Iroquoisとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > Iroquoisの意味・解説 

イロコイ【Iroquois】

読み方:いろこい

米国北東部居住するアメリカ先住民一部族。16世紀以降、5部族統合して政治的連合であるイロコイ同盟形成した。イロコワ。


イロコイ連邦

(Iroquois から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/07 19:25 UTC 版)

イロコイ連邦(イロコイれんぽう、: Iroquois Confederacy)またはホデノショニ連邦: Haudenosaunee Confederacy)は[注 1]北アメリカアメリカ合衆国ニューヨーク州オンタリオ湖南岸とカナダにまたがった保留地を持つ、6つのインディアン部族により構成される部族国家集団をいう。今日ではシックス・ネーションズ: Six Nations)の別名で呼ばれることもある[7]


注釈

  1. ^ 「イロコイ」は、「イロクォイ」とも。イロコイ諸族の部族国家連合体については、「連合[1]」「連邦[2]」「連盟[3]」「同盟[4][5]」などとする例が主として見られる。Haudenosaunee を日本語へ転写した表記はさまざまであり、当記事ではどの表記が有力か判断を下すことはせず、「ホデノショニ」を用いた。同様に「ホデノショニ連邦[6]」も用いた。
  2. ^ Haudenosaunee、「ロングハウスを建てる人々」の意。 (木村武史 2004, p. 1)
  3. ^ イロコイは事実上、最も初期から女性が参政権を持っていた集団[18]のひとつとされる。(近代以前の女性参政権については「en:Women's suffrage#History」も参照)
  4. ^ 2004年3月25日以前に、既に見られる。 (木村武史 2004, 発行日)
  5. ^ : Iroquois influence theory。あるいは、イロコイ影響論文(: Iroquois influence thesis)。
  6. ^ 2人の共著 Exemplar of Liberty: Native America and the Evolution of Democracy(1991年、序文: ヴァイン・デロリア・ジュニア)までに、ドナルド・A・グリンデ・ジュニアは1977年の The Iroquois and the Founding of the American Nation で、ブルース・E・ジョハンセンは1982年の Forgotten Founders: How the American Indian Helped Shape Democracy で、イロコイ影響論を説いている。 (Levy 1995, pp. 2–3)
  7. ^ イロコイ連邦の仕組みが、アメリカ合衆国憲法における連邦制の基礎となったという確証はないとされる[5]
  8. ^ a b Captain Hendrick, The Delawares, Mohiccons, and Munries」の一団。 (Levy 1995, p. 21)
  9. ^ a b c ランカスター条約(1744年: Treaty of Lancaster)でのオノンダーガ族首長カナサテゴによる演説。 (Johansen & Grinde 1991, pp. 94–96) (Levy 1995, pp. 8–9)
  10. ^ イギリス初の永続的北米植民地の創設は1607年。
  11. ^ : Articles of Confederation、同名だが大陸会議で採択された連合規約(1777年)とは別のもの。
  12. ^ : A Defence of the Constitutions of Government of the United States of America、『アメリカ合衆国統治制度擁護論』とも。
  13. ^ 北米植民地戦争の「ジョージ王戦争」(1744年 - 1748年)も参照。

出典

  1. ^ 渡辺公三 2006, p. 122。 ◇ 富田虎男. “モホークとは - コトバンク”. 日本大百科全書. 朝日新聞社VOYAGE MARKETING (CARTA HOLDINGS). 2021年8月4日閲覧。イロコイ連合とは - コトバンク”. 世界大百科事典 第2版. 朝日新聞社VOYAGE MARKETING (CARTA HOLDINGS). 2021年8月4日閲覧。
  2. ^ 木村武史 2004, p. 3。 ◇ ブルース・E・ジョハンセン; ドナルド・A・グリンデ・ジュニア 著、星川淳 訳『アメリカ建国とイロコイ民主制』みすず書房、2006年1月23日。ISBN 978-4-622-07186-0 
  3. ^ イロコイ連盟とは - コトバンク”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 朝日新聞社VOYAGE MARKETING (CARTA HOLDINGS). 2021年8月4日閲覧。三省堂大辞林 第2版 スーパー大辞林』「イロコイ」。 ◇ 研究社リーダーズ英和辞典 第3版』「Iroquois League [Confederacy]」。
  4. ^ イロコイ諸族とは - コトバンク”. 世界大百科事典 第2版. 朝日新聞社VOYAGE MARKETING (CARTA HOLDINGS). 2021年8月4日閲覧。ハイアワサとは - コトバンク”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 朝日新聞社VOYAGE MARKETING (CARTA HOLDINGS). 2021年8月4日閲覧。イロコイ族とは - コトバンク”. 精選版 日本国語大辞典. 朝日新聞社VOYAGE MARKETING (CARTA HOLDINGS). 2021年8月4日閲覧。イロコイとは - コトバンク”. デジタル大辞泉. 朝日新聞社VOYAGE MARKETING (CARTA HOLDINGS). 2021年8月4日閲覧。
  5. ^ a b 富田虎男. “イロコイ同盟(いろこいどうめい)とは - コトバンク”. 日本大百科全書. 朝日新聞社VOYAGE MARKETING (CARTA HOLDINGS). 2021年8月4日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j 木村武史 2004, p. 3.
  7. ^ a b c d e f 木村 2005, pp. 72–83.
  8. ^ 木村武史 2004, p. 8.
  9. ^ 渡辺公三 2006, p. 122.
  10. ^ a b フォート・スタンウィックス条約(フォート・スタンウィックスじょうやく)とは - コトバンク”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 朝日新聞社VOYAGE MARKETING (CARTA HOLDINGS). 2021年8月4日閲覧。
  11. ^ a b 渡辺公三 2006, p. 122. 一、注は段落。
  12. ^ a b c 木村武史 2004, p. 5.
  13. ^ 渡辺公三 2006, p. 122. 二、注は段落(別注付き記述除く)。
  14. ^ 渡辺公三 2006, pp. 122–124. 注は段落。
  15. ^ 渡辺公三 2006, p. 124.
  16. ^ a b c 渡辺公三 2006, p. 125.
  17. ^ 渡辺公三 2006, pp. 122, 124, 126. 注は段落。
  18. ^ 『Iroquois Culture & Commentary』(Doug George-Kanentiio、Clear Light Pub、2000年)
  19. ^ 木村武史 2004, p. 4.
  20. ^ 木村武史 2004, p. 9.
  21. ^ a b 江守五夫『母権と父権』1973、149-151頁。 
  22. ^ 木村武史 2004, pp. 4–5. 注は段落。
  23. ^ 木村武史 2004, p. 16.
  24. ^ 東理夫 『クックブックに見るアメリカ食の謎』 45頁
  25. ^ 『聖なる魂』(デニス・バンクス、森田ゆり朝日文庫1993年)
  26. ^ IAHR 2005 Tokyo Academic Programme ver02.22”. 第19回国際宗教学宗教史会議世界大会実行委員会. 2021年8月4日閲覧。
  27. ^ Gonyea, Wendy (2005年6月1日). “Onondaga Communications Reports on 19th World Congress of the International Association for the History of Religions”. Onondaga Nation. 2021年8月4日閲覧。
  28. ^ Samantha, Gross (2010年7月14日). “US allowing Iroquois lacrosse team to travel to UK”. San Diego Union-Tribune. AP通信. https://www.sandiegouniontribune.com/sdut-us-allowing-iroquois-lacrosse-team-to-travel-to-uk-2010jul14-story.html 2021年8月4日閲覧。 
  29. ^ “UK won't let Iroquois lacrosse team go to tourney”. Goshen News. AP通信. (2010年7月15日). https://www.goshennews.com/news/uk-won-t-let-iroquois-lacrosse-team-go-to-tourney/article_ca14872e-0983-5c95-92c9-e73e99963020.html 2021年8月4日閲覧。 注は文単位。
  30. ^ Kaplan, Thomas (2010年7月16日). “Iroquois Defeated by Passport Dispute”. ニューヨーク・タイムズ. https://www.nytimes.com/2010/07/17/sports/17lacrosse.html 2021年8月4日閲覧。 注は文単位。
  31. ^ Indian Country Today』(2009年9月21日記事、Gale Courey Toensing)
  32. ^ 『OJIBWA WARRIOR』(Dennis Banks&Richard ErdoesUniversity of Oklahoma Press、2004年)
  33. ^ a b Levy 1995, pp. vi, 2.
  34. ^ a b Graeber, David (2007-01-09), “There Never Was a West: Or, Democracy Emerges From the Spaces In Between”, Possibilities: Essays on Hierarchy, Rebellion, and Desire, AK Press, ISBN 978-1904859666, https://theanarchistlibrary.org/library/david-graeber-there-never-was-a-west#toc7 2021年8月4日閲覧。 350頁、351頁 (章PDF: 18頁)、Part IV 「The "Influence Debate"」節。
  35. ^ Miller, Robert J. (2015-03), “American Indian Constitutions and Their Influence on the United States Constitution”, Proceedings of the American Philosophical Society 159 (1): 32–56, doi:10.2139/ssrn.2739936 。32頁、33頁。
  36. ^ Levy 1995, pp. 2–3.
  37. ^ Jensen 2017, pp. 232, 234.
  38. ^ 100th Congress (1988) (1988年7月11日). “H.Con.Res. 331 (100th)”. GovTrack.us. Legislation. Civic Impulse. 2021年8月4日閲覧。 “A concurrent resolution to acknowledge the contribution of the Iroquois Confederacy of Nations to the ...”
  39. ^ a b Levy 1995, p. 5.
  40. ^ 100th Congress (1987) (1987年9月16日). “S.Con.Res. 76 (100th)”. GovTrack.us. Legislation. Civic Impulse. 2021年8月4日閲覧。 “A concurrent resolution to acknowledge the contribution of the Iroquois Confederacy of Nations to the ...”
  41. ^ アメリカ先住民の多くは好意的に迎え入れていた。 (脚注「Graeber 2007」参照)
  42. ^ Alison L. LaCroix『The Ideological Origins of American Federalism』Harvard University Press、2010年、ISBN 9780674048867。229頁。
  43. ^ Fadden, John Kahionhes. The Tree of Peace.
  44. ^ Armstrong, Virginia I. (1971). I Have Spoken: American History Through the Voices of the Indians. Swallow Press. p. 14. ISBN 0-8040-0530-3 
  45. ^ Johansen & Grinde 1991, p. 156.
  46. ^ 『Debating Democracy: Native American Legacy of Freedom』(Bruce E.Johnson、Clear Light Books、1998年)
  47. ^ Johansen & Grinde 1991, pp. 94–96.
  48. ^ “World Geophysical Year Science Forum”、1952年
  49. ^ Pearson, Ellen Holmes. “Iroquois and the Founding Fathers”. Teachinghistory.org. Roy Rosenzweig CHNM (ジョージ・メイソン大学). 2021年8月4日閲覧。注は段落。[該当の詳細文献 - ◇ Tooker, Elisabeth (1988, Autumn), “The United States Constitution and the Iroquois League”, Ethnohistory 35 (4): 305–336, ISSN 0014-1801 。 ◇ Tooker, Elisabeth (1990, Summer), “Rejoinder to Johansen”, Ethnohistory 37 (3): 291-297, ISSN 0014-1801 。]
  50. ^ a b c d Rakove, Jack (2005年7月21日). “Did the Founding Fathers Really Get Many of Their Ideas of Liberty from the Iroquois? | History News Network”. ジョージ・ワシントン大学. 2021年8月4日閲覧。
  51. ^ 和訳名、存在期間。ニューイングランド連合(ニューイングランドれんごう)とは - コトバンク”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 朝日新聞社VOYAGE MARKETING (CARTA HOLDINGS). 2021年8月4日閲覧。
  52. ^ a b Payne 1996, pp. 611–612.
  53. ^ a b Payne 1996, pp. 612–613.
  54. ^ Payne 1996, p. 618. 注は段落。
  55. ^ Levy 1995, pp. 25–26. 注は段落。
  56. ^ Payne 1996, p. 616. 注は段落。
  57. ^ Levy 1995, p. 21–23. 注は段落。
  58. ^ (英語) Jamiroquai - The Lost J Wave Interview, https://www.youtube.com/watch?v=yiiZuIvtt5k 2022年10月29日閲覧。 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Iroquois」の関連用語

Iroquoisのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Iroquoisのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイロコイ連邦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS