移行上皮とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 体組織 > 上皮 > 移行上皮の意味・解説 

移行上皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/05 17:08 UTC 版)

移行上皮(いこうじょうひ、英:transitional epithelium)とは表在層、中間層、基底層の3層から構成される偽重層上皮の1種。光学顕微鏡では重層上皮様に観察されるが、全ての細胞は細胞突起を出して基底板に接している。最表層の細胞は被蓋細胞と呼ばれる。腎盤尿管膀胱尿道の上皮であり、器官の拡張および収縮でその形態を著しく変化させる。収縮時の上皮層は厚いが、拡張時はそれぞれの細胞が扁平となり上皮層は薄くなる。移行上皮は尿路系の炎症膀胱炎の際に尿沈渣中に出現することがある。




「移行上皮」の続きの解説一覧



移行上皮と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「移行上皮」の関連用語

移行上皮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



移行上皮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの移行上皮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS