アメリカ合衆国 歴史

アメリカ合衆国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/14 14:46 UTC 版)

歴史

新大陸の到達

1620年、メイフラワー誓約の署名
1764年、ヨーロッパ人(左)と会うネイティブ・アメリカン(右)

イタリアジェノヴァ)人のクリストファー・コロンブススペイン女王イサベル1世の承諾を受け、大西洋周りによるアジア諸国への到達を志したが、1492年に現在の西インド諸島にたどり着いた。当初は東アジアの一部と考えられていたが、現在の大陸名の由来ともなるイタリアの探検家アメリゴ・ヴェスプッチの主張をもとに新たな大陸とされた。その後、ドイツの地図製作者マルティン・ヴァルトゼーミュラーがアメリカ大陸と命名し、その名が定着していった。

これを契機に、ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸への侵略が開始した。イタリアジョン・カボットが北アメリカ大陸の東海岸を探検し、イギリスニューイングランド植民地の領有を宣言し、フランスジャック・カルティエセントローレンス川を探検したあと、その一帯をヌーベルフランス植民地とするなど、南北アメリカ大陸の探検と開拓が開始した。

のちに、アメリカ人は「明白な天命(マニフェスト・デスティニー)」をスローガンに奥地への開拓を進め、たとえ貧民でも自らの労働で土地を得て豊かな暮らしを手にすることができるという文化を形成して「自由と民主主義」理念の源流を形成した。その成功が誇張も含めて旧大陸に伝来し、さらに各地からの移民を誘発することになった。それと同時に、先住民であるネイティブ・アメリカンと協調・交易する一方で、虐殺や追放をして彼らの土地を強奪していった。

グレートブリテン王国(イギリス)からの独立

ジョン・トランブル画『独立宣言』:1776年第2回大陸会議へ草稿を提示する5人の委員
国璽(表)
国璽(裏)

北米大陸にヨーロッパ諸国が植民地支配を展開する中、イギリスと13植民地との間に経済・租税措置を巡って対立が生じた。1775年アメリカ独立戦争が勃発すると、1776年7月4日独立宣言を発表し、イギリスの優位性を崩すためにフランスと同盟を締結した。

13植民地の独立とアメリカ合衆国の建国

この7月4日は現在も「独立記念日」として、クリスマス感謝祭と並び、米国の代表的な祝日とされる。13植民地が勝利すると1783年パリ条約が締結され、「アメリカ合衆国」として正式に独立(建国)し、独立した13州に加えてミシシッピ川以東と五大湖以南をイギリスから割譲された。

初代アメリカ合衆国大統領 ジョージ・ワシントンアメリカ合衆国 建国の父の一員とされている。

1787年9月17日には、連合規約に代わる中央集権的な合衆国憲法が激論の末に制定された。1789年3月4日に発効され、同年に初代大統領として大陸軍司令官であったジョージ・ワシントンが就任した。

アメリカは、「自由」と「民主主義」を標榜したことから、近代の共和制国家としても、当時としては稀有な民主主義国家であった。しかし、女性アフリカ大陸から強制的に連行させられた黒人奴隷アメリカ先住民の権利はほとんど保障されなかった。その結果、奴隷制度人種差別が独立後のアメリカに長く残ることとなった。

西部開拓と南北戦争

米国の領土拡張の推移である。18世紀以後、各領土は州として承認された。
南北戦争で事実上の決戦となったゲティスバーグの戦い

1791年ウィスキー税反乱が発生したものの、連邦政府の勝利に終わった。北西インディアン戦争勝利により、1795年北西部を獲得した。未開の地であった西部の勢力拡大を企図して、1803年フランスルイジアナ買収を実施したが、イギリスが西部開拓を阻んだため、1812年米英戦争が勃発するも1814年ガン条約を締結して事態は収拾し、西部へ進出した。

アメリカ合衆国軍事占領下のメキシコシティ(1847年)

入植時からの先住民との戦争を継続しながらも、1819年スペインフロリダ買収1830年インディアン移住法によりインディアンを強制的に西部に移住させると、1836年メキシコ領テキサスでのテキサス共和国樹立と1845年のアメリカへの併合、1846年オレゴン条約、および米墨戦争によるメキシコ割譲により、領土は西海岸にまで達した。現在のアメリカ本土と呼ばれる北米大陸エリアを確立したのである。

それと同時期に遠洋捕鯨が盛んになり、太平洋にも進出を開始した。1850年代鎖国状態だった日本へ食料や燃料調達のために開国させることを目的に米軍艦を派遣した。2つの不平等条約を締結した上で開国させた。以後、アジア外交にも力を入れるようになった。

南北戦争によって大量の戦死者を出したアメリカ兵。全体でも60万人以上発生したとされる。

1861年奴隷制廃止に異を唱えて独立宣言を発した南部連合国と北部の合衆国の間で南北戦争が勃発し、国家分裂の危機を迎えた。これを受けて1862年に当時の大統領エイブラハム・リンカーンによって奴隷解放宣言が発表され、1865年に南北戦争はアメリカ合衆国の勝利で終結し、アメリカ連合国は解体された。しかし、法の上でのアフリカ系アメリカ人や先住民など、その他の少数民族に対する人種差別はその後も継続することになる。

南北戦争後、鉄道網の発達と共に本格的な西部開拓時代に突入した。19世紀後半には、鉄鋼業や石油業が繁栄したことによってアメリカ経済が大きく躍進することになった。

海外進出

移民流入の主な玄関口であったニューヨークエリス島

南北戦争後も諸外国との戦争などを通して、海外領土の拡大が続けられた。1867年にはアラスカロシア帝国から購入し、1898年にはハワイ王国が併合され、スペインとの米西戦争に勝利してグアムフィリピンプエルトリコ植民地にし、キューバ保護国に指定した。これにより、現在の北米・太平洋圏でのアメリカ領土が確立した。また1899年から1946年にかけて、スペインに代わってフィリピンを支配した。

1900年には義和団の乱平定に八カ国連合軍としてに派兵した。1904年日露戦争にアメリカ合衆国は干渉し、日本とロシア帝国の両国はアメリカ合衆国連邦政府の斡旋の下で、講和条約としてポーツマス条約を締結させた。

1910年代から外国人土地法を徐々に施行し、有色人種に対する圧力を強化した。1919年、「国際連盟規約」中に人種差別の撤廃を明記するべきという 人種的差別撤廃提案に当時のアメリカ合衆国大統領ウッドロウ・ウィルソンは反対した。

米比戦争を勃発しアメリカ合衆国が勝利した後には、数十万人のフィリピン人を虐殺した上で独立運動を鎮圧したが、1934年には議会がフィリピン独立法(タイディングス=マクダフィ法)を制定、10年後の独立を認めた。しかし、フィリピン独立準備政府(フィリピン・コモンウェルス)は日本軍の侵攻により1942年にアメリカに亡命した。

第一次世界大戦

1914年7月28日にヨーロッパで勃発した第一次世界大戦では、当初は中立を守る一方で、1915年ハイチ1916年ドミニカ共和国に出兵して占領を開始した。

アメリカ合衆国は軍政を展開したことで西半球における権益確保政策を進めた。ルシタニア号事件などの影響もあり、次第に連合国イギリスフランスイタリア日本など)に傾き、1917年には連合国側として参戦した。1918年には共産主義の拡大を防ぐ目的でシベリア出兵を実施した。

1918年11月11日に終結した第一次世界大戦後は、1919年パリ講和会議で当時の大統領ウッドロウ・ウィルソンの主導によって国際連盟設立と人種差別撤廃案阻止[39]に大きな役目を担う。モンロー主義を提唱してヨーロッパへの不干渉およびラテンアメリカに対する権益の維持をしようとするアメリカ合衆国上院の反対により国際連盟への加盟は実現しなかったが、他の戦勝国とともに5大国の一員として注目された。1920年代にはアメリカン・アニメーションの黄金時代とも呼ばれ、アニメーション産業が活発化した。

国内では首都ワシントンをはじめとする多くの都市で「赤い夏」などの人種暴動により数万人が死傷した[40]1924年には排日移民法を施行して人種差別政策を強めた。1927年に出兵していたニカラグアサンディーノ将軍の率いるゲリラが海兵隊を攻撃したため、1933年にアメリカ軍はニカラグアから撤退し、従来の政策から善隣外交(Good Neighbor policy)に外交政策を移行した。

戦間期

続く1920年代バブル経済に基づく空前の繁栄「轟く20年代」が起こるが、1929年10月29日ウォール街ニューヨーク証券取引所で発生した株の大暴落「暗黒の木曜日」が契機となり、1939年まで続く世界恐慌が始まった。この世界恐慌によって、労働者や失業者による暴動が頻発するなど多大な社会的不安を招いた。

当時の大統領フランクリン・ルーズベルトが実施したニューディール政策により経済と雇用の回復を目指したものの、1930年代末期まで経済も雇用も世界恐慌以前の水準には回復せず、第二次世界大戦の戦時経済によって世界恐慌以前の水準を上回る、著しい経済の拡大と雇用の回復が実現された。一方で、経済不況を受けてドイツイタリア日本などでナチズムファシズム軍国主義が1930年代前半から台頭し始め、のちの第二次世界大戦の起因となった。

第二次世界大戦

アメリカ合衆国のハワイを攻撃する日本軍機(1941年)
オマハ・ビーチに接近するアメリカ軍(1944年)

1939年9月1日にドイツ軍ポーランドに侵攻し、ヨーロッパ第二次世界大戦が勃発した当初は中立政策は維持していたものの、1941年にはレンドリース法の施行により、イギリスソビエト連邦自由フランス中華民国に大規模な軍需物資の支援を実施し、日本のアジア進出に対してABCD包囲網を形成した。1941年12月7日(日本時間:12月8日)に日本軍による真珠湾攻撃があり、これを契機にイギリスやソ連が中心となっていた連合国の一員として参戦した。

開戦後まもなく、日系アメリカ人南米諸国の日系人のみを強制収容所に連行した(日系人の強制収容)。日系人男性はアメリカ兵として忠誠を示すために戦闘に参加した。日本海軍機によるアメリカ本土空襲などの、数回にわたる西海岸への攻撃はあったものの、本土への被害はほとんどなく、事実上の連合諸国への軍事物資の供給工場として機能し、あわせてドイツ、イタリア、日本の三国同盟を軸とする枢軸国に対する戦闘でも大きな役割を果たした。1943年夏頃からはヨーロッパ戦線南太平洋戦線においてイギリス軍や中華民国軍オーストラリア軍らとともに本格的な反攻作戦を開始。1944年にはパリの解放を行ったものの、フランス国内における米兵の犯罪が多発した。

また、敵国であったドイツや日本だけでなく、または同盟国であった中国に対する戦略爆撃無差別爆撃を実施した。1944年、中国本土爆撃(漢口空襲)では市街地の50%以上が焼失した。アメリカ軍が行った日本本土空襲の中でも、1945年3月10日の東京大空襲では推定約14万人、ドイツに関してもドレスデン爆撃で最大20万人を死傷させた。

アメリカ軍は日本への原子爆弾投下広島長崎)を実施した。

1945年5月8日にはドイツが連合国に対して無条件降伏した。1945年8月には、イタリアやドイツなど枢軸国からの亡命科学者の協力を得て原子爆弾を完成した。同年、アメリカ合衆国は世界で初めて一般市民を標的に日本の広島(8月6日)と長崎(8月9日)に投下し、人類史上初の核兵器を使用し、推定で合計約29万人が死傷した。8月15日に日本がポツダム宣言を受諾し降伏し、同年9月2日の日本全権による連合国への降伏文書調印をもって第二次世界大戦は終戦した。

第二次世界大戦以前は非戦争時にはGDPに対する軍事費の比率は1%未満から1%台で、GDPに対する軍事費の比率が低い国だったが、第二次世界大戦で史上最大の軍拡(後述)を実施したことで、各種関連企業が潤うことで著しく軍事偏重状態になり、ボーインググラマンフォードグッドイヤーなどによる軍産複合体が政治に影響力を行使する恐れがあると批判されるようになった。

アメリカ合衆国は、大戦における主な戦場から本土が地理的に離れていたことから本土にほとんど戦災被害を受けなかった。戦勝国として日本の委任統治領であったマーシャル諸島マリアナ諸島カロリン諸島などの太平洋の島々を新たに信託統治領として獲得するとともに、敗戦後の日本ドイツを統治した。1946年からマーシャル諸島でクロスロード作戦などの大規模な原水爆実験を繰り返して核大国としての地位を固める。核拡散防止条約(NPT)はアメリカを核兵器国と定義し、原子力平和利用の権利(第4条)と核不拡散(第1条)・核軍縮交渉(第6条)義務を定めている[41]

以後、世界最強の経済力と軍事力を保持する超大国として、「自由民主主義」の理念を目的・大義名分として冷戦期およびそれ以後の外交をリードする事になる。

戦後とソ連との冷戦

1985年、ジュネーブにて、ミハイル・ゴルバチョフソ連書記長と会談する米大統領ロナルド・レーガン

第二次大戦後は、連合国としてともに戦ったソ連との冷たい戦争(冷戦)が始まった。一時は上院議員ジョセフ・マッカーシーらに主導された赤狩り旋風(マッカーシズム)が発生するなど、世論を巻き込んで共産主義の打倒を掲げた。

冷戦においては、ソ連を盟主とした東側諸国共産主義社会主義陣営に対抗する西側諸国資本主義自由主義陣営の盟主として、西ヨーロッパ諸国や日本、韓国中華民国台湾)などに経済支援軍事同盟締結などで支援した。共産主義国家を除く世界の大半の国に影響力を広めることになった。

アメリカ合衆国は北大西洋条約機構(NATO)によって、ソビエト連邦はワルシャワ条約機構によって他国に多数の自国の軍事基地を設立させていった。核兵器を保有していないドイツイタリアオランダなどの国内にもアメリカ軍基地の他に核兵器を設置した(核シェアリング)。しかし、発射の決定権は全てアメリカ連邦政府が保持していたため安全保障面で疑問視された。

戦勝国であり核兵器までも保有しているイギリスにも1万人を超えるアメリカ兵と在英アメリカ軍が、また上記以外にもトルコノルウェースペインサウジアラビアにもアメリカ軍が駐留し、西側諸国の上空を守っていた。アジアでも朝鮮戦争停戦後、韓国には在韓米軍フィリピンタイに駐留した。日本にも日米安保条約に基づき在日米軍が数万人駐留している。

同時に南アメリカもアメリカ合衆国の政策の影響力により、アメリカ合衆国寄りとして政策を続けられたため、「合衆国の裏庭」と批判されるほどであった[注釈 3]が、キューバ革命以降はキューバと敵対している。

冷戦期には朝鮮戦争ベトナム戦争など世界各地の紛争に介入している。グレナダ侵攻の際は宣戦布告を行わないまま開始した。ベトナム戦争ではトンキン湾事件で事実を一部捏造し本格的介入に踏み込んだ。核兵器の製造競争などもあり、ジョン・F・ケネディ政権下の時代にソ連との間でキューバ危機が起こるなど、核戦争の危機もたびたび発生し、1963年にはケネディ大統領暗殺事件が発生した。

冷戦中に「自由と民主主義の保護」の理念を掲げたが、国益追求もひとつの目的でもあった。実力行使で理念と矛盾する事態を発生させ、ベトナムへの介入は西側・東側諸国を問わずに大きな非難を呼び、国内世論の分裂を招いた。「反共産主義」であるという理由だけでアジアラテンアメリカ諸国をはじめとする世界の右派軍事独裁政府への支援や軍人に対しても、パナマ米州学校で「死の部隊」の訓練を行った。こうして育てられた各国の軍人は母国でクーデター内戦を起こし、母国民に対して政治的不安定と貧困をもたらす結果となった。

同時に、大戦の後遺症に苦しむ同盟国への支援と安全保障の提供は、経済成長をもたらす一因ともなって東側との大きな生活水準格差を生み出し、のちに東欧革命の原動力の起因となった。

人種差別と公民権運動

民主主義国家」を標榜するアメリカであったが、1862年の奴隷解放宣言以降や第二次世界大戦後に至っても南部を中心に白人による人種差別が法律で承認され、一部の州では結婚も禁止する人種差別国家でもあった。1967年まで16州で白人が非白人と結婚することを禁じていたが、アメリカ最高裁判所が異人種間結婚を否定する法律を憲法違反と判断した[42]1960年代にはこのような状態に抗議するキング牧師を中心としたアフリカ系アメリカ人などが、法の上での差別撤廃を訴える公民権運動を行った結果、1964年7月に当時の大統領リンドン・ジョンソンの下で公民権法(人種・宗教・性・出身国による差別禁止)が制定された。

差別撤廃のための法的制度の整備は進んだものの、現在に至るまでヨーロッパ系移民およびその子孫が人口の大半を占め、社会的少数者の先住民ユダヤ系移民、非白人系移民とその子孫(アフリカ系ヒスパニックアジア系など)などの少数民族に対する人種差別問題は解消していない(アメリカ合衆国の人種差別)。それは就職の際の格差などから、警察官が人種の相違を理由に不公平な扱いをしたといった問題としてロス暴動のような大きな事件の原因となることすらある。アフリカ人への奴隷貿易や先住民虐殺の国家的行為に基づく歴史的事実については、連邦政府としてはいまだに謝罪していない。1965年、中米紛争の一環として、再びドミニカ共和国の占領、1983年、ロナルド・レーガン政権は、宣戦布告なしでグレナダ侵攻と1986年にはリビアへの無差別爆撃を開始した。

冷戦終結と貿易赤字と単独主義

1989年冷戦終結と1991年ソビエト連邦の崩壊によって、結果的に事実上アメリカ合衆国側(自由主義陣営)の勝利となり、以後唯一の超大国として「世界の警察(globocop)」と呼ばれ[43][44][45][46][47][48][49]、冷戦後の世界はパクス・アメリカーナとも呼ばれるようになった。

冷戦時代から引き続いて、日本、韓国、サウジアラビア、ドイツ、イギリス、イタリア、オーストラリアエジプト、ベルギー、スペインやトルコ、ルーマニアやデンマーク、ノルウェーなど国外の戦略的に重要な地域に米軍基地を現在も駐留・維持し続け、1989年にはジョージ・H・W・ブッシュ政権の元、パナマ侵攻を決行し、1990年には湾岸戦争と各国の紛争や戦争に介入した。パナマ侵攻は国連での手続きもないアメリカ単独の武力侵攻のため、国連総会は軍事介入を強く遺憾とする決議を採択した[50]

石油ショック以降の原油の値上がりによって基幹産業のひとつである自動車産業などが大きな影響を受け、1970年代以降は日本や西ドイツなどの先進工業国との貿易赤字に悩ませられることとなる。しかしこのころよりハイテク・半導体技術と産業、とりわけ集積回路(IC)がムーアの法則に従って急速に発達し始め、のちのAI革命に繋がった。

1970年代に入ると日本との貿易摩擦が表面化し、日本との経済的な対立を引き起こした。労働者や議員がハンマーで日本製品を壊すという現象も発生した。バブル崩壊以降は日本との大きな経済対立はしていないものの、近年は、中華人民共和国に対する貿易赤字が膨張しているほか[51]インドなどへの技能職の流出が問題となっている。

経済がグローバル化し冷戦時代に軍事用として開発されたインターネット・ITが民間に開放され、流行した。1993年からの民主党ビル・クリントン政権下では、ITバブルと呼ばれるほどの空前の好景気を謳歌した。

テロとの戦い

21世紀に入って間もなく、2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件を境に「テロとの戦い」を宣言して世界の情勢は劇的に変化し、各国間の関係にも大きな変化が起こるきっかけとなった。ただし、このテロ事件を起こしたアルカーイダの母体となる組織に、ソ連のアフガニスタン紛争時に資金提供していたのは米国であった[52]

アメリカ国防総省の本部のペンタゴンに突入した痕跡。

同年、当時の大統領ジョージ・W・ブッシュは、テロを引き起こしたアルカーイダをかくまったタリバーン政権を攻撃するため、10月にアフガニスタン侵攻を開始した。約3か月で目的を達成し、傀儡政権を樹立したが、タリバーンを全滅することはできず、危害を加えたことで市民からも支持されず[53]、統治に約20年と2.26兆ドルを費やした後[54]、最終的に米軍は撤退し、タリバーンは急速に勢力を回復して再び政権を奪還。米国最長の戦争は「敗北」とも言われる幕引きとなった[55]

後述のイラク戦争も含めた中東作戦では、戦死者以上の自殺数を出した兵士の心的外傷後ストレス障害(PTSD)が社会問題になった[56][57]

2002年にはイランイラク北朝鮮悪の枢軸と呼び、2003年3月には、イラクを大量破壊兵器保有を理由に中華人民共和国ロシアドイツなどの反対を押し切ってイラク戦争に踏み切ったが、大量破壊兵器は見つからず「石油を狙った侵略行為」と批判する声があがった。後に、ブッシュ大統領はイラクの大量破壊兵器保有の情報が誤りであったことを認めた。イラク戦争勝利後、アメリカ合衆国はイラク共和国への軍事占領を開始した。

2005年には、テロ対策を目的に連邦情報機関および連邦政府が大統領令に基づき、具体的な法令的根拠・令状なしに国内での盗聴検閲などの監視が可能となり、アメリカ合衆国で事業展開する通信機器メーカーはすべての製品にこれを実現する機能を具備することが義務付けられている(詳しくはCALEA)。

ノーベル平和賞を受賞した南アフリカ共和国デズモンド・ムピロ・ツツ元南アフリカ聖公会大主教は、イラク戦争開戦の責任を問い、ジョージ・W・ブッシュ元大統領とトニー・ブレア元英国首相をアフリカとアジアの指導者たちと同様に裁くため国際刑事裁判所に提訴するよう呼び掛けている[58]

2008年米大統領選で、イラク駐留米軍の早期撤退を公約とするバラク・オバマが当選。2009年1月に就任すると、翌月には2010年8月末までにイラクからほとんどの米軍部隊を撤退させ、同国での戦闘任務を終了させることを発表した[59]。度々の延期がありながらも、2011年末の完全撤退が決まり、2011年12月14日にオバマ大統領はイラク戦争終結を宣言した[60]。同年には アメリカ海軍特殊戦開発グループウサーマ・ビン・ラーディン殺害した

ISILが台頭したことで2014年に再派遣した。イラク議会選挙では反干渉を掲げる政党が勝利している[61]。また、同年には生来の決意作戦を決行した。

オバマは「核なき世界」を訴え、ノーベル平和賞を受賞したが、その後も中東への派兵は続き素質に値するのかという議論も巻き起こった。オバマは「変革」と「国際協調」を訴え、人種差別のさらなる解決や国民皆保険の整備、グリーン・ニューディールなどの政策を通じた金融危機、環境問題、国際情勢の改善に積極的に取り組むことを表明した。オバマ大統領が「アメリカは世界の警察をやめる」と宣言してからは[62][63]、中華人民共和国とロシアイランとのなどの対立が起きている。

また、人権擁護団体「南部貧困法律センター」によると、2009年バラク・オバマという初のアフリカ系黒人大統領が誕生して以降、ヨーロッパ系白人の非白人種に対する反発が強くなり、人種偏見に基づくとみられる事件が増加および過激化しており[64][65][66]、南部では共和党員の約半数が異人種間結婚(白人と非白人の結婚)は違法にするべきと世論調査会社「パブリック・ポリシー」の調査に回答している[67]

一極支配の弱まりと中露との対立

ジョー・バイデン
第46代大統領
カマラ・ハリス
第49代副大統領

2017年、「アメリカ第一主義(アメリカ・ファースト)」を掲げた実業家出身で軍歴が無い異色の人物であるドナルド・トランプ2016年アメリカ合衆国大統領選挙に勝利したため大統領に就任した。しかし、トランプの登場はアメリカ合衆国の社会を分断させ、TPPパリ協定イラン核合意などの国際協定から次々に離脱。同盟国の日本やヨーロッパ諸国からの批判が相次いだ。その後もメキシコからの不法移民対策として国境に壁を築き始めるなど、孤立主義を深めていく。また政権下では国務長官をはじめ政府高官が次々に交代するなど、政治的にも混乱した。また、ドナルド・トランプ政権はシャイラト空軍基地への攻撃を実行した。

2020年1月にはアメリカ軍主導によってバグダード国際空港そばを走行中のガーセム・ソレイマーニーら10人をMQ-9 リーパー攻撃で殺害した。イランも報復を宣言し在イラク米軍基地攻撃を実行[68]した。この際、世界では「第三次世界大戦」がトレンド入りするほどの緊張[69]があった。

2020年1月後半から新型コロナウイルス感染症の世界的流行が発生。アメリカはパンデミック中心地の一つとなり、スペイン風邪を上回る多数の死者を出した[70]ほかロックダウンなどで経済的にも大きな打撃を受ける。また、感染元と見られる中華人民共和国への反中感情が悪化し、アジア系など有色人種へのヘイトクライムヘイトスピーチが発生した[71]白人警察による黒人差別問題によってブラック・ライヴズ・マター運動を始めとする人種間、イデオロギー間での分断が深まっていった[72]

この年の大統領選挙では民主党のジョー・バイデンが勝利したが、トランプは敗北宣言を認めず、選挙で不正が行われたと主張した。この対立が引き金となって、2021年にはトランプ支持者による合衆国議会議事堂が襲撃される事件が発生した。バイデンはウイグル自治区をめぐる疑惑台湾問題などの人権問題、そして経済分野において中華人民共和国との対立を深めていた。同年、バイデン政権は民主主義サミットを主催した。

2022年にロシアがウクライナに全面的な軍事侵攻を行った際に、大統領のジョー・バイデンはロシアと関連が疑われるベラルーシに経済制裁を行った。各国のウクライナへの軍事的及び経済的な支援を主導し、国際的な影響力を発揮した[74]。その後も、バイデン政権はG7Quad自由で開かれたインド太平洋戦略など経済・軍事的に覇権主義的傾向を推し進めつつある中露を念頭に置いた戦略的外交を推し進めつつある。

2024年にはアメリカ合衆国大統領選挙で再びドナルド・トランプの台頭によって国内は、再びかつての南北戦争のように事実上2カ国の分断状態になった[75][76]


注釈

  1. ^ 法定の連邦政府公用語は存在しない。詳しくは#言語を参照。
  2. ^ 例えば、在スペイン米国大使館は自らのことを、the embassy of the "Estados Unidos"(文字通り"states"と"united")と呼称し、"EE.UU." というイニシャルを使用している(二重になっている文字はスペイン語で複数形であることを示す)[33]
    他方、こちらでは "Estados Unidos de América" が使用されている[34]
  3. ^ その際にも米州機構と呼ばれる軍事同盟を締結させた。現在でも破棄されておらず本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.にある。
  4. ^ 村田良平はアメリカの日本に対する在日米軍負担要求について、米軍の沖縄駐留はすべてアメリカ側都合で決定したものであるため筋違いであると述べている村田良平 『村田良平回想録 下巻』 ミネルヴァ書房、2008年、124頁。
  5. ^ ジニ係数」「国の所得格差順リスト」の項を参照。

出典

  1. ^ E Pluribus Unum
  2. ^ 各国・地域情勢 アメリカ合衆国 外務省 Ministry of Foreign Affairs of Japan
  3. ^ a b UNdata”. 国連. 2021年11月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, October 2020”. IMF (2021年10月). 2021年11月7日閲覧。
  5. ^ United States Population (2024) - Worldometer” (英語). www.worldometers.info. 2024年5月19日閲覧。
  6. ^ The New York Times Guide to Essential Knowledge, Second Edition:A Desk Reference for the Curious Mind. St. Martin's Press. (2007). p. 632. ISBN 978-0-312-37659-8 
  7. ^ Onuf, Peter S. (1983). The Origins of the Federal Republic:Jurisdictional Controversies in the United States, 1775–1787. Philadelphia: University of Pennsylvania Press. ISBN 978-0-8122-1167-2 
  8. ^ Greene, Jack P.;Pole, J.R., eds. (2008). A Companion to the American Revolution. pp. 352–361.
  9. ^ Bender, Thomas (2006). A Nation Among Nations:America's Place in World History. New York: Hill & Wang. p. 61. ISBN 978-0-8090-7235-4. https://books.google.co.jp/books?id=wQHlrIz4gpYC&pg=PA61&redir_esc=y&hl=ja 
  10. ^ Carlisle, Rodney P.; Golson, J. Geoffrey (2007). Manifest Destiny and the Expansion of America. Turning Points in History Series. ABC-CLIO. p. 238. ISBN 978-1-85109-833-0. https://books.google.co.jp/books?id=ka6LxulZaEwC&vq=annexation&dq=territorial+expansion+United+States+%22manifest+destiny%22&redir_esc=y&hl=ja 
  11. ^ The Civil War and emancipation 1861–1865”. Africans in America. Boston, MA: WGBH. 2013年3月26日閲覧。
    Britannica Educational Publishing (2009). Wallenfeldt, Jeffrey H.. ed. The American Civil War and Reconstruction:People, Politics, and Power. America at War. Rosen Publishing Group. p. 264. ISBN 978-1-61530-045-7. https://books.google.co.jp/books?id=T_0TrXXiDbUC&dq=slavery+%22American+Civil+War%22&redir_esc=y&hl=ja 
  12. ^ White, Donald W. (1996年). “The American Century”. Yale University Press. ISBN 0-300-05721-0. http://www.nytimes.com/books/first/w/white-century.html 2013年3月26日閲覧。 
  13. ^ Maddison, Angus (2006年). “Historical Statistics for the World Economy”. The Netherlands: The Groningen Growth and Development Centre, Economics Department of the University of Groningen. 2008年11月6日閲覧。
  14. ^ a b アメリカが世界170ヶ国に米軍基地を保有”. Pars Today (2018年1月24日). 2022年4月25日閲覧。
  15. ^ Dr Nan Tian; Alexandra Kuimova; Dr Aude Fleurant; Pieter D. Wezeman; Siemon T. Wezeman (2019年4月). TRENDS IN WORLD MILITARY EXPENDITURE, 2018(2018年の世界の軍事費の動向) (PDF) (Report). スウェーデン ソルナ: STOCKHOLM INTERNATIONAL PEACE RESEARCH INSTITUTE(ストックホルム国際平和研究所). 2020年2月18日閲覧
  16. ^ Tony Judt; Denis Lacorne (June 4, 2005). With Us Or Against Us:Studies in Global Anti-Americanism. Palgrave Macmillan. p. 61. ISBN 978-1-4039-8085-4. https://books.google.co.jp/books?id=nVDHAAAAQBAJ&pg=PA61&redir_esc=y&hl=ja 
    Richard J. Samuels (December 21, 2005). Encyclopedia of United States National Security. SAGE Publications. p. 666. ISBN 978-1-4522-6535-3. https://books.google.co.jp/books?id=K751AwAAQBAJ&pg=PT666&redir_esc=y&hl=ja 
    Paul R. Pillar (January 1, 2001). Terrorism and U.S. Foreign Policy. Brookings Institution Press. p. 57. ISBN 0-8157-0004-0. https://books.google.co.jp/books?id=_GYklwy6booC&pg=PA57&redir_esc=y&hl=ja 
    Gabe T. Wang (January 1, 2006). China and the Taiwan Issue:Impending War at Taiwan Strait. University Press of America. p. 179. ISBN 978-0-7618-3434-2. https://books.google.co.jp/books?id=CbPJ7KZ9FvIC&pg=PA179&redir_esc=y&hl=ja 
    Understanding the "Victory Disease," From the Little Bighorn to Mogadishu and Beyond. DIANE Publishing. p. 1. ISBN 978-1-4289-1052-2. https://books.google.co.jp/books?id=qgdmiw4VUHsC&pg=PA1&redir_esc=y&hl=ja 
    Akis Kalaitzidis; Gregory W. Streich (2011). U.S. Foreign Policy:A Documentary and Reference Guide. ABC-CLIO. p. 313. ISBN 978-0-313-38375-5. https://books.google.co.jp/books?id=tzwYzL9KcwEC&pg=PA313&redir_esc=y&hl=ja 
  17. ^ Adams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001). Dealing with Diversity. Chicago:Kendall/Hunt. ISBN 0-7872-8145-X.
  18. ^ Cohen, 2004:History and the Hyperpower
    BBC, April 2008:Country Profile:United States of America
    Geographical trends of research output”. Research Trends. 2014年3月16日閲覧。
    The top 20 countries for scientific output”. Open Access Week. 2014年3月16日閲覧。
    Granted patents”. European Patent Office. 2014年3月16日閲覧。
  19. ^ Baronavski, Laura Silver, Christine Huang, Laura Clancy, Nam Lam, Shannon Greenwood, John Carlo Mandapat and Chris (2023年11月6日). “Comparing Views of the U.S. and China in 24 Countries” (英語). Pew Research Center's Global Attitudes Project. 2023年12月14日閲覧。
  20. ^ Global Peace Index Map » The Most & Least Peaceful Countries” (英語). Vision of Humanity. 2023年12月14日閲覧。
  21. ^ World Economic Outlook Database:United States”. International Monetary Fund (2014年10月). 2014年11月2日閲覧。
  22. ^ “U.S. Workers World's Most Productive”. CBS News. (2009年2月11日). http://www.cbsnews.com/2100-500395_162-3228735.html 2013年4月23日閲覧。 
  23. ^ Manufacturing, Jobs and the U.S. Economy”. Alliance for American Manufacturing (2013年). 2012年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月12日閲覧。
  24. ^ “Cartographer Put 'America' on the Map 500 years Ago”. USA Today. Associated Press (Washington, D.C.). (2007年4月24日). http://www.usatoday.com/news/nation/2007-04-24-america-turns-500_N.htm?csp=34 2008年11月30日閲覧。 
  25. ^ DeLear, Byron (July 4, 2013) Who coined 'United States of America'? Mystery might have intriguing answer. "Historians have long tried to pinpoint exactly when the name 'United States of America' was first used and by whom. A new find suggests the man might have been George Washington himself." Christian Science Monitor (Boston, MA).
  26. ^ "To the inhabitants of Virginia," by A PLANTER. Dixon and Hunter's Virginia Gazette#1287 – April 6, 1776, Williamsburg, Virginia. Letter is also included in Peter Force's American Archives Vol. 5
  27. ^ Carter, Rusty (2012年8月18日). "You read it here first". The Virginia Gazette. 2012年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月30日閲覧He did a search of the archives and found the letter on the front page of the April 6, 1776, edition, published by Hunter & Dixon.
  28. ^ DeLear, Byron (August 16, 2012). "Who coined the name 'United States of America'? Mystery gets new twist." Christian Science Monitor (Boston, MA).
  29. ^ "Jefferson's "original Rough draught" of the Declaration of Independence". Princeton University. 2004年. 2004年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月30日閲覧
  30. ^ The Charters of Freedom”. National Archives. 2007年6月20日閲覧。
  31. ^ Mary Mostert (2005). The Threat of Anarchy Leads to the Constitution of the United States. CTR Publishing, Inc. p. 18. ISBN 978-0-9753851-4-2. https://books.google.co.jp/books?id=jntSQ-yn66AC&pg=PA18&redir_esc=y&hl=ja 
  32. ^ Doug Brokenshire (Stanford University) (1996). Washington State Place Names. Caxton Press. p. 49. ISBN 978-0-87004-562-2. https://books.google.co.jp/books?id=7XI52I8zI_AC&pg=PA49&redir_esc=y&hl=ja 
  33. ^ Embajada y Consulado de EE.UU. en España y Andorra
  34. ^ Presidente de los Estados Unidos de América Embajada y Consulado de EE.UU. en España y Andorra
  35. ^ 孫 建軍「アメリカの漢字表記「米国」の成立をめぐって」『国際基督教大学学報、III-A, アジア文化研究』第25巻、1999年3月30日、143-167頁、NAID 120005557200 
  36. ^ Zimmer, Benjamin (2005年11月24日). “Life in These, Uh, This United States”. University of Pennsylvania—Language Log. 2013年1月5日閲覧。
  37. ^ G. H. Emerson, The Universalist Quarterly and General Review, Vol. 28 (Jan. 1891), p. 49, quoted in Zimmer paper above.
  38. ^ Wilson, Kenneth G. (1993). The Columbia Guide to Standard American English. New York:Columbia University Press, pp. 27–28. ISBN 0-231-06989-8.
  39. ^ 憲政の政治学 坂野 潤治・小林 正弥・新藤 宗幸 (編集) 東京大学出版会 2006/01 ISBN 4-13-030138-1
  40. ^ 国家と人種偏見 ポール・ゴードン・ローレン著 大蔵雄之助訳 阪急コミュニケーションズ 1995/09 ISBN 4-484-95112-6
  41. ^ 核兵器不拡散条約(NPT)の概要 外務省 2010年6月
  42. ^ https://web.archive.org/web/20130115063103/http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-394334.html?mg=inert-wsj
  43. ^ Essay;Where Is Globocop? - New York Times
  44. ^ Bosnia Is Serbo-Croatian for Arms Bazaar;Globocop?
  45. ^ Playing Globocop - Newsweek
  46. ^ Max Boot:ObamaCare and American Power - WSJ.com
  47. ^ Pentagon steps closer to 'GloboCop' role - Asia Times Online
  48. ^ Time to get tough on defense spending - Washington Post
  49. ^ The Reluctant Globocop:What Is NATO's Role? - SPIEGEL ONLINE
  50. ^ 知恵蔵2013
  51. ^ 済龍 China Press『アメリカ4月対中貿易赤字$241億(2013)』
  52. ^ “Frankenstein the CIA created”. The Guardian. (1999年1月17日). https://www.theguardian.com/world/1999/jan/17/yemen.islam 
  53. ^ タリバンのアフガニスタン速攻制圧なぜ? 7年前から「寸止め」、農村支配で都市包囲”. 朝日新聞GLOBE+. 2022年8月13日閲覧。
  54. ^ アフガン戦争のコストは20年間で「250兆円」、米大学が試算”. Forbes JAPAN. 2022年8月12日閲覧。
  55. ^ 焦点:米国最長の戦争「敗北」で幕、失策を重ねたアフガン20年」『Reuters』、2021年8月17日。2022年8月13日閲覧。
  56. ^ 「生還した兵士200万人のうち50万人が精神的な傷害を負い、毎年250人が自殺する」戦争が生み出す「未来の自殺者」”. ハフポスト. 2022年8月13日閲覧。
  57. ^ 戦死者の4倍以上…PTSDで命を絶つ米兵たち 対テロ戦争20年の代償”. 西日本新聞me. 2022年8月13日閲覧。
  58. ^ http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012090200207[リンク切れ]
  59. ^ オバマ大統領、イラク駐留米軍の撤退計画を発表”. www.afpbb.com. 2022年8月13日閲覧。
  60. ^ “米大統領がイラク戦争終結を宣言、「多大な業績」と評価”. Reuters. (2011年12月15日). https://www.reuters.com/article/tk0685984-iraq-usa-war-obama-idJPTYE7BE00L20111215 2022年8月13日閲覧。 
  61. ^ イラク議会選、分断加速 反米・イラン勢力軸に連立協議”. 日本経済新聞. 2022年8月13日閲覧。
  62. ^ [FT]米国が苦悩する「世界の警察」という責務
  63. ^ 一般教書「脱・世界の警察」外交は忍耐と抑制
  64. ^ 米国内で右派武装集団が活発化、黒人大統領の誕生が影響との報告 AFP, 2009年08月13日
  65. ^ 3人銃殺の容疑者はKKK元幹部の白人男性――米国で会員増やすヘイト団体 週刊金曜日ニュース、2014年5月19日
  66. ^ 「黒人大統領」にうごめく白人優越主義-米国Archived 2011年11月6日, at the Wayback Machine.クリスチャン・サイエンス・モニター、2008年11月24日
  67. ^ 「異人種間結婚は違法とすべき」 NewslogUsa,マクレーン末子、April 26, 2011
  68. ^ Coles, Gordon Lubold, Nancy A. Youssef and Isabel (2020年1月8日). “Iran Fires Missiles at U.S. Forces in Iraq” (英語). Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/stampede-at-funeral-procession-for-iranian-commander-kills-35-11578390888 2021年4月14日閲覧。 
  69. ^ イラン戦争間近? アメリカで「#第三次大戦」がトレンド入り、若者は徴兵パニック”. Newsweek日本版 (2020年1月8日). 2021年4月14日閲覧。
  70. ^ “米国の新型コロナ死者、累計100万人超 米メディアが集計”. 朝日新聞デジタル. (2022年5月5日). https://digital.asahi.com/articles/ASQ552WFRQ55UHBI00X.html 2023年10月13日閲覧。 
  71. ^ “アジア系が狙われる理由 米国の偏見の構図 専門家と考えた”. 毎日新聞. (2021年4月27日). https://mainichi.jp/articles/20210426/k00/00m/030/087000c 2023年10月13日閲覧。 
  72. ^ 黒人射殺は警官の「誤射」 2日連続抗議デモ―米ミネソタ州:時事ドットコム”. www.jiji.com. 2021年4月14日閲覧。
  73. ^ “新冷戦”米中対立の改善なるか 「ピンポン外交」50年で式典”. NHK NEWS WEB. 2021年4月11日閲覧。
  74. ^ 欧州はアメリカなしでは大変なことに、単独ではロシアに対抗できず=フィンランド首相」『BBCニュース』。2023年2月6日閲覧。
  75. ^ アメリカは今、2つの国に分裂している!?カルチャー戦争勃発!アメリカシェア№1ビールの不買運動はなぜ起こった?”. 成長する米国&世界に投資する最強のFIRE計画(プロジェクト). 2024年3月22日閲覧。
  76. ^ もはや修復不可能な領域に入った分裂国家アメリカの現実:バイデン政権誕生で亀裂はさらに拡大へ(中岡望) - エキスパート”. Yahoo!ニュース. 2024年3月22日閲覧。
  77. ^ 「司法と経済」研究会に出席して(弁護士・川村明) ADR JAPAN
  78. ^ Kuo, Entung Enya; Kraus, Michael W.; Richeson, Jennifer A. (2020-04). “High-Status Exemplars and the Misperception of the Asian-White Wealth Gap” (英語). Social Psychological and Personality Science 11 (3): 397–405. doi:10.1177/1948550619867940. ISSN 1948-5506. http://journals.sagepub.com/doi/10.1177/1948550619867940. 
  79. ^ a b Quillian, Lincoln; Heath, Anthony; Pager, Devah; Midtbøen, Arnfinn; Fleischmann, Fenella; Hexel, Ole (2019). “Do Some Countries Discriminate More than Others? Evidence from 97 Field Experiments of Racial Discrimination in Hiring”. Sociological Science 6: 467–496. doi:10.15195/v6.a18. https://www.sociologicalscience.com/articles-v6-18-467/. 
  80. ^ Thijssen, Lex; van Tubergen, Frank; Coenders, Marcel; Hellpap, Robert; Jak, Suzanne (2022-09). “Discrimination of Black and Muslim Minority Groups in Western Societies: Evidence From a Meta-Analysis of Field Experiments” (英語). International Migration Review 56 (3): 843–880. doi:10.1177/01979183211045044. ISSN 0197-9183. http://journals.sagepub.com/doi/10.1177/01979183211045044. 
  81. ^ GLOBAL PEACE INDEX Measuring peace in a complex world”. 2023年5月24日閲覧。
  82. ^ 日米豪印首脳会合”. 2024年5月30日閲覧。
  83. ^ 東京都江戸東京博物館1999年発行「日米交流のあけぼの‐黒船きたる‐」
  84. ^ 久米邦武 編『米欧回覧実記・1』田中 彰 校注、岩波書店(岩波文庫)1996年
  85. ^ 須藤眞志 ハルノートを書いた男 文藝春秋、1999年、68頁。
  86. ^ 対談 麻生太郎×手嶋龍一 対米、対中、対北朝鮮  日本外交の舵をどう切るのか 麻生太郎 2006年6月 2021年10月6日閲覧。
  87. ^ 第12回 惨憺たる結果に終わった小泉政権の国連外交 〜常任理事国入りを急ぐより、国連改革圧力を強めよ〜Archived 2013年5月15日, at the Wayback Machine.SAFETY JAPAN 2006年12月5日
  88. ^ 浜田和幸 「大恐慌」以後の世界 光文社、2008年、228頁。
  89. ^ http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012031700157
  90. ^ http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201203250065.html
  91. ^ “グアム移転、負担増えず 米軍再編、日本が米と合意”. asahi.com (朝日新聞社). (2012年4月19日). オリジナルの2012年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120611030029/http://www.asahi.com/special/futenma/TKY201204180869.html 
  92. ^ “原発ゼロ 閣議決定回避 米、外圧批判恐れ口止め”. 東京新聞 (中日新聞社). (2012年10月20日). オリジナルの2012年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121021211943/http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012102090070453.html 
  93. ^ “主張 「原発ゼロ」見送り 財界とアメリカの圧力が元凶”. しんぶん赤旗 (日本共産党). (2012年9月25日). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-25/2012092501_05_1.html 
  94. ^ 内閣府 世論調査”. 内閣府. 2022年10月13日閲覧。
  95. ^ Why does the US have 800 military bases around the world?” (英語). www.vox.com. 2022年12月17日閲覧。
  96. ^ [USGOVERMENTSPENDING.COM>Budget>1901年〜1919年 http://www.usgovernmentspending.com/budget_gs.php 2009年5月21日閲覧]
  97. ^ [USGOVERMENTSPENDING.COM>Budget>1920年〜1940年 http://www.usgovernmentspending.com/budget_gs.php 2009年5月21日閲覧]
  98. ^ [US GPO Access>Budget of the United States Government>Browse the FY10 budget>Historical Tables>Table 3.1 OUTLAYS BY SUPERFUNCTION AND FUNCTION 1940 〜 2014 http://www.gpoaccess.gov/usbudget/fy10/pdf/hist.pdf 2009年5月21日閲覧] (PDF)
  99. ^ US Bureau of Economic Analysis>Gross Domestic Product (GDP)>GDP and the National Income and Product Account (NIPA) Historical Tables>All NIPA Tables>Table 1.1.5. Gross Domestic Product
  100. ^ [US GPO Access>Budget of the United States Government>Browse the FY10 budget>Historical Tables>Table 3.2 OUTLAYS BY FUNCTION AND SUBFUNCTION:1962 〜 2014 Continued http://www.gpoaccess.gov/usbudget/fy10/pdf/hist.pdf 2009年5月21日閲覧] (PDF)
  101. ^ [Stockholm International Peace Research Institute>SIPRI data on military expenditure>The 15 major spender countries in 2007 http://www.sipri.org/contents/milap/milex/mex_major_spenders.pdf 2009年5月21日閲覧] (PDF)
  102. ^ Google・Apple・Yahoo!などのサーバにある個人情報を直接のぞき見できる極秘システム「PRISM」とは?”. GIGAZINE. 2023年5月5日閲覧。
  103. ^ 米政府の個人監視に逆らえないテクノロジー企業”. Newsweek日本版 (2013年6月15日). 2023年5月5日閲覧。
  104. ^ 日本政府盗聴疑惑、なぜ米国に抗議しないのか フランスやドイツは非難声明を発表したのに”. J-CAST ニュース (2015年8月4日). 2023年5月5日閲覧。
  105. ^ チョン・ウィギル「米国務長官、「盗聴、同盟国の協力に影響はない」と主張」『ハンギョレ』、2023年4月17日。2023年8月12日閲覧。
  106. ^ “アメリカの裏庭 中米の「ラテン的」社会主義国 キューバ”. 広島商船高等専門学校紀要 (第44号): 113-123. (2022). https://www.jstage.jst.go.jp/article/hiroshimashosenkiyo/44/0/44_13/_pdf. 
  107. ^ 曝されたCIAと米軍特殊部隊の「秘密戦争」”. 日経クロステック(xTECH). 2023年5月5日閲覧。
  108. ^ 米政府9.11後に拷問容認「疑いの余地なし」、独立調査委が報告書”. www.afpbb.com. 2023年5月5日閲覧。
  109. ^ 情報BOX:米CIA、アルカイダ指導者殺害に至る作戦詳細」『Reuters』、2022年8月2日。2023年5月5日閲覧。
  110. ^ NOAA 1981–2010 US Climate NormalsNOAA. “1981–2010 US Climate Normals”. NOAA. 2011年7月25日閲覧。
  111. ^ Morse, Larry E., et al, Native Vascular Plants, Our Living Resources, U.S. Department of the Interior, URL accessed 14 June 2006.(2006年9月25日時点のアーカイブ
  112. ^ National Biological Service, Our Living Resources, URL accessed 14 June 2006.(2006年9月23日時点のアーカイブ
  113. ^ Raven, Peter H. & Linda R. Berg. Environment, 5th Edition. John Wiley & Sons, Inc., Hoboken, NJ, US. ISBN 978-0-471-70348-8.
  114. ^ National Park Service, National Park Service Announces Addition of Two New Units, National Park Service News release (28 February 2006), URL accessed 13 June 2006.
  115. ^ Republican Study Committee, Federal Land and Buildings Ownership (PDF) , (19 May 2005), URL accessed 13 June 2006.
  116. ^ Vidal, John, and David Adam (2007年6月19日). “China Overtakes US as World's Biggest CO2 Emitter”. Guardian. 2007年6月27日閲覧。
  117. ^ Earnings and wages - Average wages - OECD Data” (英語). theOECD. 2023年12月18日閲覧。
  118. ^ EMPLOYMENT OUTLOOK 2023 Artificial intelligence and jobs An urgent need to act”. 2023年11月29日閲覧。
  119. ^ Statue of Liberty”. World Heritage. UNESCO. 2011年10月20日閲覧。
  120. ^ 出生率が下がり続けている米国 何が起きているのか”. 朝日新聞. 2020年7月25日閲覧。
  121. ^ アメリカの新生児激減、過去30年で最低 経済好調も 出生率は1.76に”. ニューススフィア. 2020年7月25日閲覧。
  122. ^ a b USA”. U.S. Census Bureau. 2014年6月27日閲覧。
  123. ^ 図録▽米国の民族系列別人口(地図付き)
  124. ^ U.S. Census Bureau, Statistical Abstract of the United States:2006, Section 1 Population” (pdf) (English). U.S. Census Bureau. pp. 59 pages. 2006年10月16日閲覧。
  125. ^ States with Official English LawsArchived 2010年1月6日, at the Wayback Machine.
  126. ^ The Constitution of the State of Hawaii, Archived 2007年7月5日, at the Wayback Machine. Article XV Section 4, 7 November 1978.
  127. ^ Louisiana State Legislature
  128. ^ New Mexico Statues and Court Rules Unannotated
  129. ^ Kaczke, Lisa (2019年3月25日). “South Dakota recognizes official indigenous language”. Argus Leader. 2021年8月11日閲覧。
  130. ^ http://www.rnzi.com/pages/news.php?op=read&id=42333 "Samoa now an official language of instruction in American Samoa". Radio New Zealand International. 2008-10-03.
  131. ^ https://www.britannica.com/place/Guam "Guam". Encyclopaedia Britannica. 2018-10-24.
  132. ^ https://www.britannica.com/place/Northern-Mariana-Islands "Northern Mariana Islands". Encyclopaedia Britannica. 2018-10-19.
  133. ^ http://www.languagepolicy.net/archives/can-pr.htm Crawford, James. "Puerto Rico and Official English". languagepolicy.net. Retrieved April 27, 2011.
  134. ^ United States Census Bureau (PDF) , Statistical Abstract of the United States:page 47:Table 47:Languages Spoken at Home by Language:2003
  135. ^ Foreign Language Enrollments in United States Institutions of Higher Learning (PDF) , MLA Fall 2002.
  136. ^ http://www.census.gov/Press-Release/www/releases/archives/population/012496.html US Census Press Release
  137. ^ States - Data Sets - American FactFinder
  138. ^ Five Key Findings on Religion in the U.S.”. 2019年4月21日閲覧。
  139. ^ “アメリカの選挙で出てくる「キリスト教福音派」って何?”. (2012年3月5日). https://web.archive.org/web/20120306112057/http://www.yomiuri.co.jp/job/biz/qaworld/20120302-OYT8T00861.htm?from=yoltop 2012年3月5日閲覧。 [リンク切れ]
  140. ^ a b c d Health at a Glance 2013 (Report). OECD. 2013年11月21日. doi:10.1787/health_glance-2013-en
  141. ^ Ogden CL, Carroll MD, Curtin LR, McDowell MA, Tabak CJ, Flegal KM (2006). “Prevalence of overweight and obesity in the United States, 1999-2004”. JAMA 295 (13): 1549–55. doi:10.1001/jama.295.13.1549. PMID 16595758. 
  142. ^ “米医療保険改革法案が成立へ、下院で修正条項も可決”. ロイター. (2010年3月22日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-14444320100322 2010年3月23日閲覧。 
  143. ^ アレクシス・ド・トクヴィル著、松本礼二訳『アメリカのデモクラシー』 第一巻 3章 2005年
  144. ^ 2017/5/25 日本経済新聞 朝刊
  145. ^ Hilton, Matthew. "Consumers and the State Since the Second World War." The ANNALS of the American Academy of Political and Social Science 611, no. 66 (2007):66-81.
  146. ^ トランプ米大統領、TPP離脱の大統領令に署名”. BBCニュース. BBC (2017年1月24日). 2018年1月19日閲覧。
  147. ^ アメリカ、ついにパリ協定から離脱…… 大統領選の結果次第では2月にも復帰の可能性 | Business Insider Japan”. www.businessinsider.jp. 2021年4月11日閲覧。
  148. ^ 麻生財務相「その程度の国だということですよ」:朝日新聞デジタル”. www.asahi.com. 2021年4月11日閲覧。
  149. ^ Local Police Departments, 2003”. U.S. Dept. of Justice, Bureau of Justice Statistics (2006年5月). 2011年12月7日閲覧。
  150. ^ Positive Peace 2023 Briefing”. 2023年5月18日閲覧。
  151. ^ GLOBAL PEACE INDEX Measuring peace in a complex world”. 2023年5月24日閲覧。
  152. ^ Vegetarian Resource Group, 1997, How Many Vegetarians Are There? in Vegetarian Journal, Sep/Oct 1997, Volume XVI, Number 5
  153. ^ Vegetarian Resource Group, 2000, How Many Vegetarians Are There? in Vegetarian Journal, May/June 2000
  154. ^ Vegetarian Resource Group, 2003, How Many Vegetarians Are There?Archived 2007年7月22日, at the Wayback Machine.
  155. ^ "How Many Vegetarians Are Vegetarian?", Vegetarian Journal, 2006, Issue Four
  156. ^ Organic Farming Research Foundation - About Organic |Frequently asked questions about organic food and farming
  157. ^ The ten countries with the highest increase of organic land area Organic World 2007年現在
  158. ^ a b c 平凡社『アメリカを知る辞典』コミックスp.622
  159. ^ https://www.ritsumei.ac.jp/~hosoik/works/paper2012a.pdf 1970年代における米国映画産業復活の諸要因に関する一考察 2020年5月20日閲覧。
  160. ^ Carter Vaughn Findley; John Alexander Rothney (January 1, 2011). Twentieth-Century World. Cengage Learning. p. 4. ISBN 1-133-16880-9. https://books.google.co.jp/books?id=1WQIAAAAQBAJ&pg=PA4&redir_esc=y&hl=ja 
  161. ^ Belmont and Belcourt Biographies (September 1, 2012). Michael Phelps and Ryan Lochte:Unauthorized Biographies. Price World Publishing. pp. 8–. ISBN 978-1-61984-221-2. https://books.google.co.jp/books?id=TB1ZJl603IwC&pg=PT8&redir_esc=y&hl=ja 
  162. ^ スポーツ大国・アメリカの光と影”. WEDGE Infinity(ウェッジ) (2018年11月9日). 2020年9月6日閲覧。
  163. ^ イグアイン、米MLS移籍合意と海外報道 ベッカムの“直電オファー”で決断か”. www.football-zone.net. 2020年9月6日閲覧。
  164. ^ Kurt Badenhausen (2016年12月17日). “米4大プロスポーツ・リーグ平均年俸を比較、最多はNBAの7億円超”. Forbes JAPAN. 2020年3月14日閲覧。
  165. ^ a b c Q:What is your favorite sport to watch? Washington Post 2017年9月7日閲覧。
  166. ^ Has soccer passed hockey in America? Colin Cowherd says yes Greg Wyshynski Puck DaddyJune 14, 2016 2017年9月18日閲覧。
  167. ^ 【ブラジルW杯】「サッカー不毛の地」は完全に死語 NBA超える人気ぶり sankeibiz.jp 2014年7月5日閲覧。
  168. ^ [アスリート収入ランキング2018]トップは驚愕の319億円! 日本人は2人がランクイン!”. REALSPORTS. 2020年9月6日閲覧。
  169. ^ Jリーグを遙かに凌ぐ、米大学NCAAの稼ぎ方”. 日経ビジネス電子版 (2016年7月22日). 2020年3月14日閲覧。
  170. ^ 日本人選手が全米大学バスケ決勝にいたのはどれだけ凄いことか”. DIAMOND ONLINE. ダイヤモンド社 (2017年4月11日). 2020年3月14日閲覧。
  171. ^ a b c d e f Football Still Americans' Favorite Sport to Watch Gallup.com 2018年1月16日閲覧。
  172. ^ Move Over, Baseball:Bloomberg Politics Poll Shows 67% of Americans Now Say Football Is National Pastime bloomberg.com 2015年5月26日閲覧。
  173. ^ NFL Attendance - 2012ESPN.com 2013年2月18日閲覧。
  174. ^ Sports Gallup.com 2013年2月18日閲覧。
  175. ^ “Opinion | Is Baseball Still the National Pastime?” (英語). The New York Times. (2013年10月3日). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2013/10/04/opinion/is-baseball-still-the-national-pastime.html 2020年9月6日閲覧。 
  176. ^ Football Still Scores Best With U.S. Sports Fans Archived 2013年5月13日, at the Wayback Machine.Gallup.com December 29, 2008. 2013年2月18日閲覧。
  177. ^ “史上5番目の観客動員 レンジャーズは最多更新”. MSN産経ニュース. 共同通信 (産経デジタル). (2012年10月5日). オリジナルの2012年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121005010236/http://sankei.jp.msn.com/sports/news/121005/mlb12100509380001-n1.htm 
  178. ^ Soccer Will Soon Be America's Third-Favorite Spectator Sport Forbes.com 2018年1月16日閲覧。
  179. ^ FIFA.com 265 million playing football fifa.com 2014年7月4日閲覧。
  180. ^ ワールドカップで生み出された、過去の偉大なるギネス世界記録の数々 Guinness World Records(2014年6月12日)
  181. ^ Tom Bogert (18 December 2019). "Major League Soccer awards expansion team to Charlotte" (Press release). MLS. 2021年8月5日閲覧
  182. ^ On TV, at Least, World Cup Soccer Is America's Second-Most Popular Sport businessweek.com 2014年7月4日閲覧。
  183. ^ 【女子W杯】 アメリカが4回目の優勝 ラピーノが得点王とMVP”. BBCニュース (2019年7月8日). 2020年9月6日閲覧。
  184. ^ co.,Ltd, FromOne. “2026年のW杯は史上初3カ国共催に! FIFA総会で決定…48チーム参加へ”. サッカーキング. 2020年9月6日閲覧。
  185. ^ The 50 Most-Watched Sporting Events of 2012 2013年2月18日閲覧。
  186. ^ a b c HISTORY OF CRICKET IN USA USAクリケット公式サイト 2023年10月1日閲覧。
  187. ^ Cricket’s renaissance in United States, fueled by South Asian enthusiasm and infrastructure boom, extends to Arizona CN 2023年10月1日閲覧。
  188. ^ Cricket returns to the USA: All you need to know about the inaugural season of Major League Cricket 2023 Hindustan Times 2023年10月21日閲覧。
  189. ^ 2024 T20 WORLD CUP: USA’S VENUES AND SCHOOLS ENGAGEMENT PROGRAM UNVEILED USA Cricket 2023年10月21日閲覧。
  190. ^ IOC approves five additional sports for LA 2028 Olympics, including cricket Aljazeera 2023年10月21日閲覧。
  191. ^ “バイソンを米国の国獣に指定、議会が法案可決”. ロイター. (2016年5月11日). http://jp.reuters.com/article/bison-idJPKCN0Y20IE 2024年4月20日閲覧。 
  192. ^ (日本語) 在日米国大使館、2024年4月20日閲覧。
  193. ^ “National Symbols”. The World Factbook (52nd ed.). Washington, DC: Central Intelligence Agency, Office of Public Affairs. (2014). ISBN 978-0-16-092553-5. OCLC 913577992. オリジナルの2016-11-08時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161108112336/https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/fields/2230.html 2024年4月20日閲覧。 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「アメリカ合衆国」に関係したコラム

  • CFDのオレンジジュース相場の見方

    CFDで取引されるオレンジジュースの実体はオレンジ果汁を冷凍濃縮した状態のもので、Frozen Concentrate Orange Juice(FCOJ)、ICE US Frozen Concent...

  • CFDの大豆相場の見方

    CFDのコモディティの銘柄の1つに大豆があります。大豆は、主に商品先物市場で取引されている銘柄です。CFDでは商品先物市場での価格をベースに取引が行われています。大豆相場を分析する基本情報として、アメ...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • FXやCFDなどの取引市場の休場日は

    FXやCFDなどの取引が行われている市場の休場日は、その国の祝日や土曜日、日曜日になります。しかし、その国が祝日であっても他の国々では祝日ではないことが多いので取引は行われます。例えば、2012年9月...

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アメリカ合衆国」の関連用語

アメリカ合衆国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アメリカ合衆国のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカ合衆国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS