写ルンです テレビCM出演者

写ルンです

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 13:01 UTC 版)

テレビCM出演者

幼い娘を持つ父親(母親つまり妻役の女性は未登場)で、サラリーマン(役職は課長)という設定のデーモンが娘を前に乗せて歌いながら土手沿い自転車を走らせる「いい日旅立ち編」などの、コミカルな演技が話題となった。聖飢魔IIのビデオCD『SEIKIMANIA』(1995年)に「吊り橋編」「忘れ物編」「トンボ採り編」が収録されている。同タイトルは2003年にDVD化。
シリーズ終了後、後述のヒット曲パロディシリーズで当時の聖飢魔IIメンバー全員が出演した戦国時代の合戦風のCMも存在する。内容は、本陣で待機する敗色濃厚な軍勢(軍旗は総赤、及び白地に赤い三日月)の総大将(演:稲垣吾郎)のもとに矢を受けた赤切裂指物使番が転げこんできて絶望的な戦局を報告、暗に引き上げを進言、総大将が聖飢魔IIの来援を信じてこれを却下、反論しかけた重臣を制してNAI NAI 16のサビを歌うとデーモン以下の聖飢魔IIが(前述のデーモン単独出演以来ということで)「久々!」と登場するというもの(後述の「NAI NAI 16篇」)。
なお、沢口と稲垣は、同年のドラマ『』で共演している。

  1. ^ 『31年目の「写ルンです」』60頁。
  2. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.93.
  3. ^ a b 読売ADリポート ojo:adv.yomiuri 2000年2月号”. 2020年5月14日閲覧。
  4. ^ 『昭和40年男』Vol. 16、2012年。
  5. ^ a b オトナファミ2012年3月号」 p069-p073 誕生25周年!フジカラー写ルンです
  6. ^ a b c d 写ルンです 出荷終了品”. 2020年1月24日閲覧。
  7. ^ “「フジカラー 写ルンです COLORS」 販売終了のご案内” (プレスリリース), 富士フイルムイメージングシステムズ株式会社, (2013年9月6日), http://ffis.fujifilm.co.jp/information/articlein_0028.html 2020年1月24日閲覧。 
  8. ^ “「フジカラー写ルンです シンプルエース27枚撮」価格改定およびパッケージリニューアルならびに「フジカラー写ルンです シンプルエース39枚撮」販売終了のご案内” (プレスリリース), 富士フイルムイメージングシステムズ株式会社, (2018年1月19日), http://ffis.fujifilm.co.jp/information/articlein_0077.html 2020年1月24日閲覧。 
  9. ^ FUJIFILM:ニュースリリース一覧”. 2001年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月18日閲覧。
  10. ^ a b 『31年目の「写ルンです」』59頁。
  11. ^ 『31年目の「写ルンです」』61頁。
  12. ^ a b 『撮るライカ 1』 (ISBN 4-7698-1165-9) p. 153 / 『写真工業』誌の連載では第24回、同誌 Vol. 61, No. 9(通巻653, 2003年9月号) pp. 95 - 99、該当の記述は p.96
  13. ^ 『カラーネガフィルムの技術系統化調査』§10.1.1
  14. ^ 激動の時代に 関西企業トップストーリー (52) オリオン社長 小西 靖介氏 子どもの「憧れ」形に/駄菓子にこだわり63年神戸新聞社、2011年10月2日。
  15. ^ TV-CM index FUJIFILM
  16. ^ 高橋政士(編) 『深迷怪鉄道用語辞典』海拓舎、2001年4月、252頁。ISBN 4-907727-18-6 


「写ルンです」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

写ルンですのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



写ルンですのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの写ルンです (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS