客分とは?

客分

読み方:きゃくぶん

招かれるなどして外部からやってきて待遇を受けている身。また、そうした間柄の者であるかのように遇される人。客としての身分。何かと尊重される反面よそよそしさが残る扱い、といった意味合いが含まれていることが多い。

きゃく ぶん [0][2] 【客分】

客として待遇すること。また、その待遇を受ける人。


客分

読み方:きゃくぶん

  1. 商店その他の雇人にして窃盗又は横領等の不正行為をなすものをいう。「どろこ」「入込み」「住込み」等と同意

客分

読み方:きゃくぶん

  1. 商店其他ノ雇人ニシテ窃盗又ハ横領不正行為ヲ犯スヲ云フ-〔阪神地方〕。〔第三類 犯罪行為
  2. 商店其他の雇人にて窃盗又は横領等の不正行為をなすものを云ふ。「どろみ、入込み住込み」等と同意

分類 阪神地方


客分

読み方:きゃくぶん

  1. 本類「かんたん」(※「かんたん」)同意。〔第三類 犯罪行為
  2. かんたんし」に同じ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「客分」の関連用語

客分のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



客分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS