縁のあたりとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > 剣道用語 > 縁のあたりの意味・解説 

縁のあたり(えんのあたり)

相手のた太刀を払っても叩いてもあるいは受けても相手竹刀にあたったら、そらは相手を打つ縁であって、それを合図に必ず打ち込なければならない。そこは逃してはならない勝機であり、それを縁のあたりというのである



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「縁のあたり」の関連用語

縁のあたりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



縁のあたりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2021 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典

©2021 GRAS Group, Inc.RSS