純朴とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 純朴の意味・解説 

じゅん‐ぼく【純朴/×醇朴/×淳朴】

[名・形動かざりけがなく素直なこと。人情厚くて素なこと。また、そのさま。「—な人柄」「地方の—な風習

[派生] じゅんぼく[名]


じゅん‐ぼく【淳朴・純朴・醇朴】

〔名〕 (形動) すなおでかざりけのないこと。いつわりやけがれのないこと。また、そのさま。じゅんばく。

続日本紀神亀元年(724)一一甲子太政官奏言、上古淳朴、冬穴夏巣、後世聖人、代以宮室、亦有京師帝王居」

読本椿説弓張月(1807‐11)残「賤民淳朴(ジュンボク)にして、忠信の志篤しといへども」〔後漢書天文志〕


純朴

読み方:ジュンボク(junboku)

素直でかざりけのないこと




純朴と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「純朴」の関連用語

純朴のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



純朴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS