南田洋子 出演

南田洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/27 04:27 UTC 版)

出演

テレビドラマ

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日(旧NET)
テレビ東京
毎日放送
ABCテレビ
関西テレビ
読売テレビ
東海テレビ
中部日本放送
  • 東芝日曜劇場「父と子たち 再婚」(1965年)
RKB毎日放送
WOWOW
  • 祖国(2005年) - 守谷セキ 役

映画

チャリティ

バラエティ

CM




  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.42.
  2. ^ a b 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか”. 現代ビジネス (2011年8月17日). 2019年12月19日閲覧。
  3. ^ a b c 南田 洋子(ミナミダ ヨウコ)とは”. コトバンク. 2016年10月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 「人生、生きちょるだけで丸儲け」の名セリフを残した南田洋子”. シネマズ. 松竹 (2016年3月6日). 2016年10月19日閲覧。
  5. ^ a b “南田洋子さんデビュー作は「美女と盗賊」”. 日刊スポーツ. (2009年10月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20091021-557932.html 2016年10月23日閲覧。 
  6. ^ 江國滋『人間山脈』(芸術生活社)P.72
  7. ^ a b “南田洋子さん亡くなる 一生分のキスで送られて…”. スポニチ Sponichi Annex. (2009年10月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/10/21/kiji/K20091021Z00000640.html 2016年10月23日閲覧。 
  8. ^ 南田洋子さん死去 夫・長門裕之、最後の思い出は「指をきつく握ってくれた“痛み”」”. ORICON STYLE (2009年10月21日). 2016年10月23日閲覧。
  9. ^ 南田洋子 - 略歴・フィルモグラフィー”. キネノート. キネマ旬報社. 2020年3月29日閲覧。
  10. ^ お嬢さん先生”. 日本映画製作者連盟公式サイト. 映連データベース. 日本映画製作者連盟. 2020年3月29日閲覧。
  11. ^ 南田洋子1959年”. 日活公式サイト. 日活. 2020年3月29日閲覧。
  12. ^ 南田洋子1960年”. 日活公式サイト. 日活. 2020年3月29日閲覧。
  13. ^ 地図のない町”. 国立映画アーカイブ公式サイト. 所蔵映画フィルム検索システム. 国立映画アーカイブ. 2020年3月29日閲覧。
  14. ^ a b 南田洋子1961年”. 日活公式サイト. 日活. 2020年3月29日閲覧。
  15. ^ 映画 この愛の物語 (1987)について”. allcinema. スティングレー. 2020年3月29日閲覧。


「南田洋子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「南田洋子」の関連用語

南田洋子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



南田洋子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南田洋子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS