短波長帯とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > 光・電子デバイス用語 > 短波長帯の意味・解説 

短波長帯(Short Wavelength Region)

光ファイバ通信使用する光の波長は約0.8~1.5μmいわゆる近赤外線領域である。そのうち0.8μm付近の光を短波長帯という。光ファイバ通信分野早くから開発され、実用システム実績も最も多い。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「短波長帯」の関連用語

短波長帯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

自然銅

厳島神社潮のかおり

ウインドソック

養老の滝

めじごて

肋硬骨

湧玉池

801号車





短波長帯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
住友電工デバイス・イノベーション株式会社住友電工デバイス・イノベーション株式会社
(C) 2018 Sumitomo Electric Industries, Ltd.

©2018 Weblio RSS