反ダンピング税とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 税関関係用語 > 反ダンピング税の意味・解説 

不当廉売関税(反ダンピング税)

不当廉売ダンピング)された輸入貨物に対し、同種の貨物生産する国内産業保護するために課する割増関税のこと。

※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「反ダンピング税」の関連用語

反ダンピング税のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



反ダンピング税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

©2019 Weblio RSS