漂流街とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 漂流街の意味・解説 

漂流街

原題:
製作国:日本
製作年:2000
配給:東宝
スタッフ
監督:三池崇史 ミイケタカシ
製作:植村伴次郎 ウエムラバンジロウ

後藤亘 ゴトウ

山本洋 ヤマモトヒロシ
製作総指揮:徳間康快 トクマヤスヨシ
プロデューサー:橋口一成 ハシグチ

木村俊樹 キムラトシキ
アソシエイト・プロデューサー:Jay Boccia ジェイ・ボッチア

Gayle Baigelman ゲイル・ベイグルマン
原作:馳星周 ハセセイシュウ
脚色:龍一朗 リュウイチロウ

橋本浩介 ハシモトコウスケ
企画:土川勉 

秋元一 アキモトハジメ

薬師寺衛 ヤクシジ

佐藤勝也 サトウカツヤ
撮影:今泉尚亮 イマイズミナオスケ
音楽:遠藤浩二 エンドウコウジ
歌:Sads サッズ
美術:石毛朗 イシゲアキラ
編集:島村泰司 シマムラ
録音:湯脇房雄 
スチール:石川登栂子 
その他:中村淳 ナカムラジュン

Adam Howe アダム・ホウ

石橋瑞枝 イシバシミズエ

鳴海聡 ナルミサトシ

船橋誠 フナバシマコト

鈴木豊 スズキユタカ

坂美佐子 

小畑正好 オバタマサヨシ

柴崎憲治 シバザキケンジ

松井祐一 マツイユウイチ

Kaz Tanaka カズタナカ

Jay Tsukamoto ジェイ・ツカモト

Reiko Kobayashi レイコ・コバヤシ

Jay Tsukamoto ジェイ・ツカモト
助監督:足立公良 アダチ
照明:白石成一 シライシセイイチ
キャスト(役名
TEAH テア (マーリオ
Michele Li 李嘉欣 ミッシェル・リー (ケイ
吉川晃司 キッカワコウジ (伏見
及川光博 オイカワミツヒロ (コウ
Patricia Manterola パトリシア・マンテローラ (ルシア
奥野敦士 オクノアツシ (カルロス
勝又ラシャ カツマタラシャ (カーラ
野村祐人 ノムラユウジン (山崎
Marcio Rosario マルシオ・ロザリオ (サンチェス
Terence Yin 尹子維 テレンス・イン (リク
柄本明 エモトアキラ (桑田
Sebastian DeVicente セバスチャン・デヴィセント (リカルド
水上竜士 ミズカミリュウシ (井出
大杉漣 オオスギレン (飯田
麿赤兒 マロアカジ (岡島
Ariano アリアノ (レアンドロ
Anatori Krasunobu アナトリ・クラスノブ (ホドロスキー)
田中要次 タナカヨウジ (長谷川
相澤一成 アイザワイッセイ (刑事
森保郁夫 モリヤスイクオ (刑事
仲島武士 ナカジマタケシ (中国人売人
島田亮 シマダリョウ (中国人マフィア
島田潤 シマダジュン (中国人マフィア
石田隆三 イシダリュウゾウ (中国人マフィア
古舘昌彦 フルダチマサヒコ (中国人マフィア
真野さくら マノサクラ (サンチェスの女)
解説
日系ブラジル青年中国人女性逃避行を描いた無国籍アクション監督は「AUDITION」の三池崇史第一大藪春彦賞受賞した馳星周による同名小説を、「DOA DEAD OR ALIVE 犯罪者」の龍一朗と「俺の空 刑事編 闇の制裁」の橋本浩介共同脚色主演は、映画初出演のTEAHと「フラワーズ・オブ・シャンハイ」のミッシェル・リー
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
不法滞在強制送還される中国人の恋人ケイ助け日系ブラジル人マーリオ警察追われるハメになったふたりは、日本脱出決意密航費用を稼ごうと、カルロスリカルドと共にチャイニーズマフィアコウ暴力団岡島組の伏見取引現場襲撃する。ところが、彼らが奪ったのは金ではなくコカインだったのだ。こうして、日本ヤクザにも追われるハメになったマーリオケイは、コカイン現金換え沖縄へと逃れる。ところが、在日外国人にとって天使のような存在である盲目少女カーラ伏見誘拐されたことを知り、マーリオは再び東京へ戻ることに。壮絶闘いの末に伏見を倒し、カーラ救出成功するマーリオ。しかし、彼は再び渡った沖縄嫉妬からカーラ養母に撃たれ命を落としてしまう。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「漂流街」の関連用語

漂流街のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



漂流街のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2018 Weblio RSS