損益分岐点販売数量とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 損益分岐点販売数量の意味・解説 

損益分岐点販売数量

読み方:そんえきぶんきてんはんばいすうりょう

売上高費用等しくなり、利益損益とも0になる販売数量のこと。BEP1つ

損益分岐点販売数量は、以下の数式求めることができる。

損益分岐点売上高固定費÷{1-(1つあたりの変動費÷販売価格)}÷販売価格

例えば、ある商品について、固定費20,000円、変動費1つについて30円で、販売価格100円設定した場合、損益分岐点販売数量は、およそ285個となる。この個数より多く販売すれば利益が生じ、逆に少なけれ損失が生じる。

なお、BEPには、損益分岐点販売数量の他に損益分岐点売上高がある。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「損益分岐点販売数量」の関連用語

損益分岐点販売数量のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



損益分岐点販売数量のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS