スッポン 分布

スッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/16 09:31 UTC 版)

スッポン(鼈・龞・鱉、丸魚、Pelodiscus sinensis)は、爬虫綱カメ目スッポン科スッポン属に分類されるカメ。「キョクトウスッポン」「アジアスッポン」「ヒガシアジアスッポン」「シナスッポン」「チュウゴクスッポン」「ニホンスッポン」の名で呼ばれることもある(ニホンスッポンとチュウゴクスッポンに亜種を分ける説もある)。


  1. ^ 肉類/<その他>/すっぽん/肉/生 - 一般成分-無機質-ビタミン類-アミノ酸-脂肪酸-炭水化物-有機酸等”. 食品成分データベース. 文部科学省. 2021年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  2. ^ a b スッポン”. e食材辞典. 第一三共株式会社. 2021年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  3. ^ a b c “日本で初めてスッポンの養殖を開始。カレーやサプリなど新商品を次々と開発”. しんきん経営情報-トップインタビュー (ダイヤモンド・オンライン). (2021年10月1日). オリジナルの2021年9月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210930234439/https://diamond.jp/articles/-/283064 
  4. ^ 伊庭, 功「粟津湖底遺跡の発掘調査(湖底に沈んだ縄文時代中期の貝塚)」『滋賀考古』第5号、1990年、 50-51頁。
  5. ^ a b 新美倫子「鳥獣類相の変遷」『縄文時代の考古学4 人と動物の関わりあい』(同成社、2010年)、pp.146 - 147
  6. ^ 樋泉岳二「漁撈活動の変遷」西本豊弘編『人と動物の日本史1 動物の考古学』(吉川弘文館、2008年)、p.143
  7. ^ 楊貴妃も愛した?!旬の「スッポン」”. 一般財団法人 日本educe食育総合研究所. 2021年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月11日閲覧。
  8. ^ “名料理を新たに登録/スッポン丸煮、チョウザメ冷製煮物など”. 朝鮮新報. (2021年6月7日). オリジナルの2021年12月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211212010512/https://www.chosonsinbo.com/jp/2021/06/07-33/ 
  9. ^ 土別甲 生薬学術情報”. 伝統医薬データベース. 富山大学和漢医薬学総合研究所. 2021年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  10. ^ a b 京極夏彦他編著 『北斎妖怪百景』国書刊行会、2004年、131頁。ISBN 978-4-336-04636-9 
  11. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』毎日新聞社、2000年、198頁。ISBN 978-4-620-31428-0 
  12. ^ a b 水木しげる妖鬼化』 2巻、Softgarage、2004年、84頁。ISBN 978-4-86133-005-6 
  13. ^ 江馬務 『日本妖怪変化史』中央公論新社中公文庫〉、1976年、37頁。ISBN 978-4-12-200349-1 


「スッポン」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スッポンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スッポンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスッポン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS