無茶振りとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 無茶振りの意味・解説 

無茶振り

読み方:むちゃぶり
別表記:無茶ぶりムチャぶり

他人に唐突に話の収拾をつけさせるため話題を振ること。無ネタ振りをすること。

むちゃぶり

(無茶振り から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/03/13 11:33 UTC 版)

むちゃぶり無茶振り)とは、お笑いで用いられる「フリ」の一つ。一般的なお笑いの形式としては、相手のキャラ(コミュニケーション上の役割)を考慮したうえでそれに沿った「フリ」(笑いにつながるようなきっかけ)を与えることになるが、ここであえてそのキャラ設定を無視した対応困難な「フリ」を与え、相手がそれに動揺して素を露呈してしまっているところを笑いに転化するのがむちゃぶりである[1]


  1. ^ 太田省一「遊びと笑いというコミュニケーション」『コミュニケーションの社会学』 有斐閣、2009年、156-157頁。ISBN 978-4641123922


「むちゃぶり」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無茶振り」の関連用語

無茶振りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



無茶振りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのむちゃぶり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS