鎌輪奴とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 鎌輪奴の意味・解説 

かま わ ぬ [3] 【鎌輪奴

〔「構わぬ」にかけたしゃれ〕
元禄年間1688~1704)に流行した衣類模様。「鎌」と「輪」の形と「ぬ」の字とを組み合わせたもので、町奴まちやつこ)などが用いた。のち歌舞伎市川家で用いるようになった

鎌輪ぬ

読み方:かまわぬ
別表記:鎌輪奴

江戸時代にはやった服の柄で、「鎌」の絵、「輪」の絵、「ぬ」の字を並べて「構わぬ」にかけた洒落

鎌輪奴

読み方:カマワヌ(kamawanu)

江戸時代流行した衣類模様





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鎌輪奴」の関連用語

鎌輪奴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鎌輪奴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2018 Weblio RSS