日々移動する腎臓のかたちをした石とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 日々移動する腎臓のかたちをした石の意味・解説 

日々移動する腎臓のかたちをした石

作者村上春樹

収載図書東京奇譚集
出版社新潮社
刊行年月2005.9

収載図書東京奇譚集
出版社新潮社
刊行年月2007.12
シリーズ名新潮文庫


日々移動する腎臓のかたちをした石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/16 02:29 UTC 版)

日々移動する腎臓のかたちをした石』(ひびいどうするじんぞうのかたちをしたいし)は、村上春樹短編小説




  1. ^ 村上春樹 『東京奇譚集』 | 新潮社
  2. ^ FICTION THE KIDNEY-SHAPED STONE THAT MOVES EVERY DAY BY HARUKI MURAKAMI. September 26, 2005The New Yorker
  3. ^ スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』も、父親が若い時分の主人公にある忠告をし、その忠告を主人公は心に留めながら今日まで成長したという内容の書き出しで始まる。村上は『日々移動する腎臓のかたちをした石』を発表した翌年の2006年11月、『グレート・ギャツビー』を翻訳出版した。
  4. ^ a b この設定は、2000年に発表された短編小説「蜂蜜パイ」の設定と非常に似通っている。同短編の主人公の名前も同じく淳平である。
  5. ^ 村上は音楽評論集『意味がなければスイングはない』(文藝春秋、2005年11月)の中で、フランシス・プーランクのある言葉を引用している。「私は詩が含んだ問題点を、音楽のレベルで解消するために、知性という手段に頼ったことはない。(中略) 詩を歌に移し替えることは、愛の行為であって、便宜的な婚姻ではないのだ」とプーランクは言っていたという。


「日々移動する腎臓のかたちをした石」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日々移動する腎臓のかたちをした石」の関連用語

日々移動する腎臓のかたちをした石のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日々移動する腎臓のかたちをした石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日々移動する腎臓のかたちをした石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS