル・レインボー」を発表”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2011年5月2日). 2011年6月5日閲覧。
  158. ^ 夏季着用企画ユニフォーム【TOHOKU GREEN】を発表!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2013年4月12日). 2015年10月24日閲覧。
  159. ^ [1]
  160. ^ 【2018シーズンスペシャルユニフォーム発表】TOHOKU PRIDEユニフォーム2018・FANS'ユニフォーム2018”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2017年11月23日). 2020年7月19日閲覧。
  161. ^ 【2019シーズンスペシャルユニフォーム発表!】TOHOKU BLUEユニフォーム・FANS'ユニフォーム2019”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2018年11月23日). 2020年7月19日閲覧。
  162. ^ 2020シーズン スペシャルユニフォーム発表!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2019年12月1日). 2020年7月19日閲覧。
  163. ^ 2021シーズンも2020シーズンと同じTOHOKU BLUEユニフォームとFANS' ユニフォームを着用します”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2020年11月7日). 2020年11月7日閲覧。
  164. ^ 2022シーズン SUMMERユニフォーム「EAGLES EARTH GREEN」発表!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2022年7月6日). 2022年8月20日閲覧。
  165. ^ https://twitter.com/Rakuten__Eagles/status/1015580951777239040 球団公式Twitter・2018年7月7日
  166. ^ 新外国人の発表に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2016年4月1日). 2017年2月3日閲覧。
  167. ^ ブラウン監督公認マスコットが発表されました!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2010年2月8日). 2015年10月24日閲覧。
  168. ^ ニノさん バックナンバー 日本テレビ 2017年6月11日 第177回を参照。
  169. ^ 宮城県宮城野原公園総合運動場 指定管理者募集要項 (PDF) (宮城県教育委員会 2016年7月)
  170. ^ 楽天、本拠地入場を国内初の全面二次元バーコード化 : 日刊スポーツ” (2020年1月22日). 2020年1月22日閲覧。
  171. ^ 楽天本拠地でSuica導入 昨季キャッシュレス化 : 日刊スポーツ” (2020年1月30日). 2020年1月31日閲覧。
  172. ^ a b 球団新記録のシーズン主催試合観客動員数を更新!(東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト 2016年10月2日)
  173. ^ 日本製紙クリネックススタジアム宮城「28,000増席計画のお知らせ」(東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト 2013年10月1日)
  174. ^ 【楽天Koboスタジアム宮城】ボールパーク改修に関して(東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト 2015年11月20日)
  175. ^ 2017年 セ・パ公式戦 入場者数(日本野球機構)
  176. ^ “楽天が観客数やチケット販売に関する概要発表 当面は上限5000人”. スポニチアネックス. (2021年8月18日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/07/02/kiji/20200702s00001173275000c.html 2021年8月18日閲覧。 
  177. ^ “楽天、上限を定員50%に プロ野球”. 時事通信. (2021年8月18日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2020092200623&g=spo 2021年8月18日閲覧。 
  178. ^ ご挨拶”. MC紺野陽子のブログ (2014年1月29日). 2014年4月1日閲覧。
  179. ^ 球場アナウンスも待望の球春 東北楽天きょうホーム開幕戦(河北新報)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年3月25日閲覧。
  180. ^ 日本プロスポーツ初の球団自主放送「楽天イーグルスラジオ」開設!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2013年10月2日). 2015年10月24日閲覧。
  181. ^ 楽天イーグルスラジオ「EAGLESTATION」英語放送を加えて二ヶ国語放送開始!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2014年3月27日). 2015年10月24日閲覧。
  182. ^ クライマックスシリーズファイナルステージ第4戦 楽天×ロッテ”. テレビ東京. 2015年10月24日閲覧。
  183. ^ 日テレプラスリリース「2013.1.28 「2013シーズン 東北楽天ゴールデンイーグルス主催試合放送決定」のお知らせ」”. 日テレプラス (2013年1月28日). 2013年3月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月3日閲覧。
  184. ^ “スポーツテレビ局J SPORTS プロ野球2015シーズン 4球団徹底放送!” (プレスリリース), J SPORTS, (2014年12月26日), http://www.jsports.co.jp/press_release/20141226.html 2014年12月26日閲覧。 
  185. ^ a b 球界初!ラジオ局を立ち上げ自主運営!「Rakuten.FM TOHOKU」地域密着型のコミュニティFMラジオ開局”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2015年6月17日). 2015年10月24日閲覧。
  186. ^ “楽天パレード 異例の在仙5局で協力生中継「舞台を一丸となって届けたい」”. スポーツニッポン. (2013年11月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/22/kiji/K20131122007061400.html 2015年10月24日閲覧。 
  187. ^ 株式会社楽天野球団. “楽天イーグルス サブスクショップのご紹介” (日本語). 東北楽天ゴールデンイーグルス. 2021年8月18日閲覧。
  188. ^ a b c d e 【甲子園】楽天が東北の野球を活性化 仙台育英にジュニアOB 打倒とはね返す立場の切磋琢磨”. 日刊スポーツ (2022年8月22日). 2022年8月23日閲覧。
  189. ^ NPB初の下部組織・楽天リトルシニア。ただのエリート集団ではない理由。(2)”. Number (2020年2月19日). 2022年8月23日閲覧。
  190. ^ 第104回全国高等学校野球選手権大会決勝(2022年8月22日)仙台育英対下関国際戦スコアテーブル
  191. ^ 東北の野球レベル向上は交通網の発達や楽天の創設がプラスに”. スポーツニッポン (2022年8月26日). 2022年8月26日閲覧。
  192. ^ 楽天が女子硬式野球部設立
  193. ^ 楽天と提携 東北初の高校女子硬式野球部創設
  194. ^ クラーク国際高等学校 仙台キャンパスの女子硬式野球部設立・運営を全面サポート
  195. ^ 【楽天】東北初、クラーク学園女子硬式野球部設立に協力 立花社長が三浦雄一郎校長らと会見
  196. ^ 楽天 女子高校野球部を支援「ご指導をいただきながら日本一を目指したい」
  197. ^ 女子硬式初!東北楽天と連携を取るクラーク記念国際しかない方針とは【後編】”. 高校野球ドットコム (2021年11月17日). 2022年8月23日閲覧。
  198. ^ 女子硬式初!東北楽天と連携を取るクラーク記念国際しかない方針とは【前編】”. 高校野球ドットコム (2021年11月16日). 2022年8月23日閲覧。
  199. ^ 【女子野球】東北女子硬式野球連盟が誕生!きょうからリーグ戦を開催”. Yahoo!ニュース (2022年4月29日). 2022年8月23日閲覧。
  200. ^ a b 東北ろっけん活動【フィールドサポート・プログラム】”. 東北楽天ゴールデンイーグルス. 2015年10月24日閲覧。
  201. ^ 球界初!? 試合命名権をあなたにお譲りします!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2014年2月26日). 2015年10月24日閲覧。
  202. ^ 【イベントレポート】球界初!ファーム個人冠協賛試合が開催されました。”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2014年4月24日). 2015年10月24日閲覧。
  203. ^ チケット価格”. 東北楽天ゴールデンイーグルス. 2015年10月24日閲覧。
  204. ^ 【楽天】11日ロッテ戦は午後2時試合開始、平日でもデーゲーム開催のワケ 2022年5月11日17時48分(日刊スポーツ)
  205. ^ 5/21(木)「第1回楽天イーグルス花火大会」開催!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2015年5月8日). 2015年10月24日閲覧。
  206. ^ リベンジ!!!第1回楽天イーグルス花火大会は7月11日(土)開催”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2015年5月29日). 2015年5月29日閲覧。
  207. ^ “「第1回楽天花火大会」開催、1万5000人集結 立花社長「大成功」”. スポーツニッポン. (2015年7月11日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/07/11/kiji/K20150711010716080.html 2015年10月4日閲覧。 
  208. ^ 楽天 開幕戦48年ぶり薄暮試合、“最速”16時プレーボール(スポーツニッポン2016年1月25日 2月3日閲覧)
  209. ^ 楽天イーグルス2016年3月試合日程同4月試合日程
  210. ^ a b 楽天イーグルスグッズショップ 新店舗オープンのお知らせ”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2015年2月6日). 2015年2月6日閲覧。
  211. ^ 【グッズショップエスパル仙台店】6/1(木)グランドオープン!オープニングイベント開催!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2017年5月26日). 2017年8月18日閲覧。
  212. ^ 「オフィシャルストア 藤崎青葉通り店」閉店のお知らせ”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2012年12月10日). 2012年12月10日閲覧。
  213. ^ 東北楽天ゴールデンイーグルスオフィシャルスポーツラウンジ「T.R.G.E.」の閉店ならびに閉店カウントダウンイベントのお知らせ”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2017年1月6日). 2017年1月7日閲覧。
  214. ^ 【3/28(金)オープン】スポーツラウンジ「T.R.G.E.(TOHOKU RAKUTEN GOLDEN EAGLES OFFICIAL SPORTS LOUNGE)」を出店!”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2014年2月28日). 2015年10月24日閲覧。
  215. ^ “東北楽天が仙台・国分町にスポーツバー出店”. 日刊スポーツ. (2014年2月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140228-1263866.html 2015年10月24日閲覧。 
  216. ^ 東京楽天ゴールデンイーグルス” (日本語). www.facebook.com. 2022年7月13日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

東北楽天ゴールデンイーグルスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東北楽天ゴールデンイーグルスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東北楽天ゴールデンイーグルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS