岩手県 概要

岩手県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/13 13:34 UTC 版)

概要

東北地方の北部(北東北)に所在し、北は青森県、西は秋田県、南は宮城県と境界を接している。面積は15,275.01km2[1]、日本の都道府県としては、北海道に次いで2番目に広い。県の人口およそ125万人のうち、100万人以上(7割強)は、内陸部の北上盆地に集中している。盆地と海岸部以外は山地や丘陵地が多く、緑豊かな県である。

江戸時代の幕藩時代は、現在の岩手県の前身にあたる地域は伊達藩の北部と南部藩の南東部で構成されていた(このため県内において、呼称としての「南部」は地理的な意味とは逆に県北部を指す場合がある)。また、岩手県内で陸前に該当する地域は釜石以南の三陸地方のみである。南部(県北)地域は陸中に当たる。

名称

「岩手」の名称は、県庁の置かれた盛岡市の所属名「岩手郡」に由来する。その起源については、「住民の悪鬼追討の祈りに対し、人々の信仰を集めて『三ツ石さま』と呼ばれていた大岩(三ツ石の神、現:三ツ石神社)がそれを懲罰し、二度とこの地を荒らさないという鬼の確約を岩の上に手形で残させた」という故事に倣うとされる。

また、「岩手」の名が文献に登場するのは、「みちのくからに献上された鷹を、帝がたいそう気に入り、鷹に慣れた大納言に預けたが、取り逃がしてしまった」という大和物語の一説の鷹の名「岩手」が初めてだといわれている。帝は、岩手を失った悲しみを「言わないことが言うことより気持ちが勝る」の意味で、「岩手=言はで」に掛け「いはでおもふぞいふにまされる」と詠じたという。この表現は、古今和歌集の中からの本歌取りである。

地理・地域

自然公園

小岩井農場から見た岩手県最高峰岩手山
平泉高館から見た東北最大河川の北上川

地形

気候

気候区分は内陸の那須火山帯の麓は日本海側気候、それ以外の地域は太平洋側気候。それに併せて、内陸は内陸性気候で夏は暑く冬は寒く、太平洋側沿岸部は海洋性気候で夏は涼しい。(→東北地方#気候)。三陸海岸沿岸部はケッペンの気候区分では西岸海洋性気候 (Cfb) に分類されることもある。北部内陸地方や西部山岳地帯は亜寒帯湿潤気候 (Dfa, Dfb) に属し、寒さが非常に厳しく、特に藪川は冬季に−30°C近くまで冷え込むこともある本州最寒地として有名である。

県内全域が豪雪地帯に指定されているものの、冬の積雪量には地域差が大きい。西和賀町八幡平市は積雪量がかなり多く、特別豪雪地帯に指定されている。奥羽山脈では、積雪量が多く雪質も良いため、いくつかのスキー場スキースノーボードの国際大会や国内大会が開かれることが多い。一方、太平洋側に位置する宮古市、大船渡市などは積雪量は概して少ない。

太平洋側の盆地である北上盆地は、冬季の西高東低気圧配置になると奥羽山脈が「壁」の役割をはたして晴天になる場合も多い。そのため、放射冷却によって早朝の最低気温がかなり低くなる。対して、降雪時や曇天の場合は気温が下がりづらい。北上盆地に位置する盛岡市は、このような放射冷却の影響がある脊梁山脈東側盆地の最北端都道府県庁所在地であるため、(日本海側のため冬季は曇天が多く、放射冷却がおきにくい)青森市札幌市など、より北に位置する都道府県庁所在地よりも最低気温が下回る時が多く、東北地方では勿論、日本の都道府県庁所在地で最寒都市である日が多い。実際、北上盆地の各都市(盛岡市花巻市北上市奥州市)は、今でも厳冬期に−15°C前後まで下がることも珍しくなく、北海道を除き、標高が高くない都市平地部では最も冷え込みが厳しい地域である。しかし、冬場の朝晩は市街地と郊外の気温差は非常に大きく、盛岡、北上、一関を中心にヒートアイランドが顕著に見られる。

一方、北上盆地の夏は、フェーン現象の影響で、南にあり海洋性気候の傾向もある仙台市よりも気温が高いことがしばしばあるが、沿岸部は仙台市と同様の気候となることが多い。

岩手県内各地の平年値(統計期間:1971年 - 2000年、出典:気象庁・気象統計情報
平年値
(月単位)
三陸海岸 北部内陸 北上高地
洋野町
種市
久慈 普代 岩泉町
小本
宮古 山田 釜石 大船渡 軽米 二戸 八幡平市
荒屋
八幡平市
岩手松尾
一戸町
奥中山
久慈市
山形
葛巻 盛岡市
藪川
宮古市
区界
平均
気温
(°C)
最暖月 21.1
(8月)
21.6
(8月)
21.4
(8月)
21.5
(8月)
22.2
(8月)
21.9
(8月)
22.9
(8月)
23.0
(8月)
21.7
(8月)
22.7
(8月)
21.7
(8月)
22.3
(8月)
20.8
(8月)
20.9
(8月)
21.5
(8月)
19.4
(8月)
最寒月 −1.1
(1月)
−0.8
(2月)
−1.1
(1月)
−0.6
(1月)
0.2
(1月)
−0.3
(1月)
0.6
(1月)
0.7
(1月)
−3.0
(1月)
−2.3
(1月)
−3.6
(1月)
−3.5
(1月)
−4.8
(1月)
−3.1
(1月)
−3.9
(1月)
−7.0
(1月)
降水量
(mm)
最多月 196.4
(9月)
205.0
(9月)
257.8
(9月)
257.1
(9月)
229.4
(9月)
234.6
(8月)
287.2
(8月)
218.7
(9月)
160.6
(9月)
161.2
(9月)
163.3
(9月)
159.0
(9月)
171.5
(8月)
170.3
(8月)
154.0
(8月)
183.7
(7月)
最少月 36.0
(12月)
30.3
(12月)
36.7
(12月)
38.4
(12月)
39.9
(12月)
42.7
(1月)
47.0
(1月)
36.9
(12月)
28.2
(1月)
32.3
(1月)
70.8
(2月)
38.3
(1月)
53.5
(2月)
45.8
(1月)
34.3
(1月)
30.4
(1月)
平年値
(月単位)
北上高地 中西部 北上盆地
岩泉 宮古市
川井
遠野 住田 西和賀町
沢内
西和賀町
湯田
盛岡市
好摩
盛岡 雫石 紫波 花巻市
大迫
花巻 北上 奥州市
江刺
奥州市
若柳
藤沢
千厩
一関
平均
気温
(°C)
最暖月 22.0
(8月)
22.4
(8月)
22.5
(8月)
22.7
(8月)
21.9
(8月)
22.2
(8月)
22.4
(8月)
23.2
(8月)
22.4
(8月)
22.9
(8月)
22.9
(8月)
23.7
(8月)
23.5
(8月)
23.2
(8月)
23.2
(8月)
23.8
(8月)
最寒月 −1.3
(1月)
−1.4
(1月)
−2.8
(1月)
−1.0
(1月)
−3.4
(1月)
−3.0
(1月)
−3.2
(1月)
−2.1
(1月)
−3.0
(1月)
−2.3
(1月)
−2.5
(1月)
−1.5
(1月)
−1.7
(1月)
−1.7
(1月)
−1.3
(1月)
−0.7
(1月)
降水量
(mm)
最多月 179.2
(9月)
185.4
(8月)
194.2
(8月)
197.7
(8月)
264.8
(7月)
32.1
(1月)
170.0
(8月)
177.8
(8月)
215.3
(7月)
170.6
(8月)
170.5
(8月)
189.8
(8月)
157.1
(8月)
184.5
(8月)
171.7
(8月)
175.5
(8月)
最少月 49.5
(2月)
35.0
(1月)
37.1
(2月)
32.0
(1月)
157.5
(3月)
131.4
(3月)
36.0
(1月)
50.6
(1月)
64.5
(2月)
42.9
(1月)
41.5
(1、2月)
55.1
(1月)
43.0
(1月)
49.6
(1月)
27.4
(12月)
34.6
(12月)

広袤(こうぼう)

国土地理院の全国都道府県市区町村別面積調によると、岩手県の面積は15,275.01平方キロメートルである[2]

岩手県の東西南北それぞれの端は以下の位置である[3][4]。東端はとどヶ崎(本州最東端)、西端は黒森峠の北東約2km、南端はJR東日本東北本線油島駅の東南東約6.7km、北端はJR東日本八戸線角の浜駅の北約1kmである。加えて、重心も併記する[5]。また総務省統計局の平成27年国勢調査によると、人口重心は紫波郡紫波町佐比内字砥ケ崎にある[6]

岩手県の広袤
重心
北緯39度35分39秒東経141度21分32秒

北端
北緯40度27分02秒東経141度40分57秒
人口重心
北緯39度30分28.55秒東経141度17分28.18秒
西端
北緯39度23分28秒東経140度39分11秒
岩手県庁舎所在地
北緯39度42分13秒東経141度09分09秒
東端
北緯39度32分48秒東経142度04分21秒

南端
北緯38度44分52秒東経141度13分53秒

地域

岩手県 地域区分図

総面積で全国2位だが、可住地面積割合が24.3%と低く全国40位で、可住地面積では全国5位に下がる(都道府県の面積一覧#2014年 面積の順位を参照)。可住地は大別して内陸部(人口100万人程度)と、沿岸部(30万人程度)の2つ。このうち、内陸部には東北新幹線東北縦貫自動車道などの高速交通インフラが整っているが、その他の地域ではインフラが未発達で、地域間移動は国道在来線レベルに留まっている。特に、内陸部と沿岸部を行き来するためには、一般国道県道は急峻な峠を上り下りする道となっており、直線距離の割に、移動に大きな時間を要する結果を招いている。このような状況は、県土が多数のによって構成されている沖縄県とも相似しており、救急医療においてはヘリコプター輸送が行われているほどである。

交通インフラの未整備に起因して、短時間で県庁にたどりつけない県民が多数存在することから、従来岩手県庁は、県内各所に「地方振興局」を設置、県の総合出先機関として機能させてきた。近年にいたって、平成の大合併で市町村数が大幅に減少したことを契機として、2006年(平成18年)4月に地方振興局の再編を実施。高速交通インフラが整った内陸部では、細かい地域圏に分割せず、県の中枢機能が集まる盛岡市広域と、県南地域との南北2分割に統合した。県南地域については、従来多くの広域生活圏の設定があったが、それらを一まとめに統合して、新たに設立した「県南広域振興局」の管轄とした。この結果、従来12だった広域生活圏は、4に減少した。

県内地域区分

自治体

各振興局ごとに県内市町村を列記する。県内には14市10郡15町4村がある。「町」の読み方は、葛巻町、岩手町、西和賀町、山田町、軽米町、一戸町の6つが「まち」で、他は全て「ちょう」である。村はすべて「むら」と読む。

盛岡広域振興局管内 482,482人

県南広域振興局管内 514,132人

沿岸広域振興局管内 218,744人

県北広域振興局管内 133,932人

都市圏

都市雇用圏(10 % 通勤圏)の変遷

1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年
盛岡 都市圏
382706人
盛岡 都市圏
418459人
盛岡 都市圏
461605人
盛岡 都市圏
475541人
盛岡 都市圏
450392人
盛岡 都市圏
474395人
水沢 都市圏
124722人
水沢 都市圏
142279人
水沢 都市圏
143633人
北上 都市圏
220258人
北上 都市圏
215745人
北上 都市圏
194576人
花巻 都市圏
97389人
一関 都市圏
111629人
一関 都市圏
117414人
水沢 都市圏
133028人
一関 都市圏
149496人
奥州 都市圏
141071人
一関 都市圏
92459人
花巻 都市圏
98853人
花巻 都市圏
99643人
一関 都市圏
110034人
水沢 都市圏
125216人
一関 都市圏
135987人
釜石 都市圏
86538人
北上 都市圏
82851人
北上 都市圏
87969人
花巻都市圏は
北上都市圏と合一
宮古 都市圏
80392人
宮古 都市圏
78047人
北上 都市圏
76633人
釜石 都市圏
71542人
宮古 都市圏
87499人
宮古 都市圏
84406人
釜石 都市圏
59503人
釜石 都市圏
54850人
宮古 都市圏
73014人
宮古 都市圏
68052人
釜石 都市圏
67748人
釜石 都市圏
64000人

「南北沿岸」の所得格差

北上市など県の南部では経済発展によって所得水準が大きく向上している一方の内陸北部・沿岸部では目立った経済的発展がなく発展が遅れがちで、所得格差が存在している。統計資料で比較すると、県全体の平均所得が242万円なのに対し、県北の中心都市二戸市久慈市では、190万円台にとどまり、50万円以上もの格差が存在している[8]岩手県庁は2006年、県北・沿岸振興本部を設置して対策に乗り出したが、南北の格差は逆に拡大傾向すら呈しており、根本的な対策が求められている[9]

隣接自治体

行政機関




  1. ^ 国土地理院. “全国都道府県市区町村別面積調”. 2014年7月17日閲覧。
  2. ^ 国土地理院. “全国都道府県市区町村別面積調”. 2014年6月6日閲覧。
  3. ^ 国土地理院. “日本の東西南北端点の経度緯度”. 2014年6月6日閲覧。
  4. ^ 国土地理院. “岩手県 市町村の役所・役場及び東西南北端点の経度緯度(世界測地系)”. 2014年6月6日閲覧。
  5. ^ 国土地理院. “北海道・東北地方の東西南北端点と重心の経度緯度”. 2014年6月6日閲覧。
  6. ^ a b 総務省統計局. “我が国の人口重心 -平成27年国勢調査結果から-”. 2017年8月14日閲覧。
  7. ^ [1] - 岩手県
  8. ^ デーリー東北 - デーリー東北新聞社2006年(平成18年)3月5日確認[リンク切れ]
  9. ^ 岩手日報社、2006年(平成18年)2月12日確認
  10. ^ ステップバイソン参照
  11. ^ 細井計「風と人間」2ページ
  12. ^ 細井計、伊藤博幸・菅野文夫・鈴木宏 『岩手県の歴史』 山川出版社〈県史 児玉幸多 監修 3〉、1999年8月。ISBN 4-634-32030-4
  13. ^ 太政官布告第1号、仙台県ヲ宮城県盛岡県ヲ岩手県ト改称。
  14. ^ a b 岩手日報 - 岩手日報社、2008年1月17日確認[リンク切れ]
  15. ^ 平成27年国勢調査”. 総務省統計局 (2016年10月26日). 2017年7月22日閲覧。
  16. ^ 総務省統計局. “我が国の人口重心 -平成22年国勢調査結果から-”. 2017年8月14日閲覧。
  17. ^ 統計表一覧 政府統計の総合窓口”. 総務省統計局 (2017年4月14日). 2017年7月23日閲覧。
  18. ^ 読売新聞2007年3月13日付朝刊 - 読売新聞社
  19. ^ 岩手の統計情報 - 岩手県庁総務部統計課、2008年5月確認
  20. ^ a b ゲンダイネット[リンク切れ] - 2008年2月28日確認など。
  21. ^ 岩手県 ILCを核とした国際学術研究都市イメージ
  22. ^ 金融資産と負債 - 金融広報中央委員会、2008年6月確認
  23. ^ 農林水産統計 - 農林水産省提供、2008年8月12日確認
  24. ^ 毎日新聞 2008年(平成20年)2月20日付朝刊 - 毎日新聞社
  25. ^ 岩手日報 - 岩手日報社、2008年2月8日確認
  26. ^ 盛岡タイムス - 盛岡タイムス社、2007年8月6日確認
  27. ^ 岩泉線の廃止について (PDF) - 東日本旅客鉄道(2013年11月8日付)
  28. ^ 岩泉線きょう廃止届 押角トンネルなど無償譲渡 - 読売新聞(2013年11月8日付) ※インターネットアーカイブ
  29. ^ 地域高規格道路であるが、三陸道や八戸久慈道と一体となって全線自動車専用で運用されている。
  30. ^ 「都道府県別進学率・就園率」島根県庁調査、2008年(平成20年)5月確認
  31. ^ 岩手日報社、2007年(平成19年)2月13日確認
  32. ^ JNN系列局が存在しない秋田県の全国報道取材も行う。CATV経由で秋田市にも再送信。
  33. ^ 開局当初は盛岡市茶畑二丁目に本社演奏所があった。のちに現在地の盛岡市内丸に移転。
  34. ^ 開局当初は盛岡市盛岡駅前通8番17号の小岩井明治安田ビル2階に本社演奏所があったが、2006年(平成18年)に現在のTVI本社ビル7階へ移転。
  35. ^ 開局当初は奥州市水沢区佐倉河に本社演奏所を、盛岡市本宮に業務センターを置いていたが、のちに盛岡業務センターを本社に格上げ・機能拡充する形で演奏所を移転。奥州市の旧本社跡は「めんこい美術館」に衣替えし、業務センターは奥州市に置かれて現在に至る。
  36. ^ FNN/FNS系列局が存在しない青森県の全国報道取材も行う。CATV経由で青森県三八上北地方にも再送信(折爪岳からの電波の直接受信も可)。
  37. ^ 本堂寛作成の『日本言語学地図』を参照
  38. ^ 私立花巻東高等学校野球部に対する県民栄誉賞の授与について





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岩手県」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

岩手県のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング
岩手県の温泉情報



岩手県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岩手県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS