成人期のADHD自己記入式症状チェックリストとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 成人期のADHD自己記入式症状チェックリストの意味・解説 

成人期のADHD自己記入式症状チェックリスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/18 09:37 UTC 版)

成人期のADHD自己記入式症状チェックリスト(: Adult ADHD Self-Report Scale、略称ASRS)とは、患者が注意欠陥・多動性障害(以下ADHD)の症状を呈しているか確認するために患者に記入してもらうアンケート形式になっている問診票である。この問診票は精神障害の診断と統計マニュアルのDSM-IV-TR (2000年)に定義されているADHDの診断基準に基づいて18項目の質問から構成されており、円滑な診断に役立てられる[1]




「成人期のADHD自己記入式症状チェックリスト」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

成人期のADHD自己記入式症状チェックリストのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



成人期のADHD自己記入式症状チェックリストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの成人期のADHD自己記入式症状チェックリスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS