仙石正和 仙石正和の概要

仙石正和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/03 14:52 UTC 版)

経歴

長野県松本市生まれ。長野県松本県ヶ丘高等学校[1]を経て、昭和42年新潟大学工学部電気工学科卒業。昭和47年北海道大学大学院博士課程修了、工学博士。北海道大学工学部助手、新潟大学工学部助教授を経て教授[2]。2008年、電子情報通信学会功績賞を受賞。新潟大学副学長、理事を務めた[3]。 2014年事業創造大学院大学学長・教授。

著書

  • 『工学力のデザイン』共著(丸善 2007)
  • 『電子情報通信ハンドブック』電子情報通信学会編(共著電子情報通信学会編):
  • 『電気の不思議 ―エレクトロニクスへの招待―』(コロナ社 1995)
  • 『新版情報処理ハンドブック』共著(情報処理学会編 オーム社 1995 )
  • 『演習グラフ理論 ―基礎と応用―』共著(コロナ社 1983)など

外部リンク






「仙石正和」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仙石正和」の関連用語

仙石正和のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



仙石正和のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仙石正和 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS