GD2とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 工学 > カム用語 > GD2の意味・解説 

GD2

力学でいう慣性モーメントと同じ概念であり、重力単位系工学単位系)における慣性モーメント表現形式。「GD2」は一つ記号であるが、Gは重量、Dは回転直径表している。
GD2=[重量]×[回転直径]2 (kgf・m2)  ?慣性モーメント

凡例同義語は⇒、類似語は→、関連語は?で示す。

慣性モーメント

(GD2 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 20:53 UTC 版)

慣性モーメント(かんせいモーメント、: moment of inertia)あるいは慣性能率(かんせいのうりつ)、イナーシャ I とは、物体の角運動量 L角速度 ω との間の関係を示す量である。


  1. ^ (ゴールドシュタイン 1983, p. 248) 式(5-2)
  2. ^ a b (ゴールドシュタイン 1983, p. 254)
  3. ^ (ゴールドシュタイン 1983, p. 249)
  4. ^ (ランダウ & リフシッツ 1986, p. 124)
  5. ^ (ゴールドシュタイン 1983, p. 255) 式 (5-19)
  6. ^ (ランダウ & リフシッツ 1986, pp. 124–125)
  7. ^ a b (戸田 1982, pp. 167–175)
  8. ^ (ランダウ & リフシッツ 1986, pp. 122–124)
  9. ^ 谷腰欣司 『小型モーターのしくみ』 電波新聞社、2004年、24頁。ISBN 4-88554-775-X 
  10. ^ 堀野正俊 『機械力学入門』 理工学社、1990年、97頁。ISBN 4-8445-2253-1 
  11. ^ 谷腰欣司 『小型モータとその使い方』 日刊工業新聞社、1987年、21頁。ISBN 4-526-02147-4 
  12. ^ 電気学会 電気規格調査会 標準規格 『JEC-2130 同期機』 電気書院、2016年、8頁。 
  13. ^ 日本工業標準調査会 『JIS B 0119 水車及びポンプ水車用語』 日本規格協会、2009年。 
  14. ^ 電気設備学会編 『電気設備用語辞典』 オーム社、2008年。ISBN 978-4-274-20962-8 
  15. ^ モータ技術用語辞典編集委員会編 『モータ技術用語辞典』 日刊工業新聞社、2002年、52頁。ISBN 4-526-05034-2 
  16. ^ 電気用語辞典編集委員会編 『電気用語辞典』 コロナ社、1997年、643頁。ISBN 4-339-00411-1 


「慣性モーメント」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「GD2」の関連用語

GD2のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



GD2のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
三共製作所三共製作所
Copyright(C) 1998-2023, Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの慣性モーメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS