目立とは?

め‐だたし・い【目立】

〔形口〕 [文]めだたし 〔形シク〕 (古くは「めたたし」) 目立って見える。いちじるしい。顕著である。めだたわしい。

発心集(1216頃か)六「其けしきよのつね事にあらず。目たたしきほどに見えければ」

〔名〕


め‐だ・つ【目立】

〔自タ五(四)〕 特に人目につく。きわだって見える。目に立つ

浮世草子懐硯(1687)二「(たるき)をみがき軒をならべ煙寛(ゆたか)なる町づくり目だちけるに」

俳諧三冊子(1702)白双紙懐紙に恋を目立たする事、神代会合より日ぽんはじまるの例也」


め‐たて【目立】

〔名〕 のこぎりの歯や、やすり・ひきうすの目などが減って鈍くなったのを鋭くすること。また、その職人

*それから(1909)〈夏目漱石〉三「近頃イオリンの稽古に行く。帰って来ると、鋸の目立ての様な声を出し御浚ひをする




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「目立」の関連用語

目立のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



目立のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS