打ちっぱなしとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 打ちっぱなしの意味・解説 

打ちっぱなし

読み方:うちっぱなし
別表記:打ち放し打ちっ放し

(1)打った球をそのまま放置すること。ゴルフ練習場バッティングセンターなどの施設を指すことが多い。
(2)コンクリート表面に他の材料による仕上げを施さず、型枠を外した素のコンクリート仕上げとして扱うこと。コンクリート打ったままのむき出しの状態。「打ちっぱなしコンクリート」の略。

打ち放し

(打ちっぱなし から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/11 12:47 UTC 版)

打ち放し(うちはなし、うちっぱなし)




「打ち放し」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「打ちっぱなし」の関連用語

打ちっぱなしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



打ちっぱなしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの打ち放し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS