駆引きとは?

かけ‐ひき【駆(け)引き/懸(け)引き】

[名](スル)戦場で、進むことを「かけ」、退くことを「ひき」というところから》

商売交渉会議などで、相手出方状況に応じて自分に有利になるように処置すること。「—がうまい」

戦場で時機見計らって兵を進めたり退(ひ)いたりすること。


かけ‐ひき【駆引・掛引・懸引】

〔名〕

① 馬を操って前進したり後退したりすること。転じて、戦場で機に応じて攻めたり退いたりすること。かけひけ。

太平記14C後)八「久我縄手は路細く深田なれば、馬の懸引(カケヒキ)も自在なるまじ」

読本昔話稲妻表紙(1806)一「進退懸引(カケヒキ)の道、其理を得ざるといふことなし

商売交渉などで、相手出方事情に応じて自分に有利になるように処置すること。臨機応変処置策略

上井覚兼日記天正一四年(1586)七月四日先日両使日州上申候刻、御懸引共被成候」

明暗(1916)〈夏目漱石〉一四七「彼には彼相当の懸引(カケヒキ)があるので」

温度などを調節すること。

米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「屋内園圃は、冷熱乗除(カケヒキ)自在にて」

④ =かけひきかまち掛引框




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「駆引き」の関連用語

駆引きのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



駆引きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS