埋けるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 埋けるの意味・解説 

い・ける【埋ける】

[動カ下一][文]い・く[カ下二《「生ける」と同語源》

炭火を灰の中にうめる。また、炭火火鉢などの灰の上整えて置く。「火を灰に—・ける」「火鉢に炭を—・ける」

ものを土の中にうめる。また、保存のために野菜などをうめる。「土管を—・ける」「ごぼうを—・ける」


い・ける【生・活・埋】

〔他カ下一〕 [文]い・く 〔他カ下二

① 命を保たせる。生存させる。死なないようにする。

蜻蛉(974頃)上「いでなほここながら死なんと思へど、いくる人ぞいとつらきや」

平家13C前)一一「是を鎌倉の源二位見えなば、人も多く損じ我身も命いけらるまじ」

小学読本(1874)〈榊原那珂稲垣〉四「翌年光仁天皇御即位有り道鏡をば命計をいけて下野国薬師寺造る別当にせられ」

② 死んだもの、死にかけたものの命をとりもどす。よみがえらせる。

古本説話集(1130頃か)五八「『この馬(むま)いけて給はらん』と念じいりたるほどに」

生簀(いけす)などに入れて飼う。

滑稽本八笑人(1820‐49)三「(すずき)を一本さし上ませうとぞんじて、〈略〉生洲(いけす)へ活(イケ)ておきました所が

④ (鑑賞のために形をととのえて)草花木の枝などを花器にさす。

玉塵抄(1563)二二「すみえの画軸に白い椿の花、水仙花と三を花瓶にいけたをかいた」

(5) (埋) (火鉢などで、火を保ったり、熱気を防いだりするために)火を灰の中に埋める。

日葡辞書(1603‐04)「ヒヲ iquru(イクル)」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)三「中にちょんぼりと火のいけてある形が」

(6) (埋) (保存のために)野菜などを土に埋める。(悪くならないように処置して)しまい蓄える。

日葡辞書(1603‐04)「クリ ミカン ナドヲ iquru(イクル)〈訳〉オレンジその他の果実を、長持ちするよう地面の下に保存する」

*土(1910)〈長塚節〉二「大根干したり土へ活(イ)けたりして闇いから闇いまで働いた」

(7) (埋) 物の全部、または一部地面に入れこむ。

和英語林集成初版)(1867)「ゴミヲ ツチニ ikeru(イケル)」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「埋ける」の関連用語

埋けるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



埋けるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS